11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

メイクアップシール~233系2000番台 2次車 新快速~発売開始 


いよいよ本日より、メイクアップシール新製品
「223系2000番台 2次車 新快速」発売開始です。

前回の富塚通信で、シール化車両クハ(クモハ)223・モハ(サハ)223
・モハ223(モーター車)、各車両の詳報をお届けしましたが、
今回はシール発売のご案内と合わせ前回ご紹介出来なかった「223系
2000番台」の更なる魅力についてご紹介します。

2016-12-10-01.jpg
223系2000番台 シール化車両
茶モケットの他にも新デザインのモケットもパッケージしています


さて、前回の富塚通信にて、「試作中座席の製作過程」の画像を
掲載したのですが、その1番右側の座席のヘッドカバー部分、覚えて
いらっしゃいますでしょうか。
そうです。緑色の優先席を示すヘッドカバーデザインとなっていました。

2016-12-10-02.jpg2016-12-10-03.jpg
優先座席 メイクアップシールのグリーンヘッドカバーと模型に
付属の優先座席表示シールを併用すればより実車に近い車内再現が!


今回の「223系2000番台」メイクアップシールでは、別製作された
優先座席を示すグリーンヘッドカバーのシールが、パッケージに
同封されています。

実はKATOの模型の方では、車両の窓ガラスに貼る「優先座席表示
シール」が付属しています。

上記写真の優先座席ヘッドカバーを貼った車両は中間車モハ223です。
本車両は実際には車両の車端、上右画像の赤矢印で指し示した位置が
本来の優先座席のある位置となります。
しかし、何とも残念なことに該当箇所にはそもそも座席が成型されて
いません。そこで成形的に最も最後尾にある座席に優先席カバーを
暫定的に見本として貼ってあります。

写真の模型では、KATOの「優先座席表示シール」を使用していませんが、
窓ガラスに貼る優先座席表示シールとメイクアップシール付属の優先
座席用ヘッドカバーシールを併用頂ければ、よりリアルな223系車両の
再現度をお楽しみ頂けること請け合いです。

尚、優先座席用ヘッドカバーシールは、かなり小さいシールとなって
います。ピンセットとデザインナイフを併用しつつ作業を行って下さい。


また、室内再現では優先座席とは別に、車両妻構壁面シールが
全車に付属します。

2016-12-10-04.jpg2016-12-10-05.jpg
妻構壁面シール

壁面シールはボディの窓ガラスを取り外し、妻構壁面に直接
貼り付けます。223系の車端窓は妻構に近い位置にあるので
ボディを嵌めても良く視認する事が出来ます。
尚、壁面はシンプルなデザイン構造ながらクハ、モハ、サハと
全て異なるポスターデザインを採用してあります。


そして、ボディを嵌めて実車の臨場感に大きな影響を与える
ブラインド再現!

2016-12-10-06.jpg

元々、223系2000番台にはグリーンガラスを採用した事もあって、車両の
コスト削減のため、日除けブラインドの採用は見送られました。しかし、
いざ運用を開始してみると乗客から多くの苦情が寄せられ、後にロール
カーテン式のブラインドが復活したという経緯があります。

2016-12-10-07.jpg2016-12-10-08.jpg

223系は明らかに窓ガラスも大きいので、実際に乗車するとなれば
ブラインドは必須のような気もしますが、昨今の新型車両ではグリーン
ガラスを採用した電車でブラインド自体が無い列車も増えてきています。

然るにJR西日本の肩を持つわけではありませんが、当時の車両設計の
担当社員の方は、グリーンガラスを採用すればブラインドは無くとも
問題無し。しかもコスト削減も図れて一挙両得!と新技術に対して進取の
気性を発揮したのかも知れません。

只、誤算だったのは車両製造当時のグリーンガラスは、メーカーが
言うよりも性能が十分では無かった事で、結局ブラインドを後から導入
しなければならなくなってしまったのではないでしょうか。
などと想像をたくましくして書いてみましたが事の真相や如何に!?

さて、話を戻しましてメイクアップシールでは、各車両の窓ガラスの
横幅に合わせた3タイプのブラインドをシール化しました。

尚、ブラインドを貼る窓ガラスの形状が寝台車などと比較すると少し
特徴的で接着面がかなり限られていますので、その点は多少加工に
テクニックが必要になるかもしれません。
但し、作業を行ったスタッフの話ではそれほど接着は難しくなかった
との事でしたので、是非ブラインドを活用していただければと思います。


最後に付属の行先表示シールについてご紹介します。

普通から快速、運用は北陸本線敦賀、赤穂線播州赤穂、JR東海の大垣と
幅広い運行が魅力の223系。

2016-12-10-09.jpg
列車種別・行先表示拡大画像データ

付属の行先表示シールでは、列車種別表示が「新快速」
「大和路快速」「快速」「普通」の4タイプ。
行先表示が「網干」「播州赤穂」「大阪」「京都」「野洲」「米原」
「長浜」「敦賀」「近江塩津」「天王寺」「賀茂」「五条」「奈良」の
13タイプと223系の幅広い運用に対応した行先表示の
バリエーションをご用意しました。

これらの表示シールは前面用と側面用をもちろん作り分けて
シール化してありますので、お好みの路線を行く223系が
再現頂けます。

2016-12-10-10.jpg

「223系2000番台 2次車 新快速 4両セット」¥3,000(税別)
「223系2000番台 2次車 新快速 8両セット」¥3,600(税別)
(※販売価格は、2016年12月時点のものです)

JR西日本が誇る在来線の顔「223系」
模型編成に合わせ多様なバリエーションの運用がお楽しみ頂けます。
ぜひ、大きな窓の223系2000番台の室内内装を茶モケット、
または新デザインのモケットでお楽しみ下さい。


※223系2000番台 (1次車) について※
KATOより「223系2000番台 2次車」と同じラインナップで販売
されている「223系2000番台 (1次車)」ですが、今回発売の
メイクアップシールはあくまで「2次車」の対応となっています。

当方製作室では「223系2000番台 (1次車) 」の模型を使用しての
シール対応の確認は行っておりません。その為、1次車について
使用可能かどうかの明確なご返答は致しかねますので、予め
ご了承ください。


  
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 223系2000番台

Posted on 2016/12/10 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール発売情報~233系2000番台 2次車 新快速~ 


本日の富塚通信は、新製品メイクアップシールのご紹介です。
今回シール化したのは、メイクアップシールでも既に製品化済みの
「221系」電車に続く、JR西日本の近郊型電車223系です。

2016-12-05-01.jpg
223系2000番台 2次車 新快速

アーバンネットワークの中でも一大勢力を築いた223系電車。
特にその中でもご要望の多かった2000番台をフューチャーして
シール化を行いました。

この2000番台は平成11年に1000番台の後継車として誕生しましたが、
その主な目的は、主に113系の置き換えと1000番台の問題点の改善、
そしてコスト削減の為に導入された車両です。

KATOからは、223系2000番台4両セットと8両セットがそれぞれリリース
されていますが、メイクアップシールでも4両セットと8両セットの
2パッケージを発売いたします。


今回の223系2000番台は車内において統一感の取れた座席と
床が再現のポイントとなっています。

下の画像は223系の座席の製作過程を簡易的に示したものです。
左からラインによる座席パーツ等の位置確認用デザイン、色味と
座席パーツの表現確認。そして最後が陰影やバランスを調整した
作り込みを行ったほぼ完成状態の座席シールです。

2016-12-05-03.jpg2016-12-05-04.jpg
左:試作中座席の製作過程 右:クハ223車両中央部分

上記の画像では分かりやすく各段階をご紹介する為に、各工程での
ほぼ仕上りデータを採用しています。今回の座席では、座席の
背ずりと座面部分に共通の繋がったデザインが施されているので、
実際にシールを貼った際に、背ずりと座面のデザインにズレが
生じないよう位置を合わせる事には取り分け腐心しました。

特に模型の成形が実車の223系とは異なり、座席の肘かけ部分が
背ずり部分とくっついて作られていたので、背ずりと座面の
デザインが一致して見えるよう、視覚的に不自然にならない様に
デザインの位置や大きさを微妙に調整しています。

また、床面は中心部分の通路とそれ以外の濃い目のブラウンとの
ツートーンカラー。更に車両のドアがある部分には一段と濃い
茶色再現を採用しています。

シールの構成もより一体感を演出するために、以下に紹介します
クハ223ではなんと10枚の床シールで再現。一体感と共に作業性も
向上しています。



さて、それでは早速223系2000番台の構成車両をご紹介していきます。

◎クハ223・クモハ223◎

2016-12-05-05.jpg
クハ223

2016-12-05-06.jpg2016-12-05-07.jpg

今回の223系の数少ない壁面シールである乗務員室仕切り壁面。
左下画像はそんな仕切り壁面の画像データの拡大画像です。
シール上は3枚の窓ガラスもデザイン表現を行っています。

2016-12-05-08.jpg2016-12-05-09.jpg
左:乗務員室仕切り壁面画像データ 右:窓ガラス部分はカット 

但し、フィルムシールという製品の特性上、模型に貼って頂く場合は、
上右画像の様に窓ガラス部分を切り抜いてご使用頂かないと、
クハ223を車両正面から見た場合、窓ガラス部分に真っ白なシールの
糊面が丸見えとなってしまいます。

そこで上記の乗務員室仕切り壁面には、窓ガラス部分を切り抜く
必要のない透明タイプのフィルムシールも付属していますので、
お好みでご使用頂く事が出来ます。

余談ながら運転手後ろの窓ガラスには、関西方面ではお馴染みだという
乗務員ネームプレートがあります。もちろんメイクアップシールでも再現
してありますが、関東圏では見慣れない事もあり新鮮に感じました
(但し、先述の通り窓ガラス部分をカット頂くと、必然的に折角のネーム
プレートもカットされてしまうのは残念です)。



2016-12-06-03.jpg2016-12-05-11.jpg
クハ223のトイレスペース

クハ223には大型の車椅子対応のトイレスペースがあります。
付属オプションのプラバン加工で再現する事が可能です。

尚、実車のトイレは車椅子がトイレ内で方向転換できるように
純粋な四角形ではなく、入り口側の壁面が斜めに広がって設置
されています。
この点に関しては、本加工がプラバンである事、また模型の
成形的にトイレを斜めに設置することが難しい為、実車の
トイレとは多少形状の違う再現となっています。

只、ボディを嵌めて頂けばトイレ正面の窓からは、室内灯を
使用するとトイレが見え難くなるものの、乗降ドアの窓からは
リアルな室内再現をお楽しみ頂けます。


◎モハ223・サハ223◎

2016-12-05-12.jpg
モハ223

モハ223とサハ223の車内は共通です。

2016-12-05-13.jpg2016-12-06-01.jpg

先のクハ223はもちろん補助座席シートも再現しています。
補助座席には利用時の注意が書かれたプレートもデザイン
してあります。


◎モハ223(モーター車)◎

2016-12-05-15.jpg
モハ223(モーター車)

2016-12-05-16.jpg2016-12-06-02.jpg

モーター車は通常のモハ223と成形が異なりますが、他の
モハ223と同様の雰囲気を壊さないようにシール化を行い
ました。


さて、今回の223系2000番台では初期型の茶色をベースとした
座席モケットでシール化を行いましたが、昨今の223系では
225系にて採用された新デザインのモケット座席に置き換えられた
車両がその数を増やしています。
実際、初期型の茶モケット車両と新モケット車両が1編成の中で
混成されていることも珍しことではないようです。

そこで今回発売しますメイクアップシール「223系」では、
初期仕様の茶モケット座席シールと合わせて、新仕様モケットの
座席シールもご用意しました。

2016-12-05-18.jpg
新仕様モケットのモハ223

新仕様モケットの座席を使用すると、茶モケットとは打って
変わって明るいトーンの車内になります。

2016-12-05-19.jpg2016-12-05-20.jpg
左:新仕様座席モケット 右:茶モケットとの比較

尚、新仕様の座席モケットシールは、パッケージ内の全車両分の
枚数は付属していません。

付属枚数はそれぞれ下記の通りです。

「223系2000番台 2次車 新快速 4両セット」
・クハ223/クモハ223×1両
・モハ223/サハ223×1両

「223系2000番台 2次車 新快速 4両セット」
・クハ223/クモハ223×1両
・モハ223(モーター車含まず)/サハ223×3両

新モケット座席は各パッケージ半分の車両に対応する形と
なっています。
現行運用の茶モケット座席との混成編成を是非お楽しみください。


本日ご紹介してきました新製品メイクアップシール
「223系2000番台 2次車 新快速」パッケージ

2016-12-10-10.jpg

「223系2000番台 2次車 新快速 4両セット」¥3,000(税別)
「223系2000番台 2次車 新快速 8両セット」¥3,600(税別)
(※販売価格は、2016年12月時点のものです)

4両セット・8両セット各パッケージの店頭での通常発売は、
近日発売開始を予定しています。

発売に合わせ今回のブログではご紹介できなかった、ブラインドや
ボディ用壁面シール等の詳報もお届けしたいと思います。
「223系2000番台」メイクアップシール発売開始まで、今しばらく
お待ちください。




 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 223系2000番台

Posted on 2016/12/05 Mon.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

お客様からの情報 ECO-POWER様~寝台特急 日本海1号 函館行~ 


本日の富塚通信は、「ECO-POWER」様からお送り頂きました
「寝台特急 日本海1号 函館行」の加工情報をお届けします。

前回、ECO-POWER様からは「ED79」のグレードアップ情報を
頂戴しましたが、今回はED79と合わせてブルトレ寝台も登場!

室内のカーテン・ブラインド再現はもちろん、車体に施された
リアルなウェザリングも見所です!
それでは早速ご覧ください。

───────────────────────────────────

いつも大変お世話になっております。
先日購入させていただいたメイクアップシールを用いた模型が
完成しましたのでご報告させていただきます。
塗らずに貼るだけで仕上げられるメイクアップパーツは机を
汚すこともなく、もはや工作に欠かせなくなってきています。

2016-11-26-01.jpg
ED79-4+ED79-57

「寝台特急 日本海1号 函館行」

TOMIXのさよなら銀河セットを入手しましたが、
そのまま組むだけでは面白くないので。。。

・セットの客車が宮原総合運転所(大ミハ)所属
・編成内に個室寝台車がある
・ED79が牽引
・地元大阪発の寝台特急

上記ポイントにより日本海1号の函館行き編成に小改造しました。


【至 函館】 ※1999年ごろ

牽引機 ED79 57
2016-11-26-02.jpg
ED79-57 SIDE

電源車 カニ24-104
2016-11-26-03.jpg
カニ24-104 SIDE

1号車 オロネ14-303(シングルDX)
2016-11-26-04.jpg
オロネ14-303 SIDE

2号車 オハネ25-207(開放B寝台)
2016-11-26-05.jpg
オハネ25-207 SIDE

3号車 オハネ25-161(開放B寝台)
2016-11-26-06.jpg
オハネ25-161 SIDE

4号車 オハネフ25-150(開放B寝台)
2016-11-26-07.jpg
オハネフ25-150 SIDE


主な工作点

1. ED79 50番台は前回の0番台で用いたグレードアップパーツを一部流用
 
2016-11-26-08.jpg
ED79-57 FRONT

函館側2E側はKATOナックルカプラーを用いて0番台との重連も可能

2016-11-26-09.jpg
ED79-4+ED79-57 ZOOM

2. カニ24 100番台の手摺をKATOのASSYパーツで再現

2016-11-26-10.jpg
カニ24-104 FRONT

3. 想定区間が終着間際のため、カーテンは閉めた状態のものを
短く切り出して、タッセルが解かれた状態を再現

4. メイクアップシール添付の銀色のシールの余白で折戸の押し板再現

2016-11-26-11.jpg
DISPLAY&DOOR

5. オロネ14-303(シングルDX)  ※「さよなら なは・あかつきセット」より転用
普段は「あかつき」に連結される同車を、オロネ25-300番台の代打として投入。

2016-11-26-12.jpg
オロネ14-303 ROOM

残念ながらオロネ25-300含めて富塚商会様にラインナップがないとのことで、
内装は他社製品ですが、個室、通路のカーテン開閉を再現しました。
それにしても南は長崎、北は函館まで走った希有な車歴ですね。

2016-11-26-13.jpg
オハネフ25-150 REAR

ブルトレの華である長編成とは打って変わって、電機も小さく編成も
短いですが、そのコンパクトさゆえ比較的小さなレイアウトでも
リアルに楽しめるよう仕上げられたと思います。

ECO-POWER

───────────────────────────────────

「ECO-POWER」様、「寝台特急 日本海1号 函館行」の加工情報を
ありがとうございました。

「さよなら銀河セット」がまさかの「日本海1号 函館行」への大変身!
これは驚きです。特に列車の史実を考慮した上での車両構成など、
なかなかメーカーのラインナップでは実現が難しい列車編成が再現
されているのを拝見すると、それだけで感嘆してしまいます。

また、牽引機を含めてもとてもコンパクトな編成ですので、走行派
ユーザーにとっては重宝する編成だと思います。

「あかつき」のオロネ14が代打出場なのはご愛敬。
完成度も列車の史実考証もバッチリな「日本海1号 函館行」
是非ともレイアウトで走行させてみたい列車です。

今回は対応のメイクアップシールがございませんでしたので、
カーテンやブラインド等一部のご使用との事でしたが、今後とも
富塚オリジナルコレクションのご活用、どうぞ宜しくお願い致します。



最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: お客様より

Posted on 2016/11/26 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

お客様からの情報 ねこどん様~(HO)カシオペア後編~ 


本日は前回の富塚通信、「ねこどん」様の(HO)「カシオペア」
製作記の後編となります。

前編をご覧になられる場合は、こちらをクリックして下さい。

──────────────────────────────────

今回は、「活きた鉄道車両の演出」の一環としてシールを
貼り付けたばかりの車両に車体各所の墨入れと機関車も含め、
乗務員や乗客の人形を適宜配置してみました。
これらは、手元にあったKATO製とプライザー製のものを組み
あわせて使用しています。

また、追加加工として、カハフの展望室に鎮座するあの目障りな
室内灯固定のための柱を撤去のうえ、編成両端にくるスロネフと
カハフのブレーキ管を真鍮製に、カプラーをケーディーカプラーの
43番にそれぞれ交換しています。

2016-10-13-12.jpg
家族旅行の微笑ましい親子

2016-10-13-13.jpg
ミニロビーでおしゃべりする仲良し姉弟

イメージ的には上野を発車して2時間くらい経過した車内が和やかに
なる頃を設定カハフやマシの賑わいを表現するべく、それぞれの
人形のストーリー性を重視、個々の人形に役割を持たせることで、
北の大地へ向かうワクワク感と楽しそうな会話がいまにも聞こえて
くるようなシチュエーションとなるように工夫して配置してあります。

2016-10-13-14.jpg
カシオペアスイートにて(初老の夫婦)

これとこれは夫婦で旅行、これとこれは家族連れ、これとこれは
新婚のカップルなどと思い巡らせながら、それぞれの人形に応じた
ストーリーを考えてゆきます。
人形を配置するにあたり、この作業に一番気を使いました。

2016-10-13-15.jpg
マシE26概観

2016-10-13-16.jpg
食堂車で談笑するカップル

なぜなら、ここでただ漫然と配置してしまうと単なる置物と化して
しまい、活きた表情が伝わってこないのです!
仮置きをしてみて眺めては修正の繰り返し・・・気に入らず最初から
やり直したことも多々ありました・・・
その甲斐もあって、メイクアップシールの質感と相乗効果により、
乗客たちの楽しそうな活き活きとした表情を演出できたともに、寝台
特急の持つ独特の雰囲気もうまく再現できたと思います。

2年近い歳月を経て遂に完成したカシオペア号。これほどまでに
リアルに仕上がるとは思ってもみませんでした。
これも貴店のメイクアップシールのおかげであると感謝しています。

2016-10-13-17.jpg
車内放送をする車掌

実車の世界では、定期列車としては既に引退してしまったカシオペア号。
模型の世界では、いつまでも現役です。
部屋の照明を落として、室内灯をともした走り去る列車を眺めていると
実車のデビュー間もない15年前に「カシオペアに乗りたい!」の一心で
やっとの思いで押さえた寝台券を手に、結婚1周年のメモリアルとして
北の大地への憧れを胸に抱き、妻とともに上野から乗車した当時の
車中での楽しい思い出が鮮明によみがえってきます。

2016-10-13-18.jpg
到着時刻を確認する車掌

皆さんも是非、お持ちの車両をメイクアップシールでグレードアップ
することで、寝台特急の往時の勇姿を永久保存されてみては如何
でしょうか?
とはいえ、高価な商品ですので、それなりの投資は必要となりますが
対費用効果を考えても導入するその価値は十分にあると私は思います。
今回は、その絶大な効果がより顕著となって現れたカハフ、スロネフ、
マシの3形式を中心に紹介させて頂きましたが、スロネにおいても、
メイクアップシールの効果は絶大であるということ付け加えておきます。

2016-10-13-19.jpg
上野発車!カハフ+EF510

最後までご覧頂きましてありがとうございました。
貴店の益々の発展を祈念するとともに、今後の新製品の展開に
期待しております。
末筆ながら、取り急ぎ、トミックス(HO)「カシオペア」
完成のお知らせまで。


「ねこどん」

──────────────────────────────────

「ねこどん」様、(HO)「カシオペア」製作情報をお送り頂き、
誠にありがとうございました。

当店でもこれまで、(HO)「カシオペア」メイクアップシールを
お買い求めいただき、半年~1年程かけて完成しましたという
お客様からのお声を頂戴した事は何度もございますが、
約2年という歳月をかけての完成というケースは初めてです。

今回はメイクアップシールの作業以外にも、模型への墨入れやカハフ
室内の修正作業、そしてこだわり抜いた人形の配置といったトータル
的な加工も行われており、まさに「活きた鉄道車両の演出」という
目標通りの「カシオペア」に仕上がったものと思われます。

特に後編でご紹介させて頂きました人形配置による演出は、人形達に
それぞれの物語が想起され、「カシオペア」車内で繰り広げられている
人間ドラマが、まるで映画のシーンのように映し出されているかの
ような印象さえ受けました。また、この事が鉄道模型に実車さながらの
温かみを添えることに奏功しているのではないでしょうか。

作業に当たっては、「ねこどん」様も必ず完成させるのだという
目標を掲げられ、その上で「丁寧な作業」と「作業時間は1日2時間
まで」と、人間の集中力の限界を意識して加工に当たられたという
お話はとても示唆に富んでいます。


尚、本レポートをお送り頂いてから数日後に、「ねこどん」様より
メールを頂戴したのですが、次にその一部を引用させて頂きます。

「シールを貼り、人形を配置したところでまるで実車のよう変貌を
遂げたカシオペア号。私の大のお気に入りとなりました。
現在は、KATOの北斗星増結4形式のシール貼り付け作業を開始した
ところです。こちらの方も、同様の加工を行ってみたいと考えて
おりますので完成までまだまだ、先が長いです。
貴店のメイクアップシールは、あれこれと創造しながら価格以上に
長く楽しめるところがいいですね。」

特に最後の2行。先にご紹介させて頂きました作業時における
注意点と合わせて、是非ともメイクアップシールの宣伝に採用させて
頂きたいコメントです。

「カシオペア」に続き、「北斗星」もご満足いただければ幸いに
存じます。今後とも富塚商会をご愛顧賜りますよう、どうぞ宜しく
お願い申し上げます。


 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: お客様より

Posted on 2016/11/13 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

お客様からの情報 ねこどん様~(HO)カシオペア前編~ 


本日の富塚通信は、千葉県にお住いの「ねこどん」様より
お送り頂きました(HO)「カシオペア」製作情報をご紹介します。

当店のメイクアップシール(HO)「カシオペア」をご使用いただき、
ついに完成された豪華寝台特急「カシオペア」
本文でも述べられていますが、製作期間は実に2年もの歳月を
掛けられたという渾身の作品となっています!

「ねこどん」様からは、約20枚のお写真と合わせ、製作に至った
経緯や作品へのこだわりを頂戴しております。
特にシール内装と合わせたストーリー性のある人形配置が、
臨場感あふれる「カシオペア」を魅力的に演出しています。
一切の妥協を排した「ねこどん」様の「カシオペア」を
是非お楽しみ下さい。

尚、お写真の枚数と文章の長さから今回の製作レポートは
前編と後編の2回に分けてのご紹介とさせて頂きました。

それでは早速(HO)「カシオペア」前編をどうぞ。

─────────────────────────────────────

平素、メイクアップシールで楽しませて頂いております。
この度、シールの貼り付け、乗客の配置作業が完了
致しましたので画像をお送りさせて頂きました。

2016-11-09-01.jpg
EF510の加工(色差・墨入れ)

実車のデビューからわずか16年余、本年3月、最後の定期
寝台列車として大勢のファンに見送られ、惜しまれながら
引退していった寝台特急カシオペア号。
その車齢の若さ故、クルーズトレインとして第2の人生を
歩み始めたのは記憶に新しいところです。

2016-11-09-02.jpg
ED79加工(色差・墨入れ)

この度、作業開始から実に2年近い歳月を要しながら
TOMIX(HO)「カシオペア」フル編成のメイクアップシール
貼り付け作業が遂に完了しました。
その効果と迫力をより多くの皆様に実感していただきたく、
この度投稿させていただいた次第です。

2016-11-09-03.jpg
スロネフ26概観

2016-11-09-04.jpg
スロネフ26夜行シーン

貴店メイクアップシールよる加工を施すことで単なる「模型」から
活きた「鉄道車両」へと変貌を遂げた寝台特急カシオペア号を
ご覧頂ければ幸いです。

ここで、私がメイクアップシールを導入に至った経緯を
申しあげましょう。
TOMIXのカシオペアは、発売と同時にフル編成で購入、
運転を楽しんでおりましたが購入から日が経つにつれ、
何かひとつ物足りないことに気付きました。
それは、室内灯を組み込むことにより、より顕著となって現れ、
「がらんどう」の室内が目立ちまるで回送列車のようで何か
ひとつリアリティーに欠けるのです。

これは何とかしなくては・・・と、前作の北斗星に引き続き、
カシオペアにもメイクアップシールの 導入を決めたのでした。

2016-11-09-05.jpg
カハフE26概観

2016-11-09-06.jpg
カハフE26夜行シーン

実際に加工を終えてじっくりと眺めてみると、その車両構造の
単純さゆえ、窓からチラッと見えるメイクアップシールによる
室内表現の効果は絶大で、単調でモノトーンだった車両が実に
活き活きとした表情を見せてくれたのです。

2016-11-09-07.jpg
スロネE26概観

特にカハフやスロネフ、マシなど大きな窓を持つ車両では
その効果は絶大で貴店のメイクアップシールには「模型」を
活きた「鉄道車両」へと変貌させる不思議な力があります。
その効果を実感するにつれ、私はメイクアップシールの持つ
魅力にすっかりとはまってしまったのでした。

2016-11-09-08.jpg
ブラインドの効果

作業にあたっては、下記に留意しながら進めていきました。

1.時間がかかっても必ず完成させる。
2.見栄えを重視した丁寧な作業を心がける。
3.作業時間は1日2時間まで。
4.内装とのバランスを考慮し車体各所に墨入れ加工を併用する。
5.漆黒の闇中を切り裂く寝台特急の持つ魅力を余すところなく
再現する。

2016-11-09-09.jpg
スロネE26各車ルーバー等の墨入れ

特にE26系客車は、バラエティーに富んだ北斗星の24系客車とは
異なり、同じ構造を持つ「スロネ」の単調な作業が延々と続きます。
そこで完成度を重視して1日の作業時間を人間の集中力が
持続する限界と言われている2時間までとして毎日コツコツと
作業を進めていきました。

2016-11-09-10.jpg
スロネ各車クーラーの墨入れ

また、シールをきれいに貼るコツですが、編成内に複数存在する
スロネから作業を始め、シールの構成や切り出し方法のなど、
その取り扱いに習熟してからスロネフやカハフ、マシへと作業を
進めてゆくときれいに貼ることが出来ると思います(スロネに
関してはひたすら根気との戦い・・・)。

2016-11-09-11.jpg
カハフ26屋根上墨入れ


後編へつづく

※後編は近日掲載予定です。


最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: お客様より

Posted on 2016/11/09 Wed.   edit  |  tb: 0   cm: 0