fc2ブログ
03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

メイクアップシール ~(HO)サンライズ 詳報1~ 

本日の富塚通信は、製作作業もいよいよ大詰めのメイクアップ
シール新製品「(HO)サンライズエクスプレス」の詳報その1を
お届けします!

今回は詳報の第1回目ということなので、やはりこの車両から
スタートしたいと思います。


「クハネ285」

運転台のある貫通型制御付随車で、サンライズ編成では1・7号車と
8・14号車に当たり、TOMIXの模型では基本セットに含まれています。

2015-04-28-01.jpg

2015-04-28-02.jpg
クハネ285

Nゲージ用のメイクアップシール「サンライズエクスプレス」発売時の
富塚通信でも紹介させて頂きましたが、サンライズの車内はミサワ
ホームの開発した「M-Wood」を採用しています。 

自然の木目調の再現性により高い評価を得ている「M-Wood」ですが、
鉄道車両で使用する為には、軽量且つ振動や揺れに対しても強く、
さらには不燃性基準も満たしていなければなりません。

その点、これまでのサンライズの運行が確固たる「M-Wood」素材の
安全性を如実に物語っています。

今回のメイクアップシールでは、サンライズ編成の全車両にて統一
された個室や通路の「M-Wood」を表現しました。

このサンライズで使用されている「M-Wood」
実際に乗車したり、写真等で見るサンライズ車内の壁面は室内照明等の
明かりの影響でかなり濃いブラウンのような印象を持ちやすいのですが、
実は元の素材の色はかなり薄めとなっています。

従ってメイクアップシールでは、実車の「M-Wood」再現を意識して
薄いブラウンでのシール表現となっています。
2015-04-28-03.jpg2015-04-28-17.jpg
階下シングル個室

2015-04-28-06.jpg2015-04-28-21.jpg
上・下階シングル個室

「サンライズエクスプレス」は上下階構造となっていますので、
今回のメイクアップシールでも、階下の個室再現を行う為に、
模型の上階部分をいったん取り外して貼り付け作業を行います。

シングル個室では、寝台ベッドに細長いテーブル、壁面に設置されて
いる姿見用の鏡をシルバーシールで再現。

また寝台ベッドは、通常のシーツを敷いた状態を再現したベッド
シールの他に、シーツを取り外したモケット地を再現したシールも
付属していますので、お好みで使い分けて頂くことが出来ます。

2015-04-28-07.jpg
寝台ベッドシール、壁面シールデータ拡大画像
左:シーツ仕様 右:モケット(ブラウン)仕様


今回掲載している写真のベッドは、全てシーツ仕様ですが、
部分的にモケット地シールを使ってメリハリを付ける事も
できます。

また、各個室に置かれている枕や寝具類を、模型の枕成型箇所に
表現しています。個室内は完全シール化です。


2015-04-28-08.jpg2015-04-28-18.jpg
2015-04-28-10.jpg2015-04-28-11.jpg
車端のデッキや通路

特に上階や下段へと向かう階段周りの再現は中々良く出来ていると
自画自賛させて下さい。

また、上階の通路側壁面も「M-Wood」壁面を再現してあります!

2015-04-28-19.jpg2015-04-28-13.jpg
運転台

クハネ285は別パーツの運転台部分もシール化しています。
是非、運転機器類の操作パネルシールで操縦席もディティール
アップしてみてください。

ちなみに写真上では、運転席パーツを列車の模型に乗せてありますが、
実際には運転席は車両ボディの方にはめ込む形となっています。


2015-04-28-22.jpg2015-04-28-20.jpg
デッキの洗面台を自作加工

こちらも「トワイライト」はじめ、メイクアップシールではお馴染みの
プラバン加工による洗面台です。
しかも洗面台再現だけではなく、洗面使用中の仕切りカーテンも再現
出来るようにしましたので、よりリアルな洗面台の再現が可能です。

2015-04-28-16.jpg
洗面台・運転台のシールデータ拡大画像

洗面台と運転台部分のシールの拡大シール画像です。
洗面台の側面には、はほとんど分からないながらも、くずカゴのマークまで
再現してあります。

運転台の操作パネル類も実車を参考に計器からボタン、レバーに至るまで
作り込んだ再現を行っています。
運転手の人形まで設置すれば、運転席も完璧です!


今回はメイクアップシール「(HO)サンライズエクスプレス」の
詳報1回目ということで、クハネ285をご紹介してきました。

クハネ285は車両の外観的にみても、「サンライズエクスプレス」の
顔となる車両です。

確かに「サンライズエクスプレス」は、「カシオペア」や「トワイライト」
のように機関車による牽引ではなく、電車であるという違いはあるものの、
列車を代表するような「ロイヤル」や「デラックス」個室の設定はなく、
寧ろ「サンライズ」の最もスタンダードとなる「シングル」及び「シングル
ツイン」のみの設定というところに、「サンライズエクスプレス」という
列車のコンセプトが如実に表れている様な気がします。

さて、肝心のメイクアップシール「(HO)サンライズエクスプレス」の
進捗状況ですが、現在、作業マニュアルの製作が佳境を迎えています。
なに分、全車両が上・下段分離式の個室列車(ノビノビを除く)なので、
少しでも分かり易いシールの配置と説明の為に、頭を絞っている最中です。

富塚通信では、そんなマニュアル製作と歩調を取りながら他の車両の
詳報も逐一掲載して参ります。

シールの完成と合わせ、どうぞお楽しみに!


category: (HO)サンライズエクスプレス

Posted on 2015/04/28 Tue.   edit  |  tb: 0   cm: 0