05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メイクアップシール詳報2~リゾートしらかみ(青池編成)~   


本日の富塚通信は、前回に引き続きメイクアップシール
HB-E300系「リゾートしらかみ」(青池編成)の詳報第2弾。
3号車と4号車の詳報をお届けします!


◎3号車 HB-E300-1◎
2016-2-2-01.jpg

2016-2-2-02.jpg2016-2-2-03.jpg

イベントスペースの座席はもちろん、壁備え付けの飲み物置きや
テーブルもデザイン。また、前々回にブログをアップした後、
これはどうもリアルな立体感が少々劣るのではというスタッフの
意見に基づき、もう一度座席に関してのみデザインを見直しました。
その結果、本採用した座席のデザインは以前アップした座席シールよりも
デザインがより細かくリアルになりました。


2016-2-2-04.jpg2016-2-2-05.jpg

荷物置きや通路ドア、トイレやゴミ入れなどもデザイン。


2016-2-2-06.jpg2016-2-2-07.jpg

プラバン加工でトイレや棚を再現することで、
乗車口窓からも壁のデザインが見えます。



◎4号車 HB-E302-1◎
2016-2-2-08.jpg

2016-2-2-09.jpg2016-2-2-10.jpg

展望ラウンジは各座席もそれぞれ再現してあります。
後方の荷物棚なども、各車両の特徴に合わせて作り分けています。

実は3号車と4号車、見た目にはほとんどわかりませんが、
微妙に座席の高さが違っています。異なっていることが計測の際に判明。
その差異もきっちり作り分け、合うようにそれぞれデザインが起こしてあります。


2016-2-2-12.jpg2016-2-2-11.jpg
左:メイクアップ済み車両 右:室内灯を入れボディをかぶせた状態



さて、前回と今回に渡りご紹介してきました「リゾートしらかみ」(青池編成)
いよいよ本日より店頭発売開始します!

2016-2-2-14.jpg
「HB-E300系 リゾートしらかみ (青池編成) 4両セット」 ¥3,400(税別)
(※販売価格は、2017年2月時点のものです)

2016-2-2-13.jpg
構成車両は前回と今回紹介した4両です。

観光用列車として広々とした空間レイアウトで日本海の広大な景色を
楽しめる「リゾートしらかみ」(青池編成)。
くつろぎの時間を楽しめるゆったりとした内装をぜひメイクアップシールで再現をお楽しみください。


さて、次回のメイクアップシールはTOMIX「14系「北陸」 品番:98613・品番:98614」
の登場です!現在鋭意マニュアルを製作中。どうぞご期待ください。


   
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: HB-E300系リゾートしらかみ

Posted on 2017/02/03 Fri.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

メイクアップシール速報~リゾートしらかみ(青池編成)~ 


本日の富塚通信は、現在制作中のメイクアップシール
HB-E300系「リゾートしらかみ」の速報をお届けします。

今回シール化を行っている「リゾートしらかみ」
もともとは、1990年に「ノスタルジックビュートレイン」の名称で運行を
スタート。その後、1997年に秋田新幹線開業に伴って眺望を意識した
当世風で云うところのクルーズトレイン「リゾートしらかみ」に名称
変更を行いました。

2017-01-22-01.jpg
EB-300系 青池編成

現在の運行車両は、環境にも配慮したHB(ハイブリッド)気動車として
活躍中です。3タイプ「くまげら」「青池」「橅」編成があり、青森~秋田間を
奥羽本線・五能線経由で運行しています。

沿線には広大な日本海が広がり、ブナの原生林として自然遺産にも
登録されている白神山地など観光名所も数多くあります。
更にはこうした眺望を楽しむだけではなく、車内での津軽三味線の
生演奏や津軽弁による語りべ実演など体験型のイベントも大きな
魅力となっています。

ちなみに「くまげら」編成は2006年にデビュー、最新の「橅」編成は
2016年7月デビューとまだ1年も経っていません。


只今、シール鋭意製作中の「青池編成」は、2010年に運行を開始した
編成で、白神山地にある十二湖で最も有名な「青池」からの命名です。
4両編成で定員は142名となっています。

車内は1号車と3・4号車が普通車指定席。2号車が解放感溢れる
ボックス席です。本日の富塚通信では、詳報前の先行情報として
各車両のピックアップ写真をご紹介します。

2017-01-22-02.jpg2017-01-22-03.jpg
3号車 左:イベントスペース

座席はベージュをベースにライン模様が入り、ヘッドと腰部分に赤、
座面には黒を配したモダンなデザインとなっています。

2017-01-22-04.jpg2017-01-22-05.jpg
左:1号車座席 右:2号車ボックス席

左上の写真は1号車です。模型的にはモーター車となっていますので、
座席成形等が他の普通座席車両とは異なっています。

右上の写真は2号車ボックス席で、座席デザインは他の普通座席の
デザインと共通性を持っています。青池編成の中でも、注目度の高い
車両です。

個人的な意見ですが、「くまげら」「青池」「橅」各編成の中では、
「青池」編成が一番室内内装が落ち着いているように感じます。


尚、今回ご紹介しました画像ですが、実は約1週間ほど前に仕上がった
試作段階のシールデザインであり、その後、各部分に更なる作り込みを
行っております。そうした部分も、シール発売時の詳報時にご紹介して
いければと考えています。

さて、現在の進捗状況としましては、各車両のマニュアル作りを行って
いますので、発売まではあともう少しの日数が必要です。
発売日時と価格が決まり次第、富塚通信の詳報にてご案内致しますので、
HB-E300系「リゾートしらかみ」(青池編成)、どうぞご期待ください。


  
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: HB-E300系リゾートしらかみ

Posted on 2017/01/22 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0