05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メイクアップシール新商品情報~キハ52~  


本日の富塚通信は、新商品メイクアップシールについてお届けします。
今回の新商品メイクアップシールは、前回発売したキハ58系+キハ65に続いて、
キハ52系の登場です。

2018-05-16-001.jpg

この度シール化を行ったのは、KATOから2012年に発売された
「キハ52系」単品セット。

「キハ52」といえば、キハ20系を基にローカル線山岳路線用として製造された
両運転台のエンジンの馬力が強い列車です。
2010年3月には大糸線で運用していたJRでは最後の運用が終わり、
糸魚川駅で行われた「キハ52 さよなら運転出発式」で駅が賑わいました。

さて、その内装に関してはほとんどがボックスシートで、
端にセミロングシートという座席構成になっています。

◎キハ52普通車◎
2018-05-16-002.jpg
2018-05-16-003.jpg2018-05-16-004.jpg

◎キハ52モーター車◎
2018-05-16-005.jpg
2018-05-16-006.jpg

また、今回のキハ52系は普通車とモーター車の2両セットで、対応車両は
「品番:6042-1 キハ52 一般色」/ 「品番:6042-2 キハ52 首都圏色」 と
「品番:6041-1 キハ52 一般色 (M) 」/「品番:6041-2 キハ52 首都圏色 (M) 」
というメイクアップシール史上もっとも少ない構成車両となっています。

そして今回も、座席モケットの色を青モケットと茶モケットの2タイプから
好みの方を選ぶことができます。


2018-05-16-007.jpg2018-05-16-008.jpg

2基エンジンの強力さから、ローカル線向けとして長らく運航してきたキハ52。
レイアウトに乗せるなら、山岳地帯のトンネルや渓谷にとても映える列車です。


2018-05-16-009.jpg

「キハ52系 2両セット」\2,200(税抜)
(※上記販売価格は、2018年5月時点のものです)

メイクアップシール「キハ52系」本日より店頭発売開始です。
また、メールでの注文も本日より受け付けています。
ご注文方法等、詳しくは当店公式ホームページをご確認ください。


     
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: キハ

Posted on 2018/05/16 Wed.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール発売情報~キハ58系+キハ65~ 

 
先日、富塚通信にて詳報をお伝えしました新製品メイクアップシール
「キハ58系+キハ65 5両セット」、本日より店頭発売開始!

2018-04-22-01.jpg

今回の「キハ58」対応模型は下記の通りとなります。

<KATO>
品番:10-1464「キハ58系 4両セット」
・キハ58・キハ58(モーター車)・キロ28・キハ28

品番:6117:キハ65
・キハ65


2018-04-22-02.jpg
手前から単品キハ65、キハ58、キハ28、キハ58(動力車)、キロ28

キハ58は青モケット、キハ28は茶モケットになっていますが、
キハ車両は全車が青モケットと茶モケットのシール選択が可能です。

シールの詳細につきましては、前回の富塚通信
「メイクアップシール新製品情報~キハ58系+キハ65~」をご覧下さい。

2018-04-22-03.jpg2018-04-22-04.jpg
キハ58

2018-04-22-05.jpg2018-04-22-06.jpg
キロ28

各地の非電化区間にて長く活躍したキハ58。
1970年代頃の国鉄時代のベーシックなキハの車内内装を
メイクアップシールでお楽しみください!

2018-04-22-07.jpg
左:新製品キハ58パッケージ 右;従来品キハ58パッケージ

NEW
「キハ58系+キハ65 5両セット」\3,600(税抜)
(※上記販売価格は、2018年4月時点のものです)
 
 
尚、メイクアップシールでは以前のキハ58単品販売車両に
対応したシールパッケージ「キハ58系 5両セット」も発売中です。

「キハ58系 5両セット」\3,400(税抜)
(※上記販売価格は、2018年4月時点のものです)

パッケージ名は共に「キハ58系」とあり、どちらも5両セットと
なっていますが、対応車両の形状はかなり異なっています。

まず、目が行くのが車両先頭部分の成形で、リニューアル版の
キハ58はかなりシンプルな作りとなっています。

2018-04-22-08.jpg
今回リニューアル発売されたキハ58

2018-04-22-09.jpg
2年前に発売されたキハ58

これは発光部品がそれまでの電球からLEDへと変更されたことに
由るものだと思われますが、電球に比べてスペースを取らないタイプの
LEDが普及したことで、模型成形もより自然な形で再現可能になって
きた事を実感することが出来ます。また、車両後位側の壁面成形も
無くなっています。

さて、以前の「キハ58系 5両セット」対応車両は各単品模型
「品番:6048 キハ58(M) 」「品番:6049 キハ58 (T) 」
「品番:6050 キハ28」「品番:6051 キハ65」
「品番:6050 キロ28」 の5両対応となります。

本日発売のリニューアル「キハ58」対応メイクアップシールは、
商品名の「キハ58系」の後に「+キハ65」が付きます。
 
ご注文時は対応模型の品番をご確認いただき、正式な商品名を
お伝え下さいますようお願い致します。
 
 
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: キハ

Posted on 2018/04/22 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール新製品情報「キハ58系+キハ65」 


今年の3月、KATOからフルリニューアルで製品化されたキハ58系シリーズ
キハ58系といえば国鉄時代、幹線からローカル線に至るまで気動車の
クイーン的な存在でした。

2018-4-19-01.jpg
全国の急行網で活躍したキハ58

今回のメイクアップシールは、このフルリニューアルされた「キハ58系」用の
メイクアップシールを製品化致します。
 
シール化を行ったのは、KATOの品番:10-1464「キハ58系 4両セット」と
単品販売の品番:6117「キハ65」の5両となります。
 
早速ですが、本日の富塚通信では「キハ58」の詳報をお届けします。

◎キハ58・キハ28◎

北海道から九州まで幅広いエリアで使用するため、各地ごとの気象条件や
線路状況に応じた形式で製造されたキハ58系。
その中でも本州・四国・九州向けのキハ58形は標準といえるタイプです。

2018-4-19-02.jpg

座席のモケットは実車に合わせて青色と茶モケットをご用意しました。
各車両2タイプから選べます。お好みのモケットを貼付して下さい。

2018-4-19-03.jpg2018-4-19-04.jpg
モケットの色が変わると雰囲気もガラリと変わります

また、モーター車も外から見たとき違和感のないよう、模型のサイズに
合わせてきっちり採寸してあります。
モーター車は車両によっては座席部分が小さ過ぎるために、シール化
出来ないケースもあるのですが、キハ58はモーター車としては比較的
シール化しやすい車両でした。

2018-4-19-05.jpg

2018-4-19-06.jpg2018-4-19-07.jpg
乗降口側のデッキも再現

尚、キハ28系2000番台は、冷房車電源エンジンを搭載していることから
床下機器などが異なっていますが、模型成型上、車内の内装に関しては
キハ58と同じになっています。


◎キロ28◎

キロ28形は自動用の冷房電源エンジンが搭載され、
長大編成に対応できるように製造されました。

2018-4-19-08.jpg

2018-4-19-09.jpg2018-4-19-10.jpg
乗務員室も再現。壁面にある非常灯やフットレフトなどもデザイン

2018-4-19-11.jpg2018-4-19-12.jpg

グリーン車のリクライニングシートは、モケットの柄や背面にあるネットや
フットレストなどもデザインし、よりリアルな雰囲気を追求しました。


◎キハ65◎

今回KATOでは、「キハ58 4両セット」の他にも各単品車両がリリースされました。
その中で4両セットに含まれていない「キハ65」のみ、単品車両の中にあって唯一
シール化を行いました。

ちなみにキハ65は、昭和44年から普通車の冷房化が本格的にスタートした際、
中央本線など勾配線区を走ることができる急行列車として製造されました。

そして、走行用の強力エンジンとして、また自車を含めた3両分の車両に
冷房電源を供給用出来るよう、発電用エンジンと発電機を搭載しており、
電源車的な役割をも含む為、台車部分や床下機器等様々な変化に合わせ、
キハ58と比べて室内も多少の変化がみられます。

2018-4-19-13.jpg
キハ65

メイクアップシールでは、編成として重要な役割を果たすキハ65を
含める事でより多くの編成を再現する事が可能となります。

尚、キハ65も編成に合わせて青モケットか茶モケットの選択式に
なっていますので、お好みの室内再現をお楽しみ下さい。

また、付属のオプション行先表示シールでは少しマニアックな(?)編成の
再現に対応できるよう、幹線急行からローカル急行までの234種類もの
サボシールをセットしました。
2018-4-19-15.jpg


1960年代、それまでの蒸気機関車に代わって、無煙化、スピードアップ
そして居住性の向上を目的に1800両以上が製造された「キハ58」

2018-4-19-14.jpg

今回のメイクアップシールは「キハ58 4両セット」と単品の
「キハ65」を合わせた5両パッケージとして販売いたします。

「キハ58系4両+キハ65」3,600円(税別)
(※販売価格は2018年4月時点のものです)

店頭発売まで今しばらくお待ちください。

尚、メールでのご予約は本日より承ります。ご予約いただいた
お客様へは店頭発売に合わせて、商品をお送りさせて頂きます。
ご注文方法等、詳しくは当店公式ホームページをご確認ください。
 
 
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: キハ

Posted on 2018/04/19 Thu.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール「キハ58系」新発売! 


本日の富塚通信は、メイクアップシール新発売情報をお届けします!

2016-03-13-01.jpg

今回発売しますメイクアップシール新製品はこちら「キハ58」

これまでもキハ車両はメイクアップシールでも「キハ181系つばさ」
「キハ181系はまかぜ」「キハ82系+キハ81系(2両)」とリリースして
参りましたが、今回新たに「キハ58系 5両セット」がラインアップに
加わりました。


各車両の詳細は下記の通りです。

◎ キハ58・キハ28・キハ65 ◎

2016-03-13-03-65.jpg
2016-03-13-04.jpg2016-03-13-05.jpg
スタンダードな青モケットタイプ

2016-03-13-06-58.jpg
2016-03-13-07.jpg2016-03-13-08.jpg
モケットを変えることで雰囲気もガラリと変化

キハ58・キハ28・キハ65の座席は編成に合わせて青モケットか茶モケットの
選択式になっていますので、お好みの室内再現をお楽しみ下さい。


◎ キハ58(モーター車) ◎

2016-03-13-09-58m.jpg

写真は青モケットタイプですが、モーター車ももちろんモケット色選択式と
なっています。模型の形状にぴったりフィットし、尚且つ違和感が無いように
デザインしています。

◎ キロ28 ◎

2016-03-13-10-kiro28.jpg
2016-03-13-11.jpg2016-03-13-12.jpg

モケットの柄や肘掛けに付属した引き出し式テーブルも細かく再現。
座席背面にあるネット、フットレストなどもデザインされてよりリアルさを
追及しています。


2016-03-13-02.jpg

「キハ58系 5両セット」 \3,400(税抜)
(※上記販売価格は、2016年3月時点のものです)

本パッケージは、KATOのキハ58系の単品車両「品番:6048 キハ58(M) 」
「品番:6049 キハ58 (T) 」「品番:6050 キハ28」「品番:6051 キハ65」
「品番:6050 キロ28」 の5両分に対応しています。


全国の非電化線区で急行からローカルまで幅広く運用され、日本全国、
長い間旅客輸送を支え続けたキハ58の再現をぜひお楽しみください!


 



最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: キハ

Posted on 2016/03/13 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール「キハ181系つばさ」発売情報! 


本日の富塚通信は、メイクアップシール新商品
「キハ181系 つばさ」の情報をお届けします!


~ キハ181系の誕生 ~

日本全体の高速鉄道網の実現という念願を達成する為に
1960(昭和35)年より実行に移されたプラン。
それが、「動力近代化計画」です。

予算や工期の制約がなければ、国内の全路線を一挙に電化できれば
ベストなのは誰がみても明らかです。
しかし莫大なコストや長期に渡る工事など現実的には実行が不可能。
その次善策として採用されたのが、特急形ディーゼル車両の導入でした。

そして、アジア鉄道首脳者会議における日本鉄道技術のアピールという
側面もあって、約1年という短期間で設計~製造させられたのが日本初の
特急形気動車「キハ80系」です。

「はつかり」や「白鳥」などが有名なキハ80系ですが、鉄道関係者の
注目を集め運転を開始してみたものの、短期間での無理な設計・製造が
たたってエンジントラブルが続出。
乗客にも不評で、「はつかり、がっかり、事故ばっかり」などと手厳しく
揶揄されたようです。

そんなエンジン等のトラブルを対処しながら、先頭車のボンネット式
キハ81から貫通式のキハ82へと進化を続けながら、キハ80系の増備は
続いたのでした。

しかし幹線も含めた地方路線には山岳部も多く、20~30‰といった
急勾配区間が多く点在します。増備された80系車両も当時既に旧型
設計であった180馬力程のエンジンを搭載していた為、パワー不足が
問題視されるようになるまでに時間は掛かりませんでした。

そこで国鉄では、エンジン設計を抜本的に見直した新型エンジンを
設計・製造することに。中央西線において試作車キハ90系での試験
走行を繰り返しその成果として水平12気筒500馬力の高出力エンジン
DML30を採用したキハ181系が誕生したのでした。


~ キハ181系「つばさ」へ導入! ~

2015-04-12-01.jpg
EF71が牽引するキハ181系

時代は少し遡って1961年。上野~秋田間にキハ80系(キハ81)ディーゼル
特急「つばさ」が設定され、運行を開始しました。

しかしこの路線には勾配の険しい板谷峠が控えています。さらに急勾配
のみならず、連続する急カーブ、しかも冬場は豪雪地域ということで、
「つばさ」には運行当初からEF16、その後EF64による連結補機運転方式が
採られていました。

1970年からはキハ80系に代わって山岳路線に対応した181系が投入されます。
キハ181系は高速運転はもちろんの事、勾配のある山岳区間を念頭に製造
された気動車です。

したがって、キハ181系の運用開始当初は勾配の険しい板谷峠の補機連結
という課題を見事解消…
したかのように思われたものの、やはり過負荷運転によるエンジントラブルに
見舞われ、1973年には再びEF71牽引の力を借りる破目に。

しかし、今になって思えば、国鉄の動力近代化計画的には失敗であった
板谷峠のキハ181系運用でしたが、鉄道ファンからしてみると、シェルパEF71と
キハ181が連結された、まさしく国鉄時代を代表する雄姿を見せてくれました。


さて、先月KATOからそんなキハ181系「つばさ」全盛期(1971~1973年)を
プロトタイプにした基本+増結12両セットが発売されました。

同じく奥羽本線専用シェルパとして登場した「EF71 1次形」もリリースされて
いますので、板谷峠の急勾配に挑む姿を再現したいファンにとっては、
どちらも入手しておきたい製品です。

そして今回発売しましたメイクアップシール「キハ181系 つばさ12両セット」は、
KATOより発売された下記製品、
「品番10-1253:キハ181系つばさ7両基本セット」
「品番10-1254:キハ181系つばさ5両増結セット」

両方を合わせた12両完全対応パッケージです。


2015-04-12-02.jpg

「キハ181系 つばさ 12両セット」\4,200(税抜)
(※販売価格は2015年4月時点のものです)

対応車両は下記の通りです。

2015-04-12-03.jpg
キハ181×4両

2015-04-12-04.jpg
キハ180×5両

2015-04-12-05.jpg
キハ180(モーター車仕様)

2015-04-12-06.jpg
キロ180

2015-04-12-07.jpg
・キサシ180

普通車座席はT17座席。グリーン車はR27座席。座席デザインは元より、
1970年代「つばさ」全盛期の国鉄時代のキハ車内を再現頂けます。


新幹線を始め、電気によって動く電車が当たり前となった昨今では、
車両のエンジントラブルやエンジンのパワー不足による牽引補機の
再投入といった妙にアナログチックな鉄道ドラマ(?)がなくなって
しまいました(乗客からすれば有難いことなのですが)。

当時は運転手はもちろん、運行関係者は頻発するトラブルに頭を
抱えていたのでしょうが、そんな人間ドラマ溢れた国鉄時代の全盛期
「キハ181系つばさ」フル編成の車内再現をメイクアップシールでぜひ、
お楽しみください。


さらに、本パッケージは、「キハ181系つばさ7両基本セット
+5両増結セット」以外にも、「品番10-836:キハ181系7両セット」
及び「品番10-1117:キハ181系7両セット」
上記製品の単品車両「キハ181・キハ180」にも基本的にご使用
頂けます(※模型成型の変更によりシール形状が合わない
箇所がある場合もございます。予めご了承ください)。

尚、従来のメイクアップシール「キハ181系7両セット」は、
販売を終了させて頂きました。

また、「キハ181系7両セット」に付属していました「はまかぜ」
用の対応付属シールは、今回の「キハ181系つばさ 12両セット」
には、含まれておりません。

この「はまかぜ」用のメイクアップシールは、今後独立
パッケージとして発売を計画しておりますので、お待ち下さい。


そして国内屈指の勾配区間「板谷峠」にて、キハ特急「つばさ」と
黄金のコンビを組んだEF71用のグレードアップパーツセットも、
毎度のことながら少数ロットにて生産予定ですので、こちらも
ご期待ください!



 
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: キハ

Posted on 2015/04/12 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0