10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

レイアウト完成 


製作室では、仕事の合間に製作し続けたレイアウトが約3年かかってようやく
完成しました。また、メイクアップシールやグレードアップパーツ等のマニュアル
撮影用のカメラ機材も、これを機に一眼レフをフルサイズ化。

そこで本日の富塚通信は、先だって発表・発売した「グレードアップパーツ」加工を
施した車両を使って、レイアウトで走行させつつ撮影したイメージ画像を少しばかり
お届けしたいと思います。


●DF50 
1972年(昭和47年)~1975年3月まで、10系寝台を使用した急行「紀伊」が
東京-紀伊勝浦間に運行されていました。
東京-名古屋間は同じく10系寝台編成の急行「銀河」を併結し、
名古屋で切り離し、名古屋-亀山間をDD51、亀山-紀伊勝浦間を
DF50が牽引しました。
その後1975年(昭和50年)寝台急行「紀伊」は、14系寝台特急に格上げされ、
1984年2月廃止まで紀州路の優等列車として君臨しました。
下記の写真は、あくまでもイメージとして亀山機関区でのDF50と
紀勢線での一番の難所である〈荷坂峠〉越えをするDF50牽引の
寝台急行「紀伊」のイメージ画像、そして春の農村風景を行くDF50牽引の
寝台急行「紀伊」の姿です。

2017-11-19-021.jpg
亀山機関区でのDF50 後ろにはDD51の姿が

2017-11-19-022.jpg
〈荷坂峠〉を越えていくDF50牽引の寝台急行「紀伊」

2017-11-19-023.jpg
春の農村を行くDF50牽引の寝台急行「紀伊」


2017-11-19-004.jpg
グレードアップパーツセット「DF50用」 ¥4,800(税抜)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)


2017-11-19-005.jpg
「10系寝台客車 8両セット」  3,400円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)


●DD54
1972年(昭和47年)それまで急行だった「出雲」は、20系による寝台特急に
格上げされる事に。この時期、山陰本線での牽引機がDD54でその独特の
フォルムが印象的な機関車でした。
出雲の厳しい冬が去り、待ちに待った季節の中を快走するDD54牽引の
寝台特急「出雲」の姿です。

2017-11-19-024.jpg
春の農村を快走するDD54牽引の寝台特急「出雲」

2017-11-19-025.jpg
石造りのトンネルを抜けるDD54

2017-11-19-008.jpg
グレードアップパーツセット「DD54用」 3,600円(税抜)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)


2017-11-19-009.jpg
「20系 特急形 寝台客車 7両セット」  3,200円(税別)
「20系 特急形 寝台客車 増結13両セット」
  4,000円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)



●ED75-1000 
言わずと知れた交流機の標準機であり、東北本線・黒磯以北、常磐線・水戸以北で
北の主として長きにわたって君臨し続けたED75。
そのED75を高速対応させたのが、1000番台です。
この1000番台の代名詞といえば、20系特急寝台の牽引した姿が有名ですが、
東青森-隅田川間のコキ10000による高速コンテナ列車は、東青森-黒磯間を
ED75-1000番台による重連が行われ、交流機の赤き主役のもう一つの顔
といったところでした。
下記の写真はそのED75-1000番台重連による在りし日の高速コンテナ列車と
20系寝台特急「ゆうづる」のイメージ画像です。

2017-11-19-026.jpg
山間をED75-1000番台重連に牽引される高速コンテナ列車

2017-11-19-027.jpg
駅舎に到着したED75-1000番台牽引の20系寝台特急「ゆうづる」


2017-11-19-012.jpg
グレードアップパーツセット「ED75-1000番台」 4,400円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)


2017-11-19-009.jpg
「20系 特急形 寝台客車 7両セット」  3,200円(税別)
「20系 特急形 寝台客車 増結13両セット」
  4,000円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)


2017-11-19-013.jpg
「24系 寝台特急 ゆうづる 基本6両セット」  3,600円(税別)
「24系 寝台特急 ゆうづる 増結6両セット」
  3,600円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)



●ED75-700 
ED75を奥羽本線・羽越本線用の耐雪・耐塩害対策装備機を施したED75の
最終形態。1971年から1976年までに91両が製造されました。
その外観の違いは屋根の上に現れ、それまでの交流機の特徴である
多くの碍子が並ぶ形状とは異なり、EF81にも似て、実にシンプルな
構造になりました。
その後、津軽海峡線用にED79に改良されたのは有名な話です。
さて、ED75-700番台牽引機として有名なのは、「日本海」「あけぼの」
が有名。特に「あけぼの」は一般的な寝台特急「あけぼの」引退の頃には、
他のブルートレインといえば豪華寝台特急「北斗星」しかなく、その意味では、
昔ながらの寝台列車の用途という意味合いを持った最後のブルートレインと
言えるでしょう。
下記の写真は山深き奥羽山脈越えに挑むED75-700番台牽引の
在りし日の姿のイメージです。

2017-11-19-028.jpg
奥羽山脈越えに挑むED75-700番台牽引の「あけぼの」

2017-11-19-029.jpg
トンネルも力強く駆け抜けるED75-700番台

2017-11-19-016.jpg
グレードアップパーツセット「ED75-700番台」 4,400円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)


2017-11-19-017.jpg
「24系 寝台特急 あけぼの 9両セット」  3,800円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)


2017-11-19-013.jpg
「24系 寝台特急 ゆうづる 基本6両セット」  3,600円(税別)
「24系 寝台特急 ゆうづる 増結6両セット」
 3,600円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)
旧編成のあけぼの再現では、この24系「ゆうづる」パッケージ対応の客車を
利用することができます。


今回は製作室のレイアウト完成に合わせ、今月発売を開始したグレード
アップパーツ対応の牽引機を使って、レイアウト走行シーンの撮影を
敢行してみました。

実は本レイアウト、写真撮影だけではなく動画撮影も考慮に入れて
製作を行ってある為にレイアウト上の撮影スポットにも制約があり、
思いのほか撮影に時間が掛かったりもしましたが、各列車が運行
されていた往時の情景を良く表現できているのではないかと思います。

本日のブログに登場したDF50、DD54、ED75-700そしてED75-1000は
各車両共にグレードアップパーツ加工を行い、牽引している客車の
内装にはメイクアップシールの貼り付け加工を施してあります。

ぜひ鉄道模型のリアルな再現にグレードアップパーツ、そしてメイク
アップシールをご活用ください。


ちなみに、今回撮影したレイアウト写真の中では、ED75-700の最後に
ご紹介しましたトンネルから出て来る「ED75-700あけぼの」のショットが
お気に入りです。

先に掲載した画像は横ショットですが、実はトンネルと鉄路をより強調
した縦ショットの写真もあります。

2017-11-19-018.jpg

最後に製作室スタッフ内でも人気を二分した「ED75-700あけぼの」の
もう1枚の写真を掲載して、今回のブログを終わりとさせて頂きます。
 
  
 

最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 鉄道レイアウト

Posted on 2017/11/19 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

グレードアップパーツ発売情報~ED75~ 


本日の富塚通信も前回に続き、グレードアップパーツの発売情報を
お届けします!

今回発売する新製品グレードアップパーツは、標準型の交流電気
機関車として東北地方を始めとした各地で、ブルトレ等の特急列車に
留まらず、貨物牽引までオールマイティに活躍したED75対応の
パーツセットとなります。

その中でも、取り立てて個性的な700番台と1000番台(P形)の
それぞれに対応したパーツセットをご用意しました。

「ED75-700番台」

2017-11-09-01.jpg
ED75-700番台

2017-11-09-02.jpg2017-11-09-03.jpg
左:前面 右:パンタグラフ

2017-11-09-04.jpg2017-11-09-05.jpg
左:速度検出 右:速度記録

模型のプロトタイプは前期グループに属する車両で、製造メーカーを示す
メーカーズプレートも「日立」「東芝」「三菱」と3社から選べます。
日本海沿岸を走った「日本海」「あけぼの」牽引には欠かせない機関車です。


「ED75-1000番台」

2017-11-09-06.jpg
ED75-1000番台

2017-11-09-07.jpg2017-11-09-08.jpg
左:前面 右:パンタグラフ

2017-11-09-09.jpg2017-11-09-10.jpg
左:速度検出 右:速度記録

コキ10000系コンテナ車から急行「八甲田」「津軽」、そして20系寝台特急
「ゆうづる」「あけぼの」などの寝台特急も牽引。

グレードアップパーツセットED75の700番台と1000番台では、基本的なパーツの
構成自体は共通となっていますが、各番台を的確に再現するために先ず採用
しているパンタグラフが異なります。

ED75-700番台のパンタは小ぶりなPS102。対してED75-1000番台はPS101と
なっています。また、エアーホースの先端部分もED75-700番台ではグレーに
塗装し、黒いホース部分と塗分け再現を行ってあります。


2017-11-09-11.jpg

グレードアップパーツセット「ED75-700番台」4,400円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)


2017-11-09-12.jpg

グレードアップパーツセット「ED75-1000番台」4,400円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)

さらに今回は、以前発売していました「DF50」にも、タブレット
キャッチャーを追加して新規発売!

2017-11-09-13.jpg
DF50

2017-11-09-14.jpg2017-11-09-15.jpg

DF50は、タブレットキャッチャーの他に、エアーホースとジャンパー栓
(閉タイプ)、そして速度検出をセットしたパーツ構成となっています。

2017-11-09-16.jpg

グレードアップパーツセット「ED50」4,800円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)

新製品グレードアップパーツセット「ED75-700番台」「ED75-1000番台」
そして「EF50」は、2017年11月11日(土曜)より発売開始!

また、しばらく在庫切れとなっていました「EF58」「EF70-1000」対応の
グレードアップパーツセットも合わせて再入荷いたします。
「ED75」と同じく2017年11月11日の同時発売となりますが、小ロットでの
再入荷となりますので、お求めはお早めにどうぞ!


最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: グレードアップパーツ

Posted on 2017/11/09 Thu.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

グレードアップパーツ~DD54~発売開始 


本日の富塚通信は新製品グレードアップパーツの発売情報を
お届けします。

今回のグレードアップ対象車両はこちら。
2017-11-02-01.jpg

DD54です。当時の西ドイツのメーカーからライセンス供与を
受け、1966年から設計・製造した液体式ディーゼル機関車。

2017-11-02-02.jpg2017-11-02-03.jpg
本形式で唯一の保存車両である33号機

エアーホースは、両エンドともに白2本と黒1の構成です。

2017-11-02-04.jpg2017-11-02-05.jpg
左:タブレットキャッチャー 右:速度検出

グレードアップパーツでは、白・黒の各エアーホースと
速度検出装置、そしてタブレットキャッチャーをパッケージ化。

タブレットキャッチャーはグレードアップパーツセット商品では
初登場となります。

2017-11-02-06.jpg

「グレードアップパーツセットDD54用」3,600円(税別)
(※販売価格は2017年11月時点のものです)

グレードアップパーツセット「DD54」は好評発売中です。

尚、タブレットキャッチャーはDD54のディテールアップに
最適なパーツの1つですが、非常に繊細なパーツでもある為、
取り付け後は模型を慎重にお取り扱いください。


最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: グレードアップパーツ

Posted on 2017/11/09 Thu.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール~111系・115系・415系~発売情報 


本日の富塚通信は、メイクアップシール新製品
「111系」「115系」「415系」3商品の発売情報をお届けします!

2017-10-21-01.jpg
「111系」「115系」「415系」

既にご紹介しております通り、今回メイクアップシール化を行ったのは、
「111系0番台 湘南色」基本・増結セット、「115系300番台 湘南色」
基本・増結セット、そして「415系 国鉄標準色」の3製品となります。

「111系」と「115系」は基本・増結セットの構成に分かれていますので、
トータルでは5セットのパッケージを本日より同時発売いたします!

各製品の販売価格及び対応模型は下記の通りです。

2017-10-21-02.jpg

「115系300番台 湘南色 基本7両セット」2,800円(税別)
KATOの「品番10-1408:115系300番台  湘南色 7両基本セット 」対応

「115系300番台 湘南色 増結8両セット」2,800円(税別)
KATOの「品番10-1409:115系300番台  湘南色 4両増結セット 」及び
「品番10-1410:115系300番台  湘南色 4両セット 」対応


2017-10-21-03.jpg

「111系0番台 湘南色 基本7両セット」2,800円(税別)
KATOの「品番10-893:111系0番台  湘南色 7両基本セット」対応

「111系0番台 湘南色 増結8両セット」2,800円(税別)
KATOの「品番10-894:111系0番台  湘南色 4両増結セット」及び
「品番10-895:111系0番台  湘南色 4両付属編成セット」対応


2017-10-21-04.jpg

「415系 国鉄標準色 8両セット」 2,800円(税別)
KATOの「品番10-417:415系 国鉄標準色 8両セット」対応

※販売価格はすべて2017年10月時点のものです


今回メイクアップシール化を行った車両は、現在の近郊型電車の
元祖ともいうべき列車を中心にピックアップしており、その汎用性の
高さからレイアウト走行での列車のすれ違い再現でも多様な
バリエーション再現が可能となっています。

是非、メイクアップシール「111系」「115系」「415系」で、国鉄時代において
最もスタンダードな近郊型電車の車内内装をお楽しみください!

最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 111系・115系

Posted on 2017/10/21 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール~115系「湘南色」~詳報 


メイクアップシール3製品一挙同時発売のラストを飾るのは、
「115系300番台 湘南色」です。

2017-10-14-01.jpg
115系300番台 湘南色

シール化を行ったのは、今年KATOより発売された「115系300番台
湘南色」です。対応模型の品番は下記の通りです。

「品番10-1408:115系300番台  湘南色 7両基本セット」
「品番10-1409:115系300番台  湘南色 4両増結セット」
「品番10-1410:115系300番台  湘南色 4両セット」


模型製品は、前回の詳報でお届けした「111系0番台湘南色」と同じく
7両基本・4両増結・4両編成という3セットの構成です。

メイクアップシールでは7両基本セットに対応した「115系300番台 
湘南色 基本7両セット」。そして、4両増結+4両編成に対応の
「115系300番台 湘南色 増結8両セット」2パッケージでのリリース
となります。


さて、早速ですがここからはシール化を行った各車両の詳報です。

2017-10-14-02.jpg
クハ115 

2017-10-14-03.jpg2017-10-14-04.jpg
クハ115運転台

前回の「111系0番台」と比較すると、運転台の乗務員座席側の
スペースが広くなっており、客室側から見たクハ111の壁面は
フラットだったのに対し、クハ115の壁面は3面構成になっています。

それに伴って、1番運転席寄りのロングシートの成形もL側とR側で
異なった模型の成形となっています。

2017-10-14-05.jpg
モハ114・モハ115・サハ115

2017-10-14-06.jpg
モハ114(モーター車)

2017-10-14-07.jpg2017-10-14-08.jpg
モハ ロングシートとボックスシート

2017-10-14-09.jpg2017-10-14-10.jpg
左:クハ115 右:モハ(モーター車)

ロング&ボックスシートのモケットは111系と同様の
ブルーモケットです。

今回シール化を行った「415系」「111系」、そして「115系」では
ロングシートとボックスシートの仕切り部分の背面に設置された
灰皿もデザイン再現を行ってあります。
因みに、車内の灰皿は後に全て撤去され、現役晩年では灰皿が
取り付けてあったネジ穴だけがそのまま残る形になっていました。

シールの形状やデザインに関しては、基本的に「111系0番台」と
同じとなっていますが、先述のクハの運転台部分や、モハでも
「111系」と「115系」では模型成形の異なる箇所がありました。

尚、灰皿同様、床シールの台車に当たる部分にはそれぞれ
点検口を再現してあります。

─────────────────────────────────
トピックス~すれ違い再現の楽しみ2~

前回の「111系」ブログ内にて、ジオラマ・レイアウトでの~すれ違い
走行の楽しみ~と題して、「111系0番台」と実際にすれ違いを見ることの
出来た幾つかの列車編成をご紹介しました。

そして今回もトピックスその2を設けまして、「115系300番台」との
すれ違い再現をお楽しみ頂ける列車をご案内したいと思います。

そもそも「115系300番台 湘南色」は、1973年から製造を開始。
車両は小山・新前橋電車区等に新製配置されましたが現在では
E233系といった新型車両に置き換えられています。
そんな「115系300番台」とレイアウト上ですれ違い交差させたくなるのが、
下記の車両達です。

有名なところでは「485系」「485系300番台」「583系」「455系(457系)」
そして「165系」といった電車が挙げられます。

2017-10-14-16.jpg

「国鉄 485系 300番台 8両セット」3,400円(税別)
「583・581系 基本 7両セット」3,800円(税別)
「国鉄153系/165系/457系電車 10両セット」3,400円(税別)
(※販売価格は2017年10月時点のものです)

また、年代を少し遡れば、「八甲田」や「津軽」「能登」「妙高」等の
10系寝台客車とのすれ違いもありました。尚、わずか短期間では
あったものの「キハ181系」も含まれます。

2017-10-14-17.jpg

「10系寝台急行 妙高 10両セット」3,600円(税別)
「43系 夜行急行 八甲田 13両セット」3,800円(税別)
「キハ181系 つばさ 12両セット」4,200円(税別)
(※販売価格は2017年10月時点のものです)

「115系300番台」と一緒に、メイクアップシールで室内内装の加工を
行った列車とのすれ違い走行も是非お楽しみください。
─────────────────────────────────

室内灯を点灯させたクハ115とモハ114。

2017-10-14-11.jpg
クハ115

2017-10-14-12.jpg
モハ114

2017-10-14-13.jpg2017-10-14-14.jpg
右:付属のブラインド使用

付属のブラインドシールは模型窓ガラスの幅に合わせた
3種類のシールが同梱されています。

関東圏では、湘南色だけではなく横須賀色の300番台も人気のある
115系300番台。勾配区間や寒冷地向けの近郊形電車として上野口を
中心とした旅客輸送に活躍。
そんな115系300番台対応のメイクアップシール

2017-10-14-15.jpg

「115系300番台 湘南色 基本7両セット」2,800円(税別)
KATOの品番10-1408:115系300番台  湘南色 7両基本セット対応
(※販売価格は2017年10月時点のものです)

「115系300番台 湘南色 増結8両セット」2,800円(税別)
KATOの品番10-1409:115系300番台  湘南色 4両増結セット及び
品番10-1410:115系300番台  湘南色 4両セット対応
(※販売価格は2017年10月時点のものです)

「115系300番台」は、昨日、一昨日とご案内しました「111系
0番台湘南色」「415系国鉄標準色」と同時に来週末頃の発売を
予定しています。
尚、メールでは本日よりご予約もお受けしております。
詳しくは当店公式ホームページをご確認ください。

~「115系300番台」同時発売製品~
「111系0番台 湘南色 基本7両セット」2,800円(税別)
「111系0番台 湘南色 増結8両セット」2,800円(税別)
「415系 国鉄標準色 8両セット」 2,800円(税別)

それでは店頭販売まで今しばらくお待ちください。


最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 111系・115系

Posted on 2017/10/14 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0