01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

メイクアップシール~24系寝台特急ゆうづる~発売開始 



本日の富塚通信は、メイクアップ新商品の詳報&発売情報をお届けします。
今回発売する新製品はNゲージKATO対応「24系 寝台特急 ゆうづる」です。

2017-02-21-01.jpg
EF80牽引の24系ゆうづる

対応模型はKATOの下記2製品となります。
品番:10-811「24系 寝台特急「ゆうづる」 6両基本セット
品番:10-812「24系 寝台特急「ゆうづる」 6両増結セット


これらの模型はメーカーより何年も前に発売された模型です。
基本的にメイクアップシールの新製品はメーカーから新規、
もしくは再生産された模型に合わせる形で行っています。

しかし、今回シール化を行った「ゆうづる」は、前々からブルトレ
ファンのお客様より「どうして24系のゆうづるだけシール化され
ていないのか」というご質問を度々頂いておりましたので、
そうした熱いご要望にお応えする為、この度のシール化となりました。

ちなみにこれで、KATOの20系及び24系ブルトレは旧製品の
「20系あさかぜ」「24系北斗星」を除き、メイクアップシールにて
全て網羅されます。
是非、お好みのブルートレインのメイクアップをお楽しみ下さい。

尚、今回の「ゆうづる」シール化は、先述の通りお客様のご要望と
ブルトレ対応シールのラインナップ網羅とは別に、「ゆうづる」が
当店の所在地、我孫子を通る常磐線経由だった事も、実は製品化の
理由の1つだったりもします。


余談ながらシール詳報の前に1点ほど。今回のメイクアップシールは、
模型の構成に合わせて基本6両と増結6両の2パッケージ構成となります。

その内、基本セットにも増結セットにもオハネフ24が含まれていますが、
基本セットのオハネフ24は「交換可能な付属ジャンパ栓パーツ」が別
成形されています。

2017-02-21-02.jpg
オハネフ24 付属ジャンパ栓パーツ取り付け

この付属ジャンパ栓パーツ、取り付けてみるとかなり実車のオハネフ24に
近づきます。欲を言えばホース部分も青色ではなく黒やグレーであれば
尚良かったのですが、ここはメイクアップシールを貼付後にぜひ塗装加工を
施したいと思います。


さて、シールの詳報前に模型の話をご紹介させて頂きましたが、
今回「ゆうづる」編成にてシール化を行った車両は次の4タイプです。

・オハネフ24・オハネ24・オロネ24・カヤ24

それでは先ずはB寝台「付属ジャンパ栓パーツ」も魅力的な
オハネフ24とオハネ24です。

2017-2-21-03.jpg
オハネフ24

2017-2-21-04.jpg
オハネ24

2017-2-21-05.jpg2017-2-21-06.jpg
オハネフ24 乗務員室部分

2017-2-21-07.jpg2017-2-21-08.jpg
オハネ24 乗降口側デッキ部分

2017-2-21-09.jpg2017-2-21-10.jpg
寝台ベッド


◎オロネ24◎

「ゆうづる」編成の中で唯一のA寝台客車。模型的にも
特徴的なプルマン式(2段)がよく再現されています。

2017-2-21-11.jpg
オロネ24

2017-2-21-12.jpg2017-2-21-13.jpg

2017-2-21-14.jpg2017-2-21-15.jpg

グリーンの寝台ベッドに車端部には喫煙室、更衣室も
設けられていました。


◎カヤ24◎

ブルトレ編成の電源車はカニが多いような気がしますが、
「ゆうづる」編成はカヤ24です。

本車両、登場時は職用車マヤ24として九州ブルトレにて
運用されていました。後に新聞輸送の為に改造を行い形式が
カヤ24となりました。

昨今は新聞の発行部数の減少が話題となっていますが、
新聞輸送に対応する為に車両の大改造を行った当時とは
隔世の感を覚えます。

2017-2-21-16.jpg
カヤ24

模型のカヤ24ですが発電機部分が細かに再現されています。

2017-2-21-17.jpg

こうした複雑な箇所はシールを貼る事が困難なため、
プラバン加工にて発電機を再現しています。

2017-2-21-18.jpg
発電機部分の再現

模型の発電機部分にプラバンで作成した発電機を被せるだけ。
今回のカヤ24は前位側の発電機設置部分に段差がありましたが、
そうした部分も計算の上、シール設計を行ってあります。

2017-2-21-19.jpg2017-2-21-20.jpg
左:業務用室 右:後位側発電機と荷物室

改造を行ったとは言え、やはりカニに比べると荷物室が狭く(厳密
には短く?)なっており、車両的にも車長が短い電源車です。


─トピックス─────────────────────────
模型には「ゆうづる」と「日本海」のトレインマーク変換装置が
取り付けられていますが、電源車カヤ24を組み入れた編成としては
「はくつる」「あけぼの」
そして列車としては2008年まで運行していた「銀河」編成などでも
使用されていましたので、「ゆうづる」だけではなく、そうした
列車の再現もお楽しみ頂けるパッケージと言えるかもしれません。
───────────────────────────────


さて、本日発売「24系 寝台特急 ゆうづる」では、各車両室内
シールの他に、寝台ベッド用の仕切りカーテンやブラインドシールが
付属。また、行先表示シールとして先のトピックスでご紹介した
「ゆうづる」「日本海」「あけぼの」「銀河」、その他にも「出羽」
「つるぎ」「鳥海」をご用意。
24系寝台を用いた幅広いブルートレインを再現頂けます。

2017-2-21-21.jpg

当店所在地、我孫子も通過する常磐線経由で活躍した「ゆうづる」
「24系 寝台特急 ゆうづる 基本6両セット」¥3,600(税別)
「24系 寝台特急 ゆうづる 増結6両セット」¥3,600(税別)
(※販売価格は、2017年2月時点のものです)

KATOのプロトタイプは1980年頃ですが、「ゆうづる」の歴史をみていくと
この時期が「ゆうづる」運行上の1つのピークだったように思われます。

80年代以降は北海道への移動に航空機を利用する人が増え、それに
対抗する為に、国鉄でも寝台列車ではなく新幹線を中心とした輸送
戦略へと主力列車をシフトチェンジしてゆく事となります。

その結果、1980年を皮切りに「ゆうづる」も一部定期列車からの季節
列車への格下げが行われ、定期列車にも2段B寝台24系25形が
連結される事となりました。

元々は、「はくつる」を補完する形で設定された「ゆうづる」ですが、
「ゆうづる」という語感にはどこかしら寂しげな雰囲気があります。
しかし24系「ゆうづる」としては、航空輸送や新幹線が本格的に台頭し
始めた頃、寝台列車としての存在感を十分に示せたのではないでしょうか。

そんな時代背景を噛み締めながら、「ゆうづる」をメイクアップ頂ければ
と思います。メイクアップシール「24系 寝台特急 ゆうづる」、本日より
店頭発売開始です。



 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 24系寝台特急ゆうづる

Posted on 2017/02/25 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール~TOMIX JR14系 北陸~発売開始 


本日の富塚通信は、前回詳報をお届けしましたTOMIX対応メイクアップ
シール「JR 14系 特急寝台客車 北陸」発売のご案内です。

2017-02-12-01.jpg


今回シール化を行ったのは、14系「北陸」の下記車両です。
2017-02-12-02.jpg
B寝台スハネフ14・オハネ14、B個室寝台スハネ14-700と750
そしてA個室寝台オロネ14-700


各車両の詳報は既に前回の富塚通信にてご紹介していますので、
今回は室内灯を入れ、ボディを被せた「北陸」の写真を中心に
ブログをお届けしたいと思います。

また、後半ではカーテン・ブラインドを使用した画像もご紹介します。


◎スハネフ14◎

2017-02-12-03.jpg2017-02-12-04.jpg

先頭の乗務員部分と寝台ベッド側の窓から。
茶モケットの寝台ベッドと梯子段がB寝台スハネフ14の
存在感を際立たせます。

2017-02-12-05.jpg2017-02-12-06.jpg

夜行走行シーンをイメージして。
上左写真は乗務員室と反対側のデッキ通路、上右写真は
寝台ベッドと梯子段を角度を変えて撮ったものです。

こうしてみるとブルトレ編成には、やはりB寝台客車が必要だと
感じるのは筆者だけではないはず!


◎オロネ14◎

2017-02-12-07.jpg2017-02-12-08.jpg
オロネ14個室側

オロネは個室、通路側ともにホワイト調の印象が強いデザインと
なっています。個室は次にご紹介するスハネ14とは違い窓が
大きいので室内の調度品もよく分かります。

また、窓際に設置されているテーブルもボディを被せてみると
思いの外存在感があります。

2017-02-12-09.jpg2017-02-12-10.jpg
オロネ14通路側

通路側は個室入口のドアの茶色とホワイト調の壁面の対比が
良く見て取れます。特にドアノブ等の細かなデザイン再現も
車内再現に華を添えます。


◎スハネ14◎

2017-02-12-11.jpg2017-02-12-12.jpg
スハネ14個室側

スハネ個室は窓が小さいので、オロネ14のように室内を一望する
ことは出来ませんが、しっかりと各部屋の室内が再現されている
事がお分かり頂けると思います。

2017-02-12-13.jpg2017-02-12-14.jpg
スハネ14通路側

個室とは反対に(?)、非常に再現性に見栄えが良いのがスハネ14の
通路です。特に室内灯を入れた階段部分の再現はまさに必見です。

2017-02-12-15.jpg2017-02-12-16.jpg
夜行シーン:通路とデッキ

列車の走行音だけが聞こえる静かな夜のワンシーン。シャワー室へ
向かう人形を配置しても良さそうな通路です。

ちなみに右上の写真は妻面から見たデッキ壁面です。もちろん模型
走行中はこのような形で車内を見ることは出来ませんが、シールの
貼り付け後、室内灯を入れて完成車両をあらゆる角度からじっくり
ご覧頂けるのも、メイクアップの1つの楽しみ方です。



◎カーテン・ブラインド◎

最後にカーテン・ブラインドを使用した際の写真を少しご紹介
させて頂きます。

2017-02-12-17.jpg2017-02-12-18.jpg
スハネフ14 仕切りカーテン・ブラインド使用

上左写真はB寝台ベッド用の仕切りカーテンを再現したものです。
仕切りカーテンはベッドの端に縛った状態から、就寝時のベッド
全面を覆った状態まで再現可能です。

また、上右写真は仕切りカーテンと窓用ブラインド両方を
使用した室内再現です。

2017-02-12-19.jpg2017-02-12-20.jpg
左:スハネフ14 右:スハネ14

夜行シーンでは、仕切りカーテンやブラインドの重要度が飛躍的に
高まります。

2017-02-12-21.jpg2017-02-12-22.jpg
左:スハネ14個室 右:行先表示「金沢」を使用

もちろんB寝台以外の個室寝台スハネ14やオロネ14にもカーテン・
ブラインドが付属しています。スハネフ14やオロネ14は窓も
大きいのでブラインド作業が容易ですが、窓の小さいスハネ14の
個室側は少し作業が難しくなっています。

上右写真は付属の行先表示シールを貼ったボディです。模型窓枠の
黒色ゴムを活かしつつ行先表示を再現する事が出来ます。
行先は「東京」「金沢」2タイプを収録。是非、ご利用ください。


さて、前回と今回の2回に分けてご紹介してきました
TOMIX「JR  14系 特急寝台客車 北陸」メイクアップシール

2017-02-07-35.jpg

「JR 14系 特急寝台客車 北陸 基本6両セット」¥4,200(税別)
「JR 14系 特急寝台客車 北陸 増結6両セット」¥4,200(税別)
(※販売価格は、2017年2月時点のものです)

いよいよ本日から店頭発売開始です。
どうぞ、90年代のリアルな「北陸」の室内再現をメイクアップ
シールでお楽しみ下さい。

尚、メールにて先行予約のご注文を頂いたお客様へは
順次商品をお送りさせて頂いております。発送後は
メールにてご連絡致しておりますが、商品の出荷、到着まで
今しばらくお待ちくださいますようお願い致します。


最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: TOMIX(N)14系北陸

Posted on 2017/02/12 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール新製品情報~TOMIX JR14系 北陸~ 


お待たせ致しました!本日の富塚通信は、TOMIX対応メイク
アップシール新製品「JR14系 特急寝台客車 北陸」のご紹介です。

2017-02-07-01.jpg
JR 14系 北陸

今回の「14系北陸」は、先日の「リゾートしらかみ」(青池編成)に
続き、本年度第2弾のメイクアップシールとなりますが、TOMIX対応の
メイクアップシールとしてはかなり久しぶりの製品化となります。

確認しましたところ、前回のTOMIX対応製品は昨年の3月に
「(N)カシオペア」の再リリースを行いましたので、凡そ1年ぶりの
商品化となります。

さて、そんなTOMIX対応「JR14系 特急寝台客車 北陸」
今回シール化を行ったのTOMIXの下記模型です。

・品番:98613「JR 14系特急寝台客車(北陸)基本セット」
・品番:98614「JR 14系特急寝台客車(北陸)増結セット」


メイクアップシールも模型セットに対応した基本・増結
2パッケージ構成となります。

本日の富塚通信では、先行予約販売に合わせて、今回シール化を
行った全車両の詳報を一挙お届けします。

少し長い記事になりますが、どうぞお付き合いください。
先ずは、B寝台「スハネフ14」からのご紹介です。


◎スハネフ14◎

2017-02-07-02.jpg
スハネフ14

北陸B寝台は、スハネフ14、オハネ14共に茶モケットの寝台
ベッドとなります。

2017-02-07-03.jpg2017-02-07-04.jpg
乗務員室部分

2017-02-07-05.jpg2017-02-07-06.jpg
左:通路側寝台 右:窓際寝台

上段ベッド部分は、ベッドの模型成型に合わせ切り抜きが可能です。

更に今回の「北陸」は、窓際の階段が別パーツで成形されていますが、
上記階段パーツの取り付け位置も正確に示してありますので、干渉の
心配は一切ありません。

下段寝台はベッド部分と床の一体式となっています。TOMIXのB寝台は
少し複雑な成形となっていますが、無理なく自然な再現をお楽しみ
頂ける設計となっています。

2017-02-07-07.jpg2017-02-07-08.jpg
洗面デッキ部分

洗面トイレの入り口壁面シールは、旧式タイプとアコモ後の新タイプ
両方の内装デザインを再現。再現したい列車のシールをお好みで選択
頂けます。

尚、選択したシールによって付属のプラバン加工による洗面台も
製作頂くタイプが異なります。

2017-02-07-09.jpg
スハネフ14洗面台比較 手前:新タイプ洗面台 奥:旧タイプ洗面台

左の画像は新仕様の洗面台。右画像の洗面台は、初期の旧仕様の洗面台
になります。どちらの洗面台も、付属のプラバン加工で製作する事が
可能です。

◎オハネ14◎

2017-02-07-10.jpg
オハネ14

2017-02-07-11.jpg2017-02-07-12.jpg
乗降口側デッキ

オハネ14は、先にご紹介しましたスハネフ14と基本的に同じ
デザインのシール構成となっています。


さて、B寝台の次は個室寝台の登場です。

◎スハネ14-750◎

スハネ14-750は「北陸」編成用に誕生した車両です。750番台は1人用個室
20室を備えたB個室寝台。トータル9両が製造されました。

2017-02-07-13.jpg
スハネ14-750 通路側


2017-02-07-14.jpg
スハネ14-750 個室側

2017-02-07-15.jpg2017-02-07-16.jpg
左:乗降口側デッキ 右:個室通路側と階段

4ヶ所ある階段部分は全て模型にピッタリとフィットした再現が可能です。
また、通路壁面のドアと個室側のドアの位置もしっかりと計算して
デザインしてあります。

2017-02-07-17.jpg2017-02-07-18.jpg
1人用個室

個室寝台のベッドは模型の成形を活かして、寝台ベッド仕様を
シールで再現しています。
また、個室内は入口ドアや設備、壁編のハンガーや鏡、更には
窓際に設えられたテーブルまで的確にシール化。

2017-02-07-19.jpg2017-02-07-20.jpg
左:洗面デッキ側通路 右:洗面台

スハネフ14でもご紹介しました洗面台、スハネ用です。
製作方法はスハネフ14と同様ですがデザインやサイズに
違いがあります。


◎スハネ14-700◎

基本セットに1両のみセットされた車両。実車においても製造されたのは
実に3両のみで、1人用個室が14室、車端にシャワー室を備えた特徴的な
寝台車です。

2017-02-07-21.jpg
スハネ14-700 通路側

2017-02-07-22.jpg
スハネ14-700 個室側

スハネ14-700の寝台部分の通路に個室、また洗面側デッキの部分は、
プラバン加工による洗面台再現も含めて750番と共通のシールデザインと
なっていますが、700番台の魅力は何といってもそのシャワー室部分の
再現にあります。

2017-02-07-23.jpg2017-02-07-24.jpg
シャワー室部分 左:通路側 右:シャワー室

2017-02-07-25.jpg2017-02-07-26.jpg

模型をお持ちの方はご存知かもしれませんが、このシャワー室部分は
模型成型による仕切りが一切ない空間となっています。

メイクアップシールでは、両面にシールを貼ったプラバン4枚で
シャワー室部分をリアルに再現頂けます。

本模型は1990年から1999年の「北陸」編成をプロトタイプに製作
されています。スハネ14-700のシャワー室車両を始め、次にご紹介する
オロネ14を合わせ、この時期の「北陸」編成が1番豪華な列車編成
だったのではないでしょうか。

余談ながら、実車のシャワー室部分の車体側面には、Oのスペルを
水滴で表現した「SHOWER」のロゴが描かれていました。勿論TOMIXの
模型にも同ロゴはしっかりと再現されているのですが、素朴な疑問として
そこまでしてシャワー室をアピールする必要があったのでしょうか?

確かに「北陸」にはシャワー室があるのだという事の宣伝にはなるかも
しれませんが…いや、もしかしたらちょっとした遊び心だったのかもしれない、
いやいやもっと重要な意味合いが…等々思いを巡らせながらシャワー室の
製作加工を楽しんでもらえればと思います。

いよいよ、「北陸」最後の車両紹介です。

◎オロネ14-700◎

オロネ14-700は1人用個室A寝台「シングルデラックス」
スハネ14-700同様こちらも3両が製造されました。

2017-02-07-27.jpg
オロネ14-700 通路側

2017-02-07-28.jpg
オロネ14-700 個室側

オロネ14は唯一のA寝台という事もあり、床の色や個室ドアも茶系統の
色に統一されています。

2017-02-07-29.jpg2017-02-07-30.jpg
出入台側 通路、乗務員室

2017-02-07-31.jpg2017-02-07-32.jpg
個室

実車のオロネ14は1人用個室が11室あり、それぞれに
収納式洗面台やAV装置が備えられていました。

2017-02-07-33.jpg2017-02-07-34.jpg
物置、W.C.側デッキ

洗面は各個室にあるので、オロネは自動販売機や物置としてスペースを
活用。もちろん自動販売機はシールにてデザイン再現してあります。

尚、今回の「北陸」編成車両の中でオロネ14以外の車両は、洗面台・
シャワー室と必ずオプションのプラバン加工パーツがありましたが、
このオロネ14のみプラバン加工を伴う作業は一切ありません。

また、スハネ14-700と同じく、基本・増結12両の編成中、基本セットに
1両のみ設定された車両となっています。


最後にメイクアップシールパッケージとして、今回の「北陸」にも
もちろんカーテン・ブラインド及び行先表示シールが付属しています。

2017-02-07-36.jpg

行先表示はヘッドマークと側面行先表示「上野」「金沢」の2タイプを
ご用意しました。特に「北陸」の模型には行先表示関係のシール等が
含まれていませんので、北陸のリアルな再現にきっと役立ちます!


さて、ここまでメイクアップシール「JR 14系特急寝台客車 北陸」
全車両の詳報を一挙にお届けさせて頂きました。

2017-02-07-35.jpg

「JR 14系 特急寝台客車 北陸 基本6両セット」¥4,200(税別)
「JR 14系 特急寝台客車 北陸 増結6両セット」¥4,200(税別)
(※販売価格は、2017年2月時点のものです)

現在、メイクアップシール「北陸」は発売へ向け最後の準備中です。
店頭での通常発売に関しましては、次回の富塚通信にてご案内させて
頂きますが、本日より先行予約販売をメールにて承ります。

ご予約頂いたお客様へは店頭販売に合わせ、優先的にシールを
発送させて頂きます。ご注文方法等につきましては、当店公式
サイトをご確認ください。

90年代、高い個室化率を誇った14系「北陸」、その黄金時代とも言う
べき車内内装を、是非メイクアップシールでどうぞ!


 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: TOMIX(N)14系北陸

Posted on 2017/02/07 Tue.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール詳報2~リゾートしらかみ(青池編成)~   


本日の富塚通信は、前回に引き続きメイクアップシール
HB-E300系「リゾートしらかみ」(青池編成)の詳報第2弾。
3号車と4号車の詳報をお届けします!


◎3号車 HB-E300-1◎
2016-2-2-01.jpg

2016-2-2-02.jpg2016-2-2-03.jpg

イベントスペースの座席はもちろん、壁備え付けの飲み物置きや
テーブルもデザイン。また、前々回にブログをアップした後、
これはどうもリアルな立体感が少々劣るのではというスタッフの
意見に基づき、もう一度座席に関してのみデザインを見直しました。
その結果、本採用した座席のデザインは以前アップした座席シールよりも
デザインがより細かくリアルになりました。


2016-2-2-04.jpg2016-2-2-05.jpg

荷物置きや通路ドア、トイレやゴミ入れなどもデザイン。


2016-2-2-06.jpg2016-2-2-07.jpg

プラバン加工でトイレや棚を再現することで、
乗車口窓からも壁のデザインが見えます。



◎4号車 HB-E302-1◎
2016-2-2-08.jpg

2016-2-2-09.jpg2016-2-2-10.jpg

展望ラウンジは各座席もそれぞれ再現してあります。
後方の荷物棚なども、各車両の特徴に合わせて作り分けています。

実は3号車と4号車、見た目にはほとんどわかりませんが、
微妙に座席の高さが違っています。異なっていることが計測の際に判明。
その差異もきっちり作り分け、合うようにそれぞれデザインが起こしてあります。


2016-2-2-12.jpg2016-2-2-11.jpg
左:メイクアップ済み車両 右:室内灯を入れボディをかぶせた状態



さて、前回と今回に渡りご紹介してきました「リゾートしらかみ」(青池編成)
いよいよ本日より店頭発売開始します!

2016-2-2-14.jpg
「HB-E300系 リゾートしらかみ (青池編成) 4両セット」 ¥3,400(税別)
(※販売価格は、2017年2月時点のものです)

2016-2-2-13.jpg
構成車両は前回と今回紹介した4両です。

観光用列車として広々とした空間レイアウトで日本海の広大な景色を
楽しめる「リゾートしらかみ」(青池編成)。
くつろぎの時間を楽しめるゆったりとした内装をぜひメイクアップシールで再現をお楽しみください。


さて、次回のメイクアップシールはTOMIX「14系「北陸」 品番:98613・品番:98614」
の登場です!現在鋭意マニュアルを製作中。どうぞご期待ください。


   
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: HB-E300系リゾートしらかみ

Posted on 2017/02/03 Fri.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール詳報1~リゾートしらかみ(青池編成)~  



本日の富塚通信はメイクアップシール、HB-E300系「リゾートしらかみ」
(青池編成)の詳報第1弾と、先行予約販売のご案内です。

メイクアップシール本年度発売第一弾となる「リゾートしらかみ」青池編成。
今回は1号車と2号車の詳報をお届けします。


◎1号車 HB-E301-1◎
2016-01-28-01.jpg

先頭車の1号車はモーター車。床が高くなっている分模型の成型が
異なっていますが、実車の雰囲気に違和感を覚えないように
シールをデザインしています。

2016-01-28-02.jpg2016-01-28-03.jpg

先頭車の運転台は、各々の計器やモニターなどもデザイン。
座席などもモーター車の為形状が小さくなっていますが、それぞれに
しっかりフィットする形でシール化しています。


2016-01-28-04.jpg2016-01-28-05.jpg

また、この1号車は室内灯設置が特別な形となっておりますので、
シール化する際もそれを阻まないようにシールを設計し、
付属のプラバンで再現できる荷物置き棚やトイレ、洗面台なども
サイズなどを調節してあります。


2016-01-28-06.jpg2016-01-28-07.jpg

ボディをはめて外からみても、運転台の計器や壁面のデザインがくっきり見えます。



◎2号車 HB-E300-101◎
2016-01-28-08.jpg
2016-01-28-09.jpg

青池編成でももっとも特徴的な2号車は、4人がけのボックス席。
これまで多くのメイクアップシールを作ってきましたが、この
「HB-E300-101」の車内成形は初めてのシール化となります。
シール製作を行い、非常にゆったりとした空間レイアウトで
あると感じられました。
シールでは壁面、座席デザインから、テーブルに至るまで
完全シール化を行いました。

2016-01-28-10.jpg2016-01-28-11.jpg

入ってすぐの壁面にデザインされた「RESORT HYBRID TRAIN」も
しっかり再現。また、デッキ部分のパンフレットやゴミ箱なども
リアルにデザインしてあります。


さて、本ボックス座席は初のシール化ということで、計測を合わせ
何度もデザインの試作を行いました。
その結果一応の完成を見たのが前回の速報ブログで
ご紹介したこちらの画像。
2016-01-28-12.jpg
※拡大画像

しかし、これでは壁面と背ずりモケットの厚さが
全く表現されていないとスタッフ会議にて
駄目出しの嵐。あえなく没となりました。


そこで背ずり上部に陰影を足して、座席立体感を強調し
壁面との差別化を測り、完成したのがこちら↓
2016-01-28-13.jpg
陰影部分も単なる黒い影ではなく、モケットと同じ色の薄い
グラデーションを使用することで、より自然な再現手法を行っています。


2016-01-28-14.jpg2016-01-28-15.jpg

この車両の大きな特徴でもある眺望性が高い大きな窓というのは、
逆に外からもよく見えるということで、室内もはっきりと見ることができます。


次回は、店頭発売に合わせ3号車と4号車の詳報をお届けする予定です。

メイクアップシール「HB-E300系 リゾートしらかみ (青池編成)」¥3,400(税別)
(※販売価格は、2017年1月時点のものです)


尚、今回1号車と2号車のご紹介をしましたメイクアップシール「リゾートしらかみ」
(青池編成)は、本日よりメールでの先行予約販売を承ります。
詳しいご注文方法等に関しましては、当店ホームページをご覧ください。


   
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: メイクアップシール

Posted on 2017/01/29 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0