07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

製作室も桜満開 


現在製作室ではメイクアップした列車の撮影を行う為に
様々な情景シーンを想定したジオラマを制作中です。

さて、今年の桜前線の予想では関東地方の開花時期は
平年並みという事で、当店のある我孫子でもつい先日
見頃を迎えました。

本ブログを書いている4月10日は、宮城県などの東北
地方で満開となっているようです。
やはりこの時期は桜の開花予想に胸が躍ります。


そこで、今回の富塚通信では一部完成した桜満開の
ジオラマ風景をご紹介したいと思います。

2017-04-10-01.jpg
さくら~農村をゆくキハ~

ジオラマシーンは昭和の農村風景です。夜汽車の撮影も考慮し、
農村家屋及び街路灯にはLED加工を施してあります。

農家の周りや線路に沿って、10本以上の桜を植えて季節は
まさに春。ちなみに桜の前にあるのは林檎の木です。

ジオラマ製作に当たっては桜を始め、大量の樹木を
購入しましたが、樹木以上に地面に撒くフォーリッジや
ターフも大量に使用しています。

特にフォーリッジやターフは単調にならないように、
数種類の色の違うものを混ぜて使用しました。
そんな地面の上に桜の花びらが散っていて、いい味を
出してくれています。


そしてそんな農村をゆっくり走るのはキハ28とキハ58。
車内はもちろんメイクアップシールを用いてブルー
モケットの座席もメイクアップ済みです。

余談ながらこのキハ車両、ジオラマ制作に触発されて
車両全面に模型には成形されていないエアーホース
加工を行っています。

2017-04-10-02.jpg2017-04-10-03.jpg
エアーホース・タブレットキャッチャー・保護柵を取り付け

このエアーホースの成形はかなり精密なのですが、その分
パーツ自体が細かい為に加工はかなり大変でした。
更にはエアーホースに止まらず、タブレットキャッチャーと
保護柵も取り付けてしまいました!

ジオラマにこだわっていると、そこを走行させる車両にもこだわり
たくなるものですね。ちなみにキハのグレードアップ加工の決行に
関しては、決して筆者が桜前線北上のニュースに浮かれていた
せいではありません。

さて、今回は時期的に桜満開の農村風景のジオラマを
ご紹介しましたが、今後農村以外のジオラマ風景を
利用した写真も随時お届けできればと考えておりますので、
どうぞお楽しみに。


 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 鉄道レイアウト

Posted on 2017/04/10 Mon.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

ジオコレで寺院建立 

今回はそんな素晴らしいジオコレお寺A・B・C3点セットを
使って、寺院ジオラマ製作のご紹介です。

尚、ジオラマ製作の前に、本堂と五重の塔には加工を施して
LEDを組み込んでおきました。
同じジオコレの建物シリーズ「神社」の本殿には、光が漏れる
照明窓があったのですが、寺院の方は完全密封式です。
しかも素材そのものに厚みがあったので、果たしてLEDの効果が
どれ程あるのかは疑問もありましたが、とにかくリアリティを
追及すべしという事で床下部分に穴をあけて、基盤を取り付けました。

jiin05.jpg

因みに結果だけを述べると、残念ながら五重の塔は殆ど照明の
意味がありませんでしたが、本堂の方は思ったよりも良い雰囲気
に照明効果がでています。


さて寺院レイアウトで先ず重要になるのは、本堂・鐘楼・楼門・五重
の塔の配置です。
これは実際の寺院仏閣の配置などを参考にしながら、バランスを
大切に設置します。

jiin06.jpg
建物と同時に樹木も置いてみて配置確認をしています。

本堂・鐘楼・楼門・五重の塔の配置が決まれば後は、寺院には欠かせない
大木や石碑に石畳、池や柵を作って、最後に白いバラストを撒けば完成です。
尚、今回の木は寺院コレクションと同じくジオコレの情景コレクションから杉と
黒松を使用しました。

jiin07.jpg

文章で書くと簡単ですが、上記の小物作りや、池の製作などで現実には
2週間以上の製作日数がかかっています。
寺院の組み立て時間は1時間だったことを考えると、えらい時間差ですが、
ジオラマの出来栄えは細部に宿るので手は抜けません!

そんな長い作業中、このお寺コレクションは、実にオールラウンドな日本的な
寺院の表現が可能な製品だという事を感じたりもしました。
例えば本堂だけで鄙びた田舎のお寺さんを再現することも出来るでしょうし、
反対に大伽藍を備えた格式ある都市部の大寺院でも、リアルに再現することが
可能です。ジオコレお寺A・B・C3点セットは、まさに日本寺院のド真ん中を
おさえた製品と言えるのかもしれません。

jiin08.jpg

因みに今回筆者が製作したジオラマは、関西地方にある有名な寺院を
意識していたりします(見る人が見れば分かるかもしれません)。

jiin09.jpg

最後に、アクセントとして人物を置くと更にお寺さんらしくなります。

余談ですが、作り終えてみて、予想よりも随分と観光名所のお寺さんみたいに
なったなぁという印象がしないでもありません。
一つの手として、白いバラストではなく土を再現すれば、また違った雰囲気の
お寺さんレイアウトが製作できたと思います。



最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 鉄道レイアウト

Posted on 2010/03/21 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 2  

ジオコレお寺A・B・Cの3点セット 

情景レイアウト製作も着々と進行し、現在のところ沿線の
レイアウト製作に日夜、精を出している岡本です。

スペースの問題に悩まされながらも、なんとか印象に残る
町並みを再現できないものかと、各メーカーのストラクチャーを
物色していたところコレを発見してしまいました。

ジオコレの建物コレクション「お寺A・B・C」です。

ジオコレといえば比較的リーズナブルなお値段で購入できる
製品が多いのですが、お寺コレクションはなんとメーカーの定価が、

・お寺A(本堂)が¥2,625
・お寺B(鐘楼・楼門)も¥2,625
・お寺C(五重の塔)に至っては¥3,675
とかなり高価なシリーズです。

多少の逡巡はしたものの、レイアウトの出来栄えには変えられないと
3セットとも購入することを決意。

しかし、メーカーのホームページでは既にお寺A・Bはメーカー在庫
なしという表記が…。
五重の塔しかないお寺さんは流石にないと思い、なんとかお寺Aの
本堂だけでもないものかと富塚商会さんへ問い合わせてみると、
なんと3セットとも在庫があるとのこと。
こうした経緯で無事、お寺A・B・C3セットを入手することができました。

jiin01.jpg

さて、気になるお寺A・B・Cの出来栄えですが、価格も多少
高価なこともあり、期待と不安があったジオコレお寺3点セット
ですが、いい意味でやってくれました!

jiin02.jpg
jiin03.jpg

先ず着色そのものに適度にウェザリングが施されていて、寺院の
歴史を感じさせてくれます。
しかも組み立ては、一切接着剤や工具を使うことなく、すべて
手一本だけで簡単に組み立てる事が出来るのです。

特に感心したのは、水道場のひしゃくや蛇口の金属部分など
本当に極小な個所もしっかりと色分けされていたことです
(是非、実際に購入頂き、この丁寧な仕事に感動して頂きたい
ほどです)。

jiin04.jpg

組み立て作業は、トータルで1時間もあれば終わってしまいました。
もはや、何処にも手を加えることは出来ない程の完成度でした。

次回は、お寺3点セットを使った寺院ジオラマ製作をご紹介します。


最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 鉄道レイアウト

Posted on 2010/03/20 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

GM保線用車輌 

岡本です。10月20日掲載のブログにて紹介しました通り、車輌の収集が勢い余って、
急遽車輌基地をレイアウト上に増設し、GREEN MAXの電車庫を2つ程配置したわけ
なのですが、今回は更に同じくGREEN MAXの「保線車輌と詰所43」を作ってみました。

hosyatume01.jpg


今回、保線車輌を製作するにあたって、家から程近いJRの車輌基地に赴き、
実車の保線車輌を偵察してきました。
タイミング良くGREEN MAXの保線車輌とタイプの似ている保線用の車輌が停まって
いました。GREEN MAXの車輌の方が若干古い型の様ですが、細部のディテールや
配色の確認をする上で問題はありませんでした。

但し、GREEN MAXの保線車輌には保線用ディーゼル機関車とは別に、保線用具運搬車
とレール交換運搬車も付属しているのですが、こちらは残念ながら実物を確認できません
でしたので、写真を参考に塗装しました。

先ずは、保線用車輌ではなく詰所を作成。特に難しい事はありませんが、
これも後で内部をLEDで照明できるように穴をあけてあります。

hosyatume02.jpg



保線車輌の塗装には、サーフェーサーを使用してからMr.COLORの113番RLM04
イエローを使用。派手過ぎず、地味過ぎず、丁度良い警戒色を出してくれています。
又、今回少し悩んだのが足回りの色の配色なのですが、中央にあるハシゴの部分
だけ、RLM04イエローで、それ以外をフラットブラックで塗り分けました。
これは実車を見に行ったのが活きました。

hosyatume03.jpg

保線用具運搬車とレール交換運搬車の荷台部分の表面はどうやら木目になっている
みたいなので、1度茶色系統の色で着色をしてから、全体のバランスをとる為に、
イエローを薄めにエアーで吹いています。

製作そのものは、然程難しくはありませんが、完成した時の大きさもディーゼル機関車で、
全長が約4cmと意外に小さめですので、運転台のガラス窓を張るのは少し緊張しました。
とにかくゴム系の接着剤を付けるスペースが殆どありませんので、本当に極僅かな接着剤
を慎重に付けて接着をする必要があります。もう、何ミリの世界です。

hosyatume04.jpg



そんなこんなで、投光器や点滅灯を始め、金属部分等に筆を入れて完成した保線用車輌たち。

hosyatume05.jpg



車輌基地といえばやはり、電車庫や修理基地に洗浄台などの設備に始まって、各詰所などの
建物が主役だとは思います。
しかし建物とは違った存在感で保線用の車輌達は車輌基地の情景アップに役立つ存在です。
特にGREEN MAXの保線車輌は、価格も手頃でしかも簡単に作れるので皆さんも1輌いかがで
しょうか?

hosyatume06.jpg
詰所(手前)と保線車輌です。
写真のレイアウトは、まだ未完成ですのでバラストなどは撒いてありません。
現在、着々と車輌基地製作は進行中ですので、今後機会があればご紹介して
いきたい思っています。


hosyatume07.jpg

そうです!線路の上を走っているのは電車だけではありません。
尚、もちろん保線車輌は走行しません…念のため。



最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 鉄道レイアウト

Posted on 2009/11/06 Fri.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

車輌基地に必須!電車庫をグレードアップ!! 

岡本です。現在「シェルパと称された機関車たち」を連載中ですが、今回1回だけ
「シェルパと称された機関車たち」をお休みさせて頂き、電車庫を中心とした
車輌基地製作にお付き合い下さい。

dennsyako201.jpg




─ 急遽、車輌基地を増設してみたものの… ─

ふと気が付けば、本業であるデザイナーとしての表現力を
磨くべく、情感溢れるレイアウト作りに励み過ぎてしまい、8畳の部屋
いっぱいにレイアウトを拡張してしまいました。
その結果、目の前には長編成の車輌が、何本もレイアウト上を
走り回っています。

たった今、レイアウト上を走行しているだけでも、
・スハ44系つばめ 13輌
・151系こだま 12輌
・20系 ブルトレ 7輌
・10系 寝台急行 9輌
・583系 10輌
・24系 北斗星 11輌
・24系 25形ブルトレ 9輌
・そして今回KATOから発売された14系 14輌
といった車輌達が、活躍しています。
筆者がNゲージを始めてから未だ数ヶ月しか経っていませんが、父と私そして
妹がそれぞれ車輌を集めている為に、あっという間に車輌がたまってしまいました。

これはまずいと急遽、レイアウトの一部に、長編成に対応できる3メートル50センチ
もの複数の引き込み線を設け、車両基地製作という荒業を敢行したものの、やはり
車庫や詰所、信号所などの設備がないと様になりません。
またレールやストラクチャーの配置を考える上で、比較的大きな車庫の位置は、
優先的に決めておかないと他のレールやストラクチャーの配置も決められません
ので、先ずは車輌庫の選定をすることとしました。




─ 実感的でありながら、主役の車輌を惹き立てられるデザイン ─

さて、車両庫ストラクチャーといっても機関庫と電車庫の選択肢がありますが、
ここは共用させられることを前提に電車庫を選択し、後はKATOやTOMIX、
TOMYTEC、グリーンマックスといったメーカーの選択肢です。
判断基準は、車両基地の規模から車庫長の長い製品である事と比較的新型
車両でも合うデザインの製品に絞りました。
その結果、選択したのがグリーンマックスの電車庫です。グリーンマックスの
電車庫は近現代的でありながらも若干の古さを感じさせるデザインが、比較的
幅広い年代の車輌に似合うと思ったからです。
筆者の家の車輌達はスハ44系つばめであったり、151系こだまに24系ブルトレと、
幅広い時代に跨る車輌が多いこともあり、今回はグリーンマックスの電車庫を
購入することにしました。

実は以前に、同じグリーンマックスの車輛修理工場(No.38)を買ったこともあり、
単純にグリーンマックス製品の完成したスタイルが個人的にはとても気に
入っているということもあります。
又、普通に組み立てた場合のサイズも、KATOやTOMYTECは車輌1輌分の
長さしかありませんが、グリーンマックスの場合は、2輌分が余裕を持って入る
だけの長さがあります。これは、製作をしてみると中々迫力があります。
ということで、今回グリーンマックスの電車庫(No.19)を富塚商会にて2つほど
購入しました。


dennsyako01.jpg


言わずもがな、グリーンマックスの電車庫はキットになった製品です。
従って1つ1つのパーツがそれぞれ成型されていますので、パーツの細かさや
立体感が違います。

dennsyako02.jpgdennsyako03.jpg

dennsyako04.jpgdennsyako05.jpg
壁面の雰囲気や雨樋の具合がいい感じです。屋根も電車庫という感じがします。
因みに、正面のドアは勿論、側面の人の出入りするドアも手動で動かせます。

当然、塗装も自分で出来る(しなければいけない)ので、レイアウトのバランスを
見ながら好みの色合いに着色することができます。
この電車庫は、先にも紹介した通り2車輌分の長さがありますが、そんな大きさも
含めて、実感的でありながら、主役の車輌を惹き立てられるデザインがグリーン
マックスの特徴だといえるでしょう。

dennsyako06.jpg


因みに電車庫の製作は、簡単お手軽とは言えませんが、決して難しいものでは
ありません。但し、採用しているレールシステムによっては、改良も必要になるので
注意が必要です。

dennsyako202.jpg
レールの中心から、もう一方のレールの中心まで3cm。フレキシブルレールを前提に
サイズが設計されています。

今回筆者は、縦10cm横60cm厚4mm程度の木材をベースに電車庫を配置し、
フレキシブルレールを敷設して部分的な1つのレイアウトとして完成させた上で
KATOのジョイント線路(20-045)を使って、メインのレイアウトのレールと接続させる
方法を採ったのですが、フレキシブルレールを使わない場合は、レールの道床の
高さや幅が問題になることがあります。
組み立てる前に、確認しておいた方が良いでしょう。




─ 電車庫をグレードアップ ─

さて、ここからは実感的なグリーンマックスの電車庫の完成度を更に高める
カスタマイズを少し紹介していきます。


「1」LED化

車輌、ストラクチャーを問わず、今やLEDを使った照明化は欠かすことが出来ない
カスタマイズになりました。電車庫に関しては、木材で電車庫内の鉄骨に見立てて
梁を作り、そこに白色のチップLEDを3個を使用しました。
因みに、車庫内で車輌が脱線した時などに備えて、木材の梁は簡単に取り外しが
可能な構造になっています。

dennsyako07.jpgdennsyako08.jpg



あとは、コードを通す穴がありませんので、ピンバイスを使ってベースにしている木ごと
穴を開け、コードそのものは目立たないように、着色したパイプに通してあります。

dennsyako10.jpg


LEDを発光させた状態です。LEDは白色なのに、内側の塗装した色を反射してか、
若干色が青みがかって見えます。

dennsyako09.jpg




「2」洗浄台を設置する

よく見ると、電車庫の床に6つずつ四角い枠があります。この枠にグリーンマックスの
洗浄台がグリーンマックスの洗浄台がピッタリと設置できるようになっているのです。

dennsyako011.jpg


因みに、電車庫には洗浄台を最大で6個まで設置可能ですが、洗浄台1箱には、
4つしか洗浄台が入っていません。
もし電車庫に6つの洗浄台を設置する場合は、洗浄台は2箱購入しましょう。
また、洗浄台と電車のスペースはそれほど間がありませんので、少し歪んでしまうと、
洗浄台に車輌が擦ってしまうこともあります。
洗浄台を設置する場合は、車輌を入れてみて、しっかりと確認する事をお勧めします。

dennsyako012.jpg



「3」車止めを設置する

電車庫の一番奥に車止めを設置してみました。この車止めはKATOの車止め線路C
(20-048)の車止め部分を取り外し、カッターで加工してあります。

dennsyako013.jpgdennsyako014.jpg



「4」車輌基地レイアウトに架線柱などを設置する

先にも書きましたが、今回は縦10cm横60cmのスペースに電車庫を置いて、車輌基地
としてレイアウトを製作していますので、電車庫の前に、基地の雰囲気を盛り上げるべく、
グリーンマックス三燈式信号機(No.81-600)やTOMIX単線架線柱(3003)、KATOの
側溝(23-227)を使い、バラストを撒いて車輌基地を再現しています。
三燈式信号機に関しては本来ならば入換信号機(津川洋行LA-12)を選択すべきなの
でしょうが三燈式信号機の方が全体の立体感が出る気がしたため、あえて選択しました。
又、構内踏み切りもしっかりと再現してみました。比較的簡単に作れて、思いの他効果は
抜群!

dennsyako015.jpg

この様に、キット製品はアイデア次第で手を加え易いというメリットがあります。
こうしたメリットを活かして、リアリティ溢れる車輌基地を作って、所有している
Nゲージの展示用ジオラマを製作してみるのも楽しいかもしれません。
また、今回のレイアウトでは使用しませんでしたが、以前の富塚通信にて紹介した
構内灯などの照明アイテムを導入すれば、夜の車輌基地もリアルに再現できます。
構内灯の製作に関しては、今年の7月28日付けの富塚通信にて紹介していますので、
そちらも合わせてお読み下さい。

dennsyako016.jpgdennsyako203.jpg


また、今回製作した電車庫ジオラマを富塚商会にて展示しています。
製作に使用したパーツとその価格も分かるようになっていますので、興味のある方は
是非店頭にてご覧下さい。



最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 鉄道レイアウト

Posted on 2009/10/20 Tue.   edit  |  tb: 0   cm: 0