fc2ブログ

音楽とアンビエンス2

~アンビエンスを学ぶにはスタジオミュージシャンを学べ~

制作室では感性教育(?)を目的に、毎日1時間の音楽鑑賞
(映画の場合2時間)の時間を設けています。

本日の音楽鑑賞は、前回の富塚通信でも紹介した
「Shakatak(シャカタク)」の『YOU NEVER KNOW』を
再生環境を変えての聴き比べの予定のはずでしたが、
長老が提示したのはシャカタクではない複数のCD。

2023-01-24-01cd.jpg

徐にCDケース内の解説書を取り出し、サポート・ミュージシャンの
項目に目を通すように指示。
サポート・ミュージシャンとは、ソロ歌手や音楽バンドに足りない
楽器をレコーディングの時やライブのステージで演奏する
ミュージシャンのことで、一般にはスタジオミュージシャンと
言われているミュージシャンです。

長老いわく、このスタジオミュージシャンの演奏が今日の
課題であるとのこと。
実はミュージシャンがレコーディングを行う際、そのミュージシャンや
プロデューサーは、バックで演奏するスタジオミュージシャンの
選択にはかなり気を遣うそうです。

これはレコーディングで主役のボーカルや演奏者の歌唱力や
表現力をいかに引き出せるかはスタジオミュージシャンに
かかってくるからで、ビックネームのミュージシャンほど
バックでの演奏に対する『音』の要求が強く、
「この曲のピアノにはあの人のあの音じゃないとダメ!」と
名指しで起用を要求するそうです。
特にアルバムのレコーディングになると曲によって楽器の
演奏者が異なるケースも多々あるそう。

長老が特に若いスタッフに伝えたいのは、アンビエンスの本質。
バックミュージシャンの演奏はまさにアンビエンスにあります。
音楽でいうところの主旋律を歌う歌手や演奏者のバックで、
メインの主旋律の演奏を感覚的に理解し、副旋律としての
演奏を絡ませることで、メインの『音』の魅力を最大限に引き
ださせるバックミュージシャンの演奏。

今回の勉強会の後、制作室のスタッフは意識せず聴いている
主旋律中心の音楽の聴き方ではなく、極めて非日常的(?)な
副旋律中心の音楽の聴き方にチャレンジと相成ったのでした。

────────────────────────────────
~トピックス~

実はメイクアップシールにも音を意識したデザインがなされた
ものがあります。

2023-01-24-02.jpg

今では聞くことの出来ない電源車カニのディーゼルエンジン音です。
ボディを嵌めると、ほんの一部しか見えないエンジン部分ですが、
エンジンのデザインは極めて緻密で重厚なデザインを施してあります。

2023-01-24-03.jpg2023-01-24-04.jpg

例えるならば、カニという車両が主旋律に当たり、ディーゼルエンジンを
はじめとする内装がスタジオミュージシャンの演奏の副旋律に当たります。

2023-01-24-05.jpg

これらの内装はカニ特有の騒音をイメージしたため、極めて緻密で
重厚にデザインしたのですが、そのような音まで含めたデザインを
評価するのはお客様だけに、こういったアンビエンス効果の感覚的
知識をもっと意識的に学ぶ必要を痛感しています。


   

2022年9月用カレンダー公開


当店オリジナル2022年9月用の月カレンダーを
公開しました。

2022-08-31-01.jpg

今月のカレンダー画像は、近畿エリアで大活躍の
新快速シリーズの中からメイクアップシール製品化を
行っている「221系」「223系」、そして「225系」の
イラスト編成図になります。

なお、「221系」「223系」「225系」各メイクアップシール
シリーズも好評発売中です!

2022-08-31-03.jpg

「221系リニューアル車〈大和路快速〉基本4両セット」3,300円
(品番:TM-KN108)
「221系リニューアル車〈大和路快速〉増結4両セット」3,300円
(品番:TM-KN109)
「223系2000番台 2次車 新快速 8両セット」3,520円
(品番:TM-KN111)
「223系2000番台 2次車 新快速 4両セット」3,080円
(品番:TM-KN112)
「225系100番台 新快速 8両セット」3,520円
(品番:TM-KN113)
「225系100番台 新快速 4両セット」3,080円
(品番:TM-KN114)
(※上記販売価格は2022年9月時点のものです)

上記の221系と223系、223系と225系はそれぞれ併結運転も
行われていますので、実車にあわせた運行編成をリアルに
再現いただくことが可能です。

2022-08-31-02.jpg
各車両のイラスト先頭部分 左から「221系」「223系」「225系」

さて、カレンダーのデータはA4サイズのpdfファイルと
なっていますので、是非ダウンロードしてご活用ください。

2022年9月用カレンダーダウンロードはこちら>>
(※カレンダーのダウンロードは期間限定になります)
 


改めてデッキスペースにみる、そのデザインの重要性


特急や寝台列車などに乗車する場合、乗客が必然的に通過する
ことになるのが出入台です。一般的にデッキと呼ばれるスペースで、
本ブログでもデッキと呼称していきます。

前々回掲載の富塚通信「電源車~小さな窓から見える存在感~」では、
電源車の小さな窓ガラス部分からでしか見えない発電機に対して、
いかにこだわって再現しているかご紹介しました。

そして、そんな電源車の窓ガラス部分以上に模型の車内が見えにくい
部分があります。それが特急・急行用車両に設けられているデッキ
スペースです。

2022-08-28-01.jpg2022-08-28-02.jpg
乗降ドアの窓ガラスは小さいので…

しかし、鉄道ファンの間では連絡通路であるデッキ部分にも愛着を
感じられる方が意外にも多いようです。

製作室の長老が言うには、「デッキは音楽で例えるならばイントロで
あり、アウトロだ!」
曰くは、乗客が乗車時に1番はじめに目にするのがデッキスペースであり、
同時に降車する際、最後に目に留まるのがデッキスペースなのだから、
メイクアップシールでもキッチリとシール化しなければならない。
という事で、製作室でも客室スペースと等しくこだわりを持ってシール化を
行っている部分でもあります。

2022-08-28-03.jpg2022-08-28-04.jpg
左:151系こだまサハ150 右:181系とき・あずさサハ180

2022-08-28-05.jpg2022-08-28-06.jpg
左:485系ひばり初期型クロ481 右:485系ひばり初期型モハ484

日本初の特急型電車151系から、その後の181系、485系のデッキは、
基本的に薄いピンク色のリノリウム壁面が特徴的です。

その他にはごみ箱や消火器が設置されており、壁面には転倒防止用の
手すりと空調配電盤が。シンプルな構造ながら、国鉄時代のメカニック感が
堪らないデザインになっています。

尚、現在の鉄道車両の設計で考えられないのは、乗降ドアの前に
堂々と置かれたゴミ箱です。今では乗客の通行の邪魔になるという事で
壁面の中に埋め込まれているゴミ箱。

当時は構造的な理由と、恐らくは収納量の兼ね合いなどからゴミ箱が
独立していたのだと思いますが、シールでは付属パーツでこのゴミ箱
部分を再現できるようになっています。

2022-08-28-07.jpg2022-08-28-08.jpg
左:489系白山・あさまサロ489 右:489系白山・あさまモハ489

そのゴミ箱も489系のグリーン車では、いよいよデッキ壁面空間に
埋め込まれる事に。
ちなみに普通車の方では、従来通りゴミ箱が通路前にしっかりと
居座っています。こうしたゴミ箱の在り方の変遷に注目してみる
というのも、なかなか面白いと思います。

次に寝台客車のデッキ部分をご紹介します。

2022-08-28-09.jpg2022-08-28-10.jpg
左:20系オハネフ20 右:20系ナロ20

2022-08-28-11.jpg2022-08-28-12.jpg
左:24系25形はやぶさオハネ25 右:14系はまなすオハ14

寝台車のデッキは車両の構造によって、場所やその広さに
違いが顕著に表れます。

2022-08-28-13.jpg
581系、583系クハネ581・クハネ583

少し変わったところでは、昼夜兼用の特急形寝台電車581系と
583系電車クハネのデッキ部分などは寝台用と昼行用特急の
デッキが組み合わされたようなレイアウトをしていて興味深いです。

尚、メイクアップシールでは581系と583系の違いもシール化
してありますので、どちらの模型でも実車と同じ再現を実現
いただけます。

さて、ここからは比較的新しい電車へと話は進みます。
近年の列車ではデッキスペースに於いてもデザイン性が
重視されており、デッキに足を踏み入れた瞬間から思わず
車内空間に惹きつけられてしまう列車も増えてきました。

2022-08-28-14.jpg2022-08-28-15.jpg
左:E657系ひたち・ときわモハE656 右:スーパーはくとHOT7031

上の写真は「E657系」モハE656と「スーパーはくと」のHOT7031
デッキ部分です。どちら車両も床部分は客室と同一の意匠が
使用されており、壁面には木目調のパネルが使用されています。

こうしたところからも、昨今のデッキ内装の1つの特徴は客室との
統一感にあると言えるでしょう。
続いて掲載する画像は「787系つばめ」です。

2022-08-28-16.jpg2022-08-28-17.jpg
左:787系つばめクモロ787 右:787系つばめモハ786

「787系つばめ」は客室スペースも然る事ながら、デッキ
スペースも個性的且つ、主張の強いデザインとなっています。

ちなみに787系電車は1992年から製造された車両です。
1992年は国鉄がJRになって約5年後にあたりますが、
「つばめ」に限らず、90年代頃から車両のデッキスペースも
客室同様にデザイン性を持った独自の車両が登場してきました。

近年の車両のデッキ部分をシール化する場合、車両の一つひとつに
異なった壁面や床のデザインが採用されていて、シールデザインを
行う上で楽しくもあり、同時に大変な部分でもあります。

そうしたデッキスペースのシール化ですが、メイクアップシールを
お求めいただいたお客様からは、デッキ部分も再現することが
出来て良かったとの感想をいただくことも。

車両のボディを被せてしまうと、確かにあまり見えない部分では
ありますが、ぜひ車両ごとの特徴が表れるデッキスペースにも
シールを貼って、その再現をお楽しみいただければと思います。

「風景ジオラマと鉄道模型の走行」へ行ってきました

 
先日、2022年8月12日~17日の日程にて開催されていた、
新百合ヶ丘鉄道模型クラブ様主催のイベント
「風景ジオラマと鉄道模型の走行」へ行ってきました。

今回のイベントには当店のメイクアップシールを長年
ご愛用いただいているお客様が、お住いの関西から
初めて参加になられるということで、ご挨拶も兼ねて
お伺いさせていただきました。

本日のブログでは、新百合ヶ丘鉄道模型クラブ様の許可を
いただき、メイクアップシールを使ってリアル感溢れる模型
車内を表現した「Nゲージ車両:細密再現の世界」と、
会場に展示されていた各風景ジオラマを少しばかりご紹介
させていただきます。

2022-08-19-01.jpg
企画展示「Nゲージ車両:細密再現の世界」

展示模型は「14系寝台特急さくら」「急行銀河」そして、
「50系快速海峡号」がアクリルケースに展示されています。

一部の車両は車両のボディが外してあって、間近に見る事が
出来ました。

内装の加工はこうして手に取れる位置で、ボディを取り外した
状態でないと、なかなかそのこだわりが伝わり難いですので、
こうした展示方法は有難いと思いました。尚、さらにじっくりと
見てもらえるように拡大鏡も用意されていました。

2022-08-19-02.jpg
スハネフ14
寝台ベッドのだけでなく、ベッドの仕切りカーテンや浴衣まで
メイクアップした寝台には、寝台ベッドに寝そべる乗客と車掌さんの人形が。
「乗車券と寝台券を拝見します」という声が聞こえてきそうです。

2022-08-19-03.jpg
オロネ14
オロネには足の延ばしゆったりと寛いだ様子の人形が
配置されています。このフィギュアはこの為に
ご自身で着色をしたものだそうです。

2022-08-19-04.jpg
オシ14
食堂車もすごく賑やかに再現されています。乗客だけではなく
ウェイトレスに厨房ではシェフの姿も見えます。各テーブルに
飾られた一輪挿しは自作だそうです。

模型を見た方の中には「ここまで、やるのか!?」と、
笑い出してしまう方もいらっしゃったとの事。
確かに初めてここまで作り込まれたNゲージを見たら驚きを
通り越して笑ってしまうしかないのかもしれません。

製作者の方曰く、「模型に命を吹き込むように」シールを使い、
車内を再現していると仰っていました。
私たちスタッフも、ここまでメイクアップシールをご活用いただけ
ていると、直に知ることが出来てとても嬉しく思いました。
 
さて、ここからはイベント会場の風景ジオラマをご紹介します。

2022-08-19-05.jpg

2022-08-19-06.jpg

昭和40年から50年頃の懐かしの風景です。少し鄙びた駅舎も
郷愁を誘います。

気動車と蒸気機関車がまだまだ現役で活躍していました。
SLの乗った転車台と扇形機関庫が目を惹きますね。

2022-08-19-07.jpg

2022-08-19-08.jpg

打って変わってこちらは現代の大都市ターミナルを
再現したジオラマです。

レイアウトでは小田急「ロマンスカーMSE(60000形)」が、
長編成で疾駆していました。

2022-08-19-09.jpg

このジオラマでは車載カメラシステムセット搭載の電車も
走行しており、運転席からの走行風景をスマホで楽しむ事も。

現代の車両が走っていることもあってか、来場していた
子供達には1番人気があったように感じました。

2022-08-19-10.jpg

2022-08-19-11.jpg

こちらの2つのジオラマは他のものに比べると小さ目な
構成になっていますが、地元の江ノ島電鉄の沿線風景が
楽しめます。
紫陽花の中を往く箱根登山鉄道、風情があります。

次にご紹介するジオラマが最後になります。

2022-08-19-12.jpg

2022-08-19-13.jpg

新百合ヶ丘鉄道模型クラブ様製作の最新作ジオラマとの事で、
設定テーマは「晩秋の渓谷温泉街と酒蔵」

秋も深まる渓谷と、酒蔵を中心とした町並みが
再現された模型です。温泉街では川のほとりを
浴衣姿で歩く人の姿もありました。

秋を再現したジオラマというのは珍しいと思いますが、
却って新鮮な印象を受けました。ちなみに製作期間は、
なんと4か月ほどだったそうです。

2022-08-19-14.jpg

駅ホームに佇む1人の女子学生。昨今取り沙汰されていますが、
地方の赤字路線の問題で、もしかしたら今後、日本ではこうした
風景を見ることが出来なくなってしまうかもしれません。

2022-08-19-15.jpg
ジオラマ側面アクリル板越しに正面から撮影

会場に到着した時は蒸気機関車と2両編成の客車がゆっくりと
走っていたのですが、いつしかDD54にバトンタッチされていました。

イベントへ伺って感じたのは夏休み中の平日という事もあって、
子供と女性の方が多かったという事です。

これまではコロナの為、こうした人の集まるイベントは自粛の
期間が続きましたが、新百合ヶ丘鉄道模型クラブ様では感染
拡大防止を徹底しながら、年内では下記のイベントの開催が
決定しているそうです。

(1)2022年9月10日
東京都稲城市立第三児童館(稲城市下平尾)

(2)2022年10月1日
川崎市民活動センター(武蔵小杉駅そば)
“ご縁楽市”(中原市民館2F実習室)

(3)2022年10月9日
新百合ヶ丘駅前(新百合21)
“麻生区民祭”(区政40周年記念)

(4)2022年11月19~20日
川崎市宮前区宮崎子供文化センター

(5)2022年12月15~20日(※日程未定)
川崎市多摩区南菅子供文化センター
※ヨーロッパ諸国鉄道模型運転
モデルアイゼンバーンクラブ主催

気になる方は、下記のリンクから新百合ヶ丘鉄道模型クラブ様の
公式サイトをぜひチェックしてみてください!

新百合ヶ丘鉄道模型クラブ公式ホームページ>>
 
 

2022年2月用カレンダー公開

当店オリジナル2022年2月用の月カレンダーを
公開しました。

1月の「サンライズ出雲」に続いて、2月も伯備線を
往くシリーズになります。

今月は伯備線の顔と言っても過言ではない
「381系やくも」が登場。

2022-01-28-01.jpg

風景シーンはいわゆる「高梁川橋梁」です。
伯備線の風景を考える際に、高梁川は切っても
切れない存在です。

撮影スポットとしては第2や第3高梁川橋梁で撮影された
写真を目にする機会が多いように感じますが、ジオラマでは
井倉にある第7高梁川橋梁をモデルにしています。

カレンダーデータはA4サイズのpdfファイルです。
単線の鉄橋を駆け抜けていく「やくも」のカレンダー、
是非ダウンロードしてご活用ください。

2022年2月用カレンダーダウンロードはこちら>>
(※カレンダーのダウンロードは期間限定になります)