01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

メイクアップシール~185系200番台踊り子色~発売情報! 

 
本日の富塚通信は、メイクアップシール新製品「185系200番台
踊り子色 7両セット」の発売情報をお届けします!

2018-02-24-01.jpg

特急「踊り子」は特急「あまぎ」と急行「伊豆」を統合し、1981年10月に
185系を充当する形で運転を開始。

定期列車としては東京駅~伊豆急下田駅間に3往復運転されていますが、
上野東京ラインの開業に伴い、2015年3月からは常磐線経由で、当店
所在地でもある我孫子駅発着の臨時列車としても運行中。

そうした縁もあって、実は「踊り子」シリーズの列車は、当店へのシール化の
ご要望がとても多い製品でもあります。

2018-02-24-02.jpg

今回シール化を行ったのは、KATOの「品番:10-1442」
「185系200番 台踊り子色 7両セット」

185系は国鉄で最後に製造した優等列車用の車両ですが、運行区間の関係か、
はたまた利用者のニーズの兼ね合いなのか特急形車両でありながら、
通勤や通学の輸送にも対応させるという珍しい発想で製造された車両です。

模型のプロトタイプは、大宮総合車両センター所属のOM04編成でリバイバル
ストライプ塗装のボディ。また、外装のリニューアルと合わせ、内装の方も
アコモ改良を施された185系「踊り子」をシール化しました。


◎クハ185・モハ184・モハ185◎

「踊り子」7両編成中、サロ185を除いて普通車は基本的に
共通の室内の装いとなっています。

2018-02-24-03.jpg
クハ185

2018-02-24-04.jpg
モハ184

2018-02-24-05.jpg
モハ185

2018-02-24-06.jpg
モハ185(モーター車)

当然、模型の形状的にシールのサイズや枚数に違いはありますが、
モーター車を除いてシールの貼り付け作業に大きな差はありません。

2018-02-24-07.jpg2018-02-24-08.jpg

2018-02-24-09.jpg2018-02-24-10.jpg

柄地のグリーンを基調とした座席モケットに合わせるように
車内のデッキ仕切り壁面もグリーン色のものが採用されており、
とにかく落ち着いた雰囲気の室内となっています。

また、客室側のデッキ仕切り壁面のドアも単純な長方形ではなく、
取手部分の形状に特徴が見受けられます。


◎サロ185◎

2018-02-24-11.jpg
サロ185

本編成唯一のグリーン車サロ185。座席はバケット仕様になっており、
モケットはグレーがかったブルーを基調にしたパターン柄です。
床は全面に絨毯が敷き詰められ、客室デッキ仕切り壁面は木目調仕様、
特急列車のラグジュアリー感が演出されています。

2018-02-24-12.jpg2018-02-24-13.jpg

2018-02-24-14.jpg2018-02-24-15.jpg

座席には座席を区切るセンターアームがなく、背面の収納はバンド式の
マガジンポケットとなっています。また、跳ね上げ式のフットレストは
座席ではなく、床絨毯と同じ柄になっている点にこだわりが感じられます。

尚、客室入口の自動ドアはドア前の床マットが開閉センサーとなって
いるのですが、座席のデザインはもちろん、こうした箇所も的確に
シール化を行ってあります。

2018-02-24-16.jpg2018-02-24-17.jpg
左:モハ 右:サロ

185系は特急形でありながら通勤通学用途にも使用できるという事で、
車体の乗降口ドアは通勤用途を意識した結果、広めのドアとなっています。

また、車両製造時はブラインドを採用していたものの、アコモデーションに
よって通常の窓用カーテンが取り付けられました。しかし、従来のブラインドは
撤去されなかった為に、ブラインドとカーテンが併用可能というなんとも不思議な
車両となっています。

もちろんメイクアップシールでは、通常のカーテンとブラインドシールの両方が
付属しています。ブラインドとカーテン両方を使う事で「踊り子」特有のアクセントに
なるのではないでしょうか。


そんな185系ですが、車体の老朽化から近いうちに、全車置き換えが行われるのでは
ないかと一部報道がなされています。
特急形でありながら通勤通学用途にも対応させるという国鉄最後の優等列車185系。
アコモ改良が施され高級感溢れる仕様となった車内内装をメイクアップシールで、
是非お楽しみ下さい。

2018-02-24-18.jpg

メイクアップシール
「185系200番台 踊り子色 7両セット」¥3,200(税別)
本日より発売開始!


~文豪が愛した我孫子~

今回シール化した「踊り子」ですが、列車名の由来はもちろん川端康成氏の
小説「伊豆の踊子」です。それだけ伊豆といえば踊り子がセットになって
認知されているということなのでしょう。
もしかしたら「踊り子」に乗車しながら、「伊豆の踊子」を読んだ事がある
という方も多いのではないでしょうか。

調べてみると、神話などを除いた文学や物語由来の列車名称は「踊り子」の
他には、浦島太郎由来の「指宿のたまて箱」しかないようです。

ちなみに、ブログの冒頭にて当店所在地でもある我孫子にも「踊り子」号が
臨時列車として直通運転が行われている事はご紹介しましたが、実は我孫子は
文豪志賀直哉が一時住んでおり、氏の代表作「暗夜行路」を執筆した
「志賀直哉邸跡」等も保存されています。

志賀直哉といえば「暗夜行路」よりも「網走まで」の方が鉄道と関係が深い
作品かと思いますが、列車で旅行に出かける際は、鉄道と関連のある文豪の
小説を手に出かけてみるというのも一興かもしれません。

これからは段々と暖かくなってきます。もし、当店へお越しの際は、
文豪が愛した我孫子の街も一緒に散策されてみてはいかがでしょうか。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 185系踊り子色

Posted on 2018/02/24 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール新製品~185系踊り子色~製作情報 

 
本日の富塚通信は、次回発売予定のメイクアップシール
新製品の製作情報をお届けします。

次期発売予定のメイクアップシールはこちら。

2018-02-15-01.jpg

「185系200番台 踊り子色7両セット」

通勤通学輸送もこなせる特急形車両として製造された185系。
1999年アコモ改造により3色カラーのブロックパターンの外観と
なりましたが、2011年から登場時のグリーンストライプ塗装に
改められています。
今回の模型も初期のグリーンストライプの外観になっています。

2018-02-15-02.jpg
クハ185

現行車両の外観は登場時に戻ったとはいえ、車内内装の方は
しっかりアコモ改造後の室内を再現。

2018-02-15-03.jpg

写真はクハ185ですが座席はR55型シート。柄があしらわれた
グリーンのモケットは落ち着いた印象を与えます。

2018-02-15-04.jpg

リニューアル化を機に座席を含め、壁面など特急型に相応しい
車内へとグレードアップされた185系。
座席のモケットだけではなく、壁面や床にも細かな柄地仕様と
なっていますが、そうした点もリアルにシール化しました。

尚、今回の185系はこれまでシール化して車両とは異なり、
床下ユニットの座席部分と車両の床下機器部分が一体化
されていません。

2枚目の写真では、シール化した座席部分を台車及び床下
ユニットに乗せてあるだけの状態となっています。
始め車両を分解した時には少しばかり驚きましたが、
現在、モハ185、そしてサロ185も鋭意シール化作業中です。

メイクアップシール「185系200番台~踊り子色~」
ぜひご期待ください。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 185系踊り子色

Posted on 2018/02/24 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

お客様からの情報 竹内様~北斗星・通路ドア&DCC加工~ 

 
本日の富塚通信は、川崎市にお住いの竹内様よりお送り頂きました
Nゲージ「北斗星」の通路ドア加工情報をお届けします。

この加工は以前にも16番「北斗星」にて、同様の作業にチャレンジ
されています。また、最後には追加で頂戴しました「EF510」DCC
加工の写真も登場。

それでは「北斗星」の通路ドア加工をどうぞ、お楽しみ下さい!

────────────────────────────────

先日購入しましたKATOのNゲージ「24系寝台特急北斗星デラックス
編成」の加工情報です。

以前投稿した16番の北斗星(客車)のように、今回も2階に上がる
ドア部分をくり抜き、階段に敷いたジュータンが見えるようにします。

2018-01-29-10.jpg
ドア成形のある元々の模型

2018-01-29-02.jpg
ドア部分をくり抜いた状態

シールを貼る前の途中の写真です。
このあと、上手くいくかどうか?
2018-01-29-03.jpg
階段部分にシールを貼った状態

この加工は2号車のシールを見たときに、階段部分の表現シールが
あるのに気が付き、16番の北斗星の階段部分の加工を思い出しました。

これもボディーの階段部分と、シールのドア部分が合うのか?
確認したところピタリ会うので、繰り抜きをする事に決めました。
加工方法は、16番と同じ手順でした。

2018-01-29-04.jpg

2018-01-29-05.jpg

写真は分かり易いように、大きくトリミングしました。
HOと違い、「言われないと分からない」自己満足の世界です。

もう一つこんな加工もあります。

2018-01-29-06.jpg

カシオペアの展望車に付属のブラインド部分を流用して折り曲げ、
カーテンに仕立てました。


~EF510のDCC加工~

2018-01-29-07.jpg

上記の写真は3両ともEF510で、 一番上が加工していない車両、
下2両が北斗星とカシオペアです。
2両に音が出る(DCCサウンド)ように加工したものです。

実は私、DCCの普及を目指して「エルムDCC交流会」に参加しています。
昨年の8月には、KATO本社で公開運転会も実施しました。

2018-01-29-12.jpg

活動の一環として行っているDCC運転会の様子などもブログで
ご案内していますので、宜しかったらご覧ください。

>>エルムDCC交流会<<

竹内(川崎市)

────────────────────────────────

竹内様、北斗星デラックスの通路ドアくり抜き加工、
そしてEF510DCC加工の情報、ありがとうございました。

ドアをくり抜いて、奥の階段を見えるようにする事でNゲージ
模型の表情もより豊かになったように感じます。

さて、本文記事にも出てきます「16番の北斗星」ドアのくり抜き加工。
冒頭でもご紹介しております通りこちらの情報は、2015年の10月に
同じく竹内様からの情報として、「HOゲージ北斗星・通路ドア加工」の
タイトルにて掲載させて頂いたものです。

加工方法は基本的に同じですが、こちらの加工記事はHOゲージ
ということで、加工途中の写真も豊富に掲載させて頂きました。

未読のお客様は是非、下記タイトルをクリックして16番「北斗星」の
加工も合わせてご覧ください。

>>~HOゲージ北斗星 通路ドア加工~<<


また、竹内様はDCC加工を行ったカシオペアの走行サウンド動画を
youtubeの方へアップされています。

合わせてC62重連の走行サウンド用ムービーも公開中。
今回youtube動画の方へもリンクを貼らせて頂きましたので、
ぜひパソコンのサウンドをONにして、EF510カシオペアと
C62重連のDCC音をお楽しみください!

2018-01-29-08.jpg

>>カシオペアDCC<<


2018-01-29-09.jpg

>>C62重連DCC<<

※画像はキャプチャーです。画像下の各タイトルをクリックして
youtubeサイトの方で動画をご視聴ください。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: お客様より

Posted on 2018/02/01 Thu.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール~189系グレードアップあさま~発売開始  

 
先日、富塚通信にて詳報をお届けしましたメイクアップシール新製品
「189系グレードアップあさま」と、碓氷峠にて「189系あさま」牽引で活躍した
「EF62」「EF63」用グレードアップパーツセットですが、本日より店頭発売を
開始させて頂きます。

2018-01-23-02.jpg

2018-01-23-03.jpg2018-01-23-04.jpg
室内灯を点灯したモハ188 右:座席だけでなく壁面も見えます

メイクアップシール「189系グレードアップあさま」は基本・増結それぞれ
KATOの以下の模型応車となります。
「品番:10-1434「189系〈グレードアップあさま〉 5両基本セット」及び
「品番:10-1434「サロ189〈グレードアップあさま〉 増結車(特別企画品)」
「品番:10-1435「189系〈グレードアップあさま〉 6両増結セット」

もともとは民営化後のJRで、サービス向上を図り、高速バスに対抗する為の
一環としてグレードアップ化が施された「189系グレードアップあさま」

2018-01-20-23.jpg

「189系 グレードアップあさま 基本6両セット」3,200円(税別)
「189系 グレードアップあさま 増結6両セット」3,000円(税別)
※販売価格はすべて2018年1月時点のものです

国鉄がJRとなってまだ間もない時期であった事もあり、現在からみれば
まだまだ国鉄時代の雰囲気を色濃く残した車内改造でした。

そうした過渡期に登場した「189系グレードアップあさま」対応のメイク
アップシールでぜひ、室内内装の再現をお楽しみ下さい!


そして、「189系あさま」といえば碓氷峠での「EF63」の協調運転は
もはや語り草。今回はメイクアップシール「189系グレードアップあさま」に
合わせたパーツ内容にて当店オリジナル製品グレードアップパーツセット
「EF62」「EF63」もリニューアルパッケージとして販売開始!

「EF63」

2018-01-23-05.jpg

2018-01-23-06.jpg2018-01-23-07.jpg

協調運転用に追加されたC'無線アンテナを採用。
エアーホースや密着自連用エアーホースも従来通り
パッケージされています。

2018-01-23-08.jpg2018-01-23-09.jpg
左:パンタグラフ 右:高圧引き込み回路

2018-01-23-10.jpg2018-01-23-11.jpg
空転検知ケーブル

C'無線アンテナと合わせ、今回のリニューアルパッケージでは
碓氷峠用に空転検知ケーブル6本をご用意しました。

空転検知ケーブルは黒色塗装となっています。日本最難関の
急勾配を力強く牽引するEF63を再現することが出来ます。

「EF62」

2018-01-23-12.jpg

2018-01-23-13.jpg2018-01-23-14.jpg

EF62ではC'無線アンテナ、エアーホース、エアコックに
ジャンパホースが付属されており、第1エンドと第2エンド側で
若干異なった構成を正確に再現可能となっています。

2018-01-23-15.jpg2018-01-23-16.jpg
左:パンタグラフ 右:高圧引き込み回路

2018-01-23-17.jpg2018-01-23-18.jpg
左:空転検知ケーブル 右:速度検出装置

空転検知ケーブルはEF63と同様のタイプとなっていますが、
本数がEF63とは違い4本構成となります。
右の写真は速度検出。写真での紹介は有りませんがEF63にも
速度検出は付属しています。


「189系あさま」牽引に最適な「EF63」「EF62」を再現頂くための
グレードアップパーツセット

2018-01-23-19.jpg

グレードアップパーツセット「EF63」5,200円(税別)
※販売価格はすべて2018年1月時点のものです


2018-01-23-20.jpg

グレードアップパーツセット「EF62」5,000円(税別)
※販売価格はすべて2018年1月時点のものです

新商品メイクアップシール「189系グレードアップあさま」と一緒に
どうぞお求めください。

尚、グレードアップパーツセットは少数ロットでの販売となっていますので、
在庫切れの場合は何卒ご容赦ください。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: グレードアップパーツ

Posted on 2018/01/29 Mon.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール~189系グレードアップあさま~発売情報  


本日の富塚通信は新製品メイクアップシール「189系グレードアップあさま」の
各車両詳報及び発売情報をお届けします。

2018-01-20-01EF63W.jpg
峠のシェルパことEF63は碓氷峠区間にて189系あさまの重連牽引にて活躍

今回シール化を行った「189系グレードアップあさま」は、高速バスとの競争のため
サービス改善を目的として、1990年から指定席のグレードアップを図った「グレード
アップあさま」12両フル編成に対応したパッケージとなっています。

尚、12両編成の内、9・10号車モハと11号車のクハは、グレードアップ改造を
施されて通常仕様のままの車両となっています。

模型成型でもその点を踏まえてしっかりと作り分けされていますので、
今回のブログでは、いつものように各車両ごとに紹介するのではなく、
グレードアップ車両と未加工の通常車両とに分けてシールの紹介を
したいと思います。先ずは、グレードアップ車両です。

◎クハ・モハ188・189 グレードアップ車(指定席)◎

2018-01-20-02.jpg
基本 1号車クハ189 

2018-01-20-03.jpg
基本 4号車モハ188/増結2・3・7・8号車モハ188/189

2018-01-20-04.jpg2018-01-20-05.jpg

運転席側デッキは車内放送用の通信機や各種操作盤などをデザイン。
また、模型もグレードアップされた実車にあわせてセミハイデッキ構造が
再現されていますので、シールの方でも通路や通路床側面、座席間、
そしてデッキの柄まで実車ベースでシールデザインを行いました。

2018-01-20-06.jpg2018-01-20-07.jpg

座席は背面テーブルがついているR55系列のフリーストップ
リクライニングシート。モケットの色は左がグレー、右がワイン色で
統一されています。

2018-01-20-08.jpg
基本 5号車モハ189 モーター車

2018-01-20-09.jpg2018-01-20-10.jpg

モーター車はその構造上、他の車両の様には車内再現する事が
出来ませんが、「189系あさま」では、かなり細かい部分まで成形が
なされており、メイクアップシールではその成形を活かして、他の
グレードアップ車両との違和感が生じないように、シールの再現を
統一しています。

さて、ここからは自由席に割り当てられたグレードアップ化が
行われなかった車両の紹介となります。

◎9・10・11号車 通常車(自由席)◎

2018-01-20-11.jpg
増結 9・10号車モハ188/189

2018-01-20-12.jpg
基本 11号車クハ189

2018-01-20-13.jpg2018-01-20-14.jpg

床は通路床面だけ指定席と同じ模様が入れられており、
座席シートは簡易リクライニングシートR51系列のシートが
据え置きで使用されています。
但し、モケットに関しては張替えが行われ、指定席とは違って
モケットの色は外側がワイン色、内側がグレーとなっています。

次の写真はグレードアップ車両と自由席用の通常車両の比較画像です。

2018-01-20-15.jpg
グレードアップ車と通常車比較:手前がグレードアップ車両、奥が通常仕様のモハ

2018-01-20-16.jpg

画像では一見して分かり難いのですが、手前のモハは高床化されて
います。また実車に合わせて通路床や座席間の床のデザインも
それぞれ作り分けを行っています。

2018-01-20-17.jpg
※シールデータの画像

上の画像は座席シールのデータ画像です。背面のテーブルや
肘置きなどグレードアップ車と通常仕様の車両では細部に至るまで
しっかりと再現を行ってあります。

ちなみに座席データ下の緑と赤の丸は、座席モケットのカラー配置を
現したものです。実は実車の189系において自由席はモケットの色が
外側が赤系、内側がグレー系になっており、指定席では左側がグレー系、
右側が赤系で座席が統一されています。
そうした実車の違いも忠実にシールのモケットデザインに反映させて
あります。


最後はグリーン車サロ189です。

◎サロ189 グリーン車◎

2018-01-20-18.jpg

2018-01-20-19.jpg2018-01-20-20.jpg

乗務員室や業務用室、デッキなどもしっかり再現しています。

2018-01-20-21.jpg2018-01-20-22.jpg

サロは2+1シートの大型ハイバックシートを採用したデラックス座席で、
モケットのカラーリングはブラウン一色で統一されています。

もちろん座席だけではなく、既にご紹介したモハ同様、高床化された
通路床なども実車のサロベースのデザインにてシール化しました。

また、新規にデザインされた189系用の窓ガラスカーテンシールも
全車両分が付属します。


さて、今回のメイクアップシールパッケージですが、基本セットがKATOの
「品番:10-1434「189系〈グレードアップあさま〉 5両基本セット」及び
「品番:10-1434「サロ189〈グレードアップあさま〉 増結車(特別企画品)」に
対応した6両セットパッケージ。
増結セットは「品番:10-1435「189系〈グレードアップあさま〉 6両増結セット」
対応の6両構成となります。

2018-01-20-23.jpg

「189系 グレードアップあさま 基本6両セット」3,200円(税別)
「189系 グレードアップあさま 増結6両セット」3,000円(税別)
※販売価格はすべて2018年1月時点のものです

メイクアップシール「189系 グレードアップあさま」の店頭販売は、
近日発売予定。どうぞ、ご期待ください。


~グレードアップパーツ「EF62」「EF63」情報~

昨年、メイクアップシール「14系急行能登」発売時の富塚通信でも
ご案内しましたグレードアップパーツセット「EF62」「EF63」

両機は「能登」だけではなく、碓氷峠でも「189系あさま」の粘着運転で
大活躍しました。寧ろEF63に至っては碓氷峠での重連運転の方が
有名なのではないでしょうか。

2018-01-21-24.jpg

先のブログでは協調運転用のC'無線アンテナの追加をお伝え
しましたが、他にも難所を登る牽引機に必要な足回りの装備に
対しても空転検知パーツを追加してあります。

グレードアップパーツ「EF62」「EF63」は、メイクアップシール
「189系グレードアップあさま」との同時発売を予定しています。
詳細につきましては、また富塚通信にてお知らせしますので、
どうぞお楽しみに。
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 189系グレードアップあさま

Posted on 2018/01/21 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0