05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

あの頃の風景~普通寝台列車に寄せて~ 

―今度の汽車は何分ですかね?
―今度の汽車は12時半だね。
かつては日常的に交わされていた会話であるが、もはや
聞かれることもなくなってしまった会話風景。

「汽車」という言葉を聞くと、まず蒸気の機関車が思い浮かびますが、
昭和30年代~50年代国鉄全盛期は、旧型客車など列車全般の
ことを「汽車」と呼称していたまさに「汽車時代」でした。

10系客車が機関車に牽引され全国各地で活躍しており、旧型客車は
床や窓枠、車内壁面が木目調で、塗布されたニスの匂がする木が持つ
特有の落ち着いた雰囲気を持つタイプと、リノリウム調の新しい
近代化した小奇麗な雰囲気を持つタイプが混合して走っていました。


────◎トピックス◎─────────────────────────────

当時鈍行と言われた普通列車でありながら
寝台車を連結した「はやたま」「山陰」「ながさき」の編成


「はやたま」 天王寺・和歌山-名古屋間
牽引機:天王寺-新宮:EF58 新宮-亀山:DF50 亀山-名古屋:DD51
2012-08-24-01.jpg
1978(昭和53)年~1984(昭和59)年に、名古屋~天王寺間で運行。新宮から
天王寺区間ではB寝台を連結していた。もとは1974年から「南紀」の名称で
運行していたが、特急列車に「南紀」の名を譲って「はやたま」の名が付けられた。
1984年に運転期間が新宮駅間へと短縮され、寝台連結が解除された事によって
「はやたま」の列車名称がなくなった。「はやたま」という列車名は和歌山県の
熊野速玉大社がその由来となっている。


「山陰」 京都-出雲市間 牽引機:DD51
2012-08-24-02.jpg
1975(昭和50)年~1985(昭和60)年まで、京都~出雲市間で運行。終着駅まで
およそ半日近い時間をかけて走行していた。尚、定期普通列車から普通寝台列車
扱いに変更というのは、他に例がなかったため一時話題となった。普通寝台列車の
中で、1番最後まで残ったのがこの「山陰」だった。


「ながさき」 門司港-長崎・佐世保間 
牽引機:門司港-鳥栖:ED76 鳥栖-早岐:ED76 早岐-長崎・佐世保:DD51
2012-08-24-03.jpg
1976(昭和51)年~1984(昭和59)年まで、門司港駅~佐世保駅・長崎駅間で運行。
大村線経由で運転していた際に、無名列車がこの「ながさき」の名称を与えられた。
他の普通寝台列車と同じく、1両B寝台を連結したいた。
─────────────────────────────────────────

この当時の客車列車は連結部踏み板や発電機の独特な騒音といえる音や、
ギッシギッシと大きく軋む振動がつきものでしたが、夏には開け
放たれた窓から入り込んできた風が少しの涼を感じさせてくれ、駅弁を
食べながら車窓から見る風景を楽しみ、ゆったりと進む長時間かけて
ゆっくりと進むその時間は、オレンジ色の電灯に照らされた車内と共に、
近代の「電車」では味わうことのできない温かみと旅情が感じることが
できました。


現行の列車の中で、「旅」という言葉と結びつく列車で思い浮かぶのは
「カシオペア」や「北斗星」「トワイライトエクスプレス」のような豪華寝台客車が
浮かびますが、これらの列車には「旅行」という言葉の方が近く、どうにも
かつての旧型などに感じた「旅」というニュアンスとはかけ離れている
ような気がします。
なにより目的地や時間などが決まり、その範囲でしか行動できないと
いうのは「旅」ではなく「旅行」という言葉の方がしっくりきます。

「旅」における醍醐味は、時刻表を片手に発車時間や通過の時間を調べつつ、
自分の身一つで足の向くまま、心の赴くままに自由に自分の時間を存分に
使うことができる事です。
しかし「旅行」の場合時間や目的地に縛られている訳であり、特に豪華列車
に乗ってしまえば、ふらりと心惹かれたところに途中下車など出来よう
ものではありません。
そういう意味ではかつて存在した「旅」のスタイルは今ではほとんど
できなくなってしまったものだといえるでしょう。

もしかしたら旧型客車や10系などの車両編成に惹かれるのは、当時の
ノスタルジーあふれる雰囲気と共に、ごく当たり前に行われていた
「旅」のもつ自由さや解放感などをなんとなく感じ取って、惹かれる
のかもしれません。

また、レイアウト上ならば当時の編成を揃えることでその当時に存在
していたノスタルジックな雰囲気を味わうことが可能です。
しかも最近の車輛はクオリティもあがり、かなりリアルに近い車両
となっているので、ますます実車の雰囲気を投影しやすくなりました。

さらに、内装にまでこだわると、木目調タイプの木の質感やリノリウム調の
雰囲気などそれぞれが持つ特有の雰囲気がさらに表現され、より実車の
持っていたノスタルジックさを感じることができます。

自分のレイアウトの上で、当時の雰囲気に近い編成を
再現できるのはやはりワクワクするものです。
最近になって旧型や10系といった客車が再販されたのも、
そうした雰囲気を求める方が増えたからかもしれませんね。

旧型時代のノスタルジックな雰囲気を再現させるため、
車内内装を充実させるメイクアップシールセットはこちら
2012-07-21-pack02.jpg
「旧型客車 普通列車 8両セット」 \2,940
スハニ32・オハフ33・スハフ42・ナハフ11・オハ35×2両
・オハ47(オハ46・スハ43)×2両
に対応
木目張りタイプとリノリウム張りタイプの両方が梱包されているので
好きな方を選べ、当時の普通列車の再現には最適です!


2012-07-21-pack01.jpg
「10系寝台客車 8両セット」 \2,520
オハネフ12×2両・オハネ12(スハネ16)×3両
・オロネ10・スロ62・オシ17
に対応

その他、詳しくはこちらまで
ホームページ>>>


  
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 旧型客車

Posted on 2012/08/24 Fri.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

旧型客車メイクアップシール発売! 

富塚オリジナルコレクションメイクアップシール
今回の新作は昔懐かしい「旧型客車 普通列車 7両セット」です!


旧型客車スハ43、オハ35系はJR民営化直前まで全国の幹線、
ローカル線の普通列車、いわゆる鈍行に使用されていました。
現在でも津軽鉄道や大井川鉄道で現役として活躍しています。

tocmuskkyuhu01.jpg

さて旧型客車と一口にいっても、その設計や材質は戦前と戦後では
大きく異なっています。
戦前では床や壁面が板張り素材にニス塗装だったものが、戦後に製造、
改修された車両ではリノリウム張りへと変更されています。

メイクアップシールでもこの点を考慮し、新旧どちらの製造時期の
内装も再現可能なように、本メイクアップシール対応車両すべてが板張り、
リノリウム張りどちらの再現も可能となっています。

tocmuskkyuhu02.jpg
・オハ35×2両 ・オハ47・スハ43×2両 ・スハニ32
・オハフ33 ・スハフ42の計7両に対応しています。
 


tocmuskkyuhu03.jpg
オハ35

tocmuskkyuhu04.jpg
スハニ32 オハフ33
荷物室と客室の違いも再現可能!


tocmuskkyuhu06.jpg
板張り素材の壁面とリノリウム素材の壁面両対応です。
さらに床や背もたれの枠も2タイプをご用意。
お好みに合わせてシールをお選びください。


tocmuskkyuhu05.jpg
室内照明灯を取り付けたオハ47


主な旧型列車の編成としては、

○東北本線 (黒磯~仙台間)
オハフ33・オハ47・スハ43・スハフ42・スハフ42・スハ42・
スハ43・スハ43・スハフ42


○常磐線 (上野~仙台間)
オユ10・オハフ45・オハ47・オハ46・スハ43・オハ46・
オハ46・オハ47・オハ46・スハ43・スハフ42


○山陰本線 (大阪~浜田間)
マニ50・スハフ42・オハ47・オハ46・オハフ33・オハフ33
などが挙げられます。


メイクアップシール 「旧型客車 普通列車 7両セット」
販売価格は、¥1,890で、明日10月4日発売です!
 



詳しくは、ホームページをご覧ください>>> 


最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 旧型客車

Posted on 2010/10/03 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

みちのくは旧型客車のパラダイス 

今から25年前、東京駅には真新しい車体の185系が入線しており、
特急から各駅まで幅広く使用されていました。
一方、東北本線の黒磯以北においては、ED75牽引の茶とブルー
混合の旧型客車を使用した普通列車がいまだ幅を利かせていました。

その頃筆者は、早朝上野駅から特急ひばりで黒磯まで行き、その先を
旧型客車普通列車に揺られながら、東北・奥羽・仙山・常磐線という
ルートで旧型客車の旅を幾度となく満喫したものでした。
今振り返ってみると旧型の客車による旅情は忘れ難いものであり、
あの時感じたノスタルジックな感覚は、今となっては二度と味わえない
貴重なものとなってしまいました…。

そこでせめてNゲージにて、当時のノスタルジックな客車の雰囲気を
再現したいと思い、KATOから単品にて販売されている旧型客車を
使ったメイクアップシール「旧型客車用 メイクアップシール(仮名)」
試作してみました。

kyued75kyaku01-02.jpg
KATOのED75牽引による旧型客車編成を再現
客車も前から同じくKATOのスハニ32、オハフ33、オハ47、スハフ42旧型客車
ED75は富塚オリジナルコレクション「グレードアップパーツ」を使用


対応客車は、スハニ32・オハ35・オハフ33・オハ47・スハ43・スハフ42
6両を予定していますが、本日は上記予定車両の内、スハニとオハフの
試作が完成しましたので一足先にご紹介させて頂きます。

kyued75kyaku02.jpg
手前オハフ33・奥スハニ32

kyued75kyaku05.jpg kyued75kyaku06.jpg
今回のシールの特徴は、何と言ってもメイクアップシール初採用の
板張りの床再現です。

写真左:板張り 右:リノリウム張り

kyued75kyaku07.jpg
板張りとリノリウム張りのシール拡大図。一番下はトイレのタイル床

旧型客車の内装を大きく大別すると、板張りとリノリウム張りに分かれます。
当時の列車編成では、この2種類の車両が混在して運用されていました。
メイクアップシールでは、板張りとリノリウムの質感を好みに応じて選択が
可能なようにしてみました。
また、便所・洗面の床は実車がタイル張りであるためこれを忠実に再現して
います。


kyued75kyaku04.jpg
室内照明セット装着済みのオハフとスハニ

茶とブルーの混合編成は、ノスタルジーの象徴といっても過言ではないかも
しれません。旧型客車用メイクアップシールにより、往時の混合編成の
内装の違いをも再現可能にしました!


旧型客車対応メイクアップシールは近日発売予定です。
詳細が決まりましたら、ブログにてお知らせいたします!



追伸───────────────────────────

ここで少しだけED75について触れようと思います。


ED75は言わずと知れた交流標準機で、その性能のマルチさから高速優等
列車から急行列車、普通列車また高速貨物から一般貨物列車までと実に
幅広く運用され、まさに交流機の標準機に相応しいものでした。

その為東北本線においては、どの列車の牽引もすべてED75となり、
多種多様な牽引機が顔を揃えていた東海道・山陽線のようなバリエーション
には欠けてしまいました(一部の区間でED71の補機運用が見られたものの
ED71の補機運用もED75による補機に置き換えられていった)。こうした
ところでもED75の優秀さが証明されたのだと言えなくもありません。

さてそんなED75も現在では、EF81にその座を追われED75の旅客運用は
なくなり、貨物列車の運用のみとなっています。その貨物もEF81や
最新のEH500とEF510などに切り替えが進んでいます。
今では残念ながら東北、常磐筋などで見られた黄金期の活躍の面影は
見受けられません。
しかしだからこそED75牽引のブルトレや、10系寝台客車を従えて疾走して
いたあの黄金時代を再現したくなるのもNゲージモデラーのファン心理でしょう。

kyued75kyaku08.jpg
急行の新星10系寝台客車を牽引するED75

kyued75kyaku09.jpg
20系を牽引するED75 ゆうづるのヘッドマークが輝いています

 富塚オリジナルコレクション「グレードアップパーツセット」では、
そんな「ED75用」のグレードアップパーツも発売中です!
 


kyued75kyaku10.jpg
左がグレードアップパーツ装着 エアーホース・解放テコ・ED75は
ジャンパホースが2本


kyued75kyaku11.jpg
斜めの角度から。車輪部分に速度検出装置

グレードアップパーツを使用すると、ED75特有の重量感、存在感をさらに
際立たせることができます。

詳しくはホームページをご覧ください>>> 


最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 旧型客車

Posted on 2010/09/21 Tue.   edit  |  tb: 0   cm: 0