FC2ブログ
01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

富塚商会2021年3月用カレンダー  


本日、当店公式サイトにて2021年3月用の
月カレンダーを公開しました。

今回のカレンダー写真は先日発売を開始したメイクアップ
シール、スハ44系「特急はと」と「特急つばめ」のすれ違い
シーンです。3月という事でジオラマで桜並木を製作して
撮影に臨みました。

2021-02-24-01.jpg

カレンダーはA4サイズのpdf形式となっています。
下記のリンクからダウンロードしてご利用ください。
富塚商会2021年3月カレンダー>>

メイクアップシール製作に於いては、当時の車内が分かる
配置図や写真画像の収集はとても重要になりますが、
もう一つ重要なファクターとなるのが、その列車が走っていた
時代の肌触りや時代の香りといった感覚的要素が大切と
なってきます。

感覚的要素と一言でいっても、この感覚は中々掴み難いもので、
どういった列車で車両だったのかをまずイメージできなければ、
完成図を描くことが出来ません。

時代の肌触りや香りといった感覚面は、特に今回のように「はと」や
「つばめ」といった古い車両の場合、製作室の若い世代のスタッフに
とっては、自身が生まれていない時代のため感覚的に掴むのが
ますます困難になります。

そこで今回は1972年にテレビ放送された「大いなる旅路」を
時代考証の参考として視聴しました。
このドラマは、明治時代の鉄道建設から1972年時に至るまでの
鉄道に関わる人々のドラマを描いたオムニバス作品ですが、
今回は「はと」と「つばめ」に関わる『お星様白書』を参考に
しています。

『お星様白書』の舞台は1950年(昭和25)。
東海道本線を走っていた栄光の特急「はと」及び「つばめ」を軸に、
人々から注目を集めた「はとガール」添乗員を主軸にしたストーリーと
なっています。

ドラマでは、毎日線路際の病院の側を走る特急はとに向かって手を
振る患者や職員達と、それに手を振り返すはとガール達との間で
育まれていく線路の友情や信頼がテーマに据えられています。
実はこの話には題材となる実話があり、昭和天皇が行幸の際に、
ここを通るとき歌を詠まれたことで、美談として取り上げられ、
1955年には小学校の教科書にまで載ることとなりました。
尚、この交流は1960年の「はと」廃止まで続いたそうです。

昨今でも、受験に遅れそうになった受験生のために、通過駅に
新幹線を緊急停車させるなどの計らいがニュースになる事が
ありますが、ただ目的地まで運ぶというのではなく、人と人との
触れ合いという大切さを忘れないその気持ちが、今もって受け
継がれているような気がします。

メイクアップシール製作時も、モケットの色や車内設備、
壁面の内装などだけではなく、その列車が走っていた当時の
時代背景とや肌触りなどを重要視するのも、こういった目に
見えない部分こそが鉄道文化というものを支えてきたからに
他なりません。

ちなみにDVD映像作品集『鉄路の記憶』も、鉄道車両という
だけでなく、時代背景や人々の営みの中で存在した鉄道と
いうものとフィードバックさせてそういった部分を意識して
作っています。

今回のカレンダー写真では出会いと別れの季節に花開く
桜並木を走る「特急はと」と「特急つばめ」に、かつて
乗客だけではなく、路線の側で暮らす人との触れ合いまでもを
大切にしたガール達の気持ちを改めて思いながらの撮影と
なったのでした。
 
   
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: 富塚オリジナル

Posted on 2021/02/24 Wed.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

新製品「スハ44系 特急はと」発売情報 

新製品メイクアップシール「スハ44系特急はと」&改良版
「スハ44特急つばめ」、本日より発売開始!

2021-2-21-001.jpg2021-2-21-002.jpg
マイテ58 右:ロビースペースと本棚

2021-2-21-003.jpg2021-2-21-004.jpg
マイテ58 個室
部屋の座席や網棚、ドアなどもしっかりデザイン。
通路は外から見て違和感がないよう、通路側の洗面室カーテンや
トイレドアなどをデザインしています。

2021-2-21-005.jpg2021-2-21-006.jpg
左:スハ44  右:スロ60 客室
普通車はグリーンモケット、特別二等車は赤モケットの座席です。


2021-2-21-007.jpg2021-2-21-008.jpg
マシ35 食堂車
鮮やかなブルーの座席やテーブルクロス、棚などでより実車の
雰囲気を感じられます。食堂車には、ベネシャンブラインドや
窓ガラスに直接貼る壁面シールも付属。

メイクアップシール各車両の詳報は前回の富塚通信にて
ご確認ください。

2021-02-19-01.jpg
「スハ44系 特急はと 基本7両セット」\4,180
品番:TM-KN135
「スハ44系 特急はと 増結6両セット」\3,740
品番:TM-KN136

尚、現在発売中のメイクアップシール「スハ44系特急つばめ」も、
「特急はと」に合わせてスハニ35・スハ44・スロ60の一部を改良しました。

2021-02-19-02.jpg
「スハ44系 特急つばめ 基本7両セット」\5,060
品番:TM-KN061
「スハ44系 特急つばめ 増結6両セット」\3,740
品番:TM-KN062
(上記販売価格は、2021年2月時点のものです)

戦後の国鉄特急を代表する最上位編成として君臨した
スハ44編成の特急「はと」、そして特急「つばめ」
展望車をはじめとした当時の車内再現をメイクアップシールで
ぜひお楽しみください。


   
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: 特急はと

Posted on 2021/02/21 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール新作~スハ44系特急はと~詳報1 

今回、スハ44系「特急つばめ」に続き、スハ44系の「特急はと」を
メイクアップシール化しました。
本日の富塚通信ではメイクアップシール「スハ44系特急はと」の
詳報をお届けします。

2021-2-18-001.jpg
特急はと マイテ39

特急の運転が再開した1949年(昭和24)当初、戦前・戦後製の
客車を使用していたものの、特急にふさわしい車両をと望まれ、
1951年(昭和26)年にが登場したスハ44系。

ここからは各車両についてご紹介していきます。

◎マイテ58◎
2021-2-18-002-2.jpg
2021-2-18-026-2.jpg

「特急つばめ」編成との唯一の違いがこの一等展望車マイテ58に
なります。ちなみに、「つばめ」編成ではマイテ39になっています。

製造はもともとは特急「鷗」用一等展望車として1939年に造られた
スイテ37形(スイテ37050形)。

2021-2-18-027.jpg

特徴的な一等展望車は、政治家や芸能人など著名人が
利用していた花形展望車。展望室と解放室の他に個室が
設けられたのが特徴的です。

2021-2-18-003.jpg2021-2-18-028.jpg

ロビースペースの座席は白いシーツに覆われた大型の
ソファが並んでいます。
背ずり座面を問わず、ソファをすっぽりとシーツで覆って
いるあたりに時代を感じさせます。

ロビー奥手には本棚があり、思い思いに書籍を手に取る
ことが出来ました。果たして、政府高官や著名人のために
どのような本が取り揃えられていたのでしょうか。

2021-2-18-004.jpg2021-2-18-030.jpg

先述の通りマイテ58には政府高官及び貴賓用として区分室が
設けられていました。ちなみに模型では分かり難いですが、
区分室の広さは3人と6人用のスペースだったとのこと。
シールでは室内の網棚や机をデザインしました。

また、化粧室やトイレ、備品室、車掌室は模型の構造上再現
出来ませんでしたが、際通路側に見えるドアやカーテンは
デザインしてあります。

◎マシ35◎
2021-2-18-014.jpg
敗戦後初の新製食堂車として作られたマシ35形

2021-2-18-015.jpg2021-2-18-016.jpg

車端の乗務員室と待合ソファ。食堂はブルー座席とクリームベースの
室内を再現しています。

2021-2-18-017.jpg2021-2-18-018.jpg
2021-2-18-019.jpg
厨房内も当時の資料を基に冷蔵庫などをデザイン。
付属のプラバンを使用し加工することで流しや石炭レンジのついた
調理台、棚などを再現できます。


◎スロ60◎
2021-2-18-020.jpg

2021-2-18-021.jpg2021-2-18-022.jpg

乗務員室にトイレ、洗面台をデザイン

2021-2-18-023.jpg2021-2-18-024.jpg

現在のグリーン車の原型となったリクライニングシートを備えた座席。

◎スハニ35◎
2021-2-18-005.jpg

2021-2-18-006.jpg2021-2-18-007.jpg

荷物室と車掌室を要した3等荷物車のスハニ35。
車端部には荷物専務車掌室があるので、今回新規で放送装置を
デザイン。作業机をプラバン加工で再現できます。

2021-2-18-009.jpg2021-2-18-010.jpg

荷物室の床は板張りでデザインし、洗面やトイレの扉なども再現。
固定式のクロスシート座席となっています。


◎スハ44◎
2021-2-18-011.jpg

2021-2-18-012.jpg2021-2-18-013.jpg

鮮やかなグリーンの純毛座席が特徴で、進行方向に固定された
三等車。背面は折りたたみテーブルがついています。

尚、スハニ35とスハ44の車端妻面には配電棚が設けられていました。
今回は車体ボディ用のシールとして配電棚シールを製作。

2021-2-18-025.jpg
左:スハニ35 右:スハ44の配電棚シール

現在で言えば配電盤なのでしょうが、当時は配電棚だった
のですね。ちなみにスハニ35には配電棚の下に手動ブレーキが
取り付けられていました。
模型のライトユニットの関係で完全には再現する事が出来ません
でしたが、シール下側には手動ブレーキのハンドルがデザイン
されている事がお分かりいただけると思います。

本日は、「スハ44系特急はと」の各車両詳報をお届けしましたが、
メイクアップシールの方は近日の発売を予定しています。

また、現在発売中のメイクアップシール「スハ44系特急つばめ」に
関しましても、今回の「特急はと」に合わせてリニューアルパッケージを
新たに発売いたします。販売開始まで今しばらくお待ちください。

尚、本日より先行予約販売をメールにて承ります。

2021-02-19-01.jpg
「スハ44系 特急はと 基本7両セット」\4,180
品番:TM-KN135
「スハ44系 特急はと 増結6両セット」\3,740
品番:TM-KN136

2021-02-19-02.jpg
「スハ44系 特急つばめ 基本7両セット」\5,060
品番:TM-KN061
「スハ44系 特急つばめ 増結6両セット」\3,740
品番:TM-KN062
(上記販売価格は、2021年2月時点のものです)

ご注文方法等につきましては、当店公式サイトをご確認下さい。
 
     
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: 特急はと

Posted on 2021/02/18 Thu.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

巨岩神社のジオラマ完成 

 
現在、制作室では紀勢本線をテーマとしたNゲージ
模型の動画撮影に向け、背景となるジオラマの
製作を行っています。

前々回の富塚通信では、新宮市にある急な石段と
山頂の巨岩で有名な神社製作について少しばかり
お届けしましたが、今回は神社を含めた山頂一帯も
完成しましたのでご紹介したいと思います。

2021-02-08-01.jpg
神社全体の完成写真

神社周りの樹木や本殿へと続く石畳、また朱色で
塗装した柵などを別途製作のうえ、配置しました。

今回は写真の再掲をしませんが、スチレンボードと
発泡スチロールが剥き出し状態の神社周りを前々回の
富塚通信「紀勢本線の動画制作に向けて」をご覧
いただき、ぜひ比較してみて下さい。
雰囲気が全く異なっているかと思います。

2021-02-08-02.jpg
本殿と巨岩

社殿については既にご紹介していますが、隣の巨石は
少し形状を修正し、部分的に塗装をし直しました。
また、ご神体を表すしめ縄もしっかりと再現。但し、
しめ縄を絞めている箇所は実際のご神体とは
異なっています。

2021-02-08-03.jpg
角度を変えて右側から撮影

神社の横手に広がる岩畳はスチレンボードを何重にも
重ねて作っています。
塗装は始めに下地処理としてグレー系の塗装を行い、
その上にブラウン系の塗料を薄く重ね塗りしています。

2021-02-08-04.jpg

歩道の石畳み部分は、予め筋目に沿うかたちで
敢えて鉛筆による陰影付けを行い、その上に淡い
グレー系の塗料で着色してあります。

本来こうしたスミ入れはエナメル塗料を用いるもの
ですが、今回は使用している素材からエナメルでは
少し黒味が強くなり過ぎた事もあり、芯の柔らかい
Bの鉛筆で意図的に陰影の強弱を付ける事に。

2021-02-08-05.jpg
山の山腹(?)部分に見える山肌もウッドブラウンの
塗料を中心に着色し表面を削って質感を表現しました。

今回、山や石畳みに使用した発泡スチロールは、
ラッカー系塗料を使うと表面が溶けてしまうので、
水性の塗料を使うなど配慮が必要です。

但し、塗料の塗り具合や希釈量によっては、
ラッカー系の塗料を使えない事もありません。
実際に部分的にではありますが、ラッカー系塗料を
使って着色を行った箇所もあります。

2021-02-08-06.jpg

山の部分はスタイロフォームを使って再現して
ありますが、山の膨らみを予め表現しておきます。
そうする事でこの後貼り付けるフォーリッジが
自然に見えてきます。
なお、そのフォーリッジは主にグリーンとライト
グリーンの2色を使っています。

社殿の周りには樹木を植えましたが、メリハリを
付ける目的でKATOの「日本のさくらキット」で
作った桜の木も配してみました。

紀勢本線と云えば、海岸線に熊野の山々が思い
浮かびますが、また撮影に必要な風景があれば
ジオラマ製作にチャレンジしていきたいと思います。
 
 
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: ジオラマ撮影

Posted on 2021/02/08 Mon.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール~スハ44系特急はと~シール化 

 
メイクアップシールでは、「スハ44系 特急つばめ」の基本7両セット
&増結6両セットをシール化していますが、今回は先日KATOより
発売された「スハ44系 特急はと」のシール製品化を予定しています。

2021-02-01-01.jpg
「特急はと」マイテ58-2

マイテ58-2はメーカーでも初の製品化ということで、
もちろんメイクアップシールの方も初めてのシール化
ということになります。

2021-02-01-02.jpg
マイテ58-2車内

マイテ58は前位側から展望室、1等解放室、1等3人用区分室、
1等6人用区分室となっており、模型では成形されていませんが、
後位側には車掌室、給仕室や化粧室などが設けられていました。
 
現在、上記のマイテ58をはじめ、「はと」編成のスハニ35、スハ44、
スロ60とマシ35の内装確認も順次行っております。
 
また、シールの製作作業に進展がありましたら、富塚通信で
随時お知らせしていきます。
メイクアップシール「スハ44系 特急はと」、ぜひご期待ください!
 
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: 特急はと

Posted on 2021/02/01 Mon.   edit  |  tb: 0   cm: 0