fc2ブログ
02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

お客様からの情報 竹内様~座面部分の貼り付け方について~  

 
本日の富塚通信は、お客様より頂戴した情報をお届けします。
 
今回は竹内様よりお送り頂きましたメイクアップシール座席車両の
「座面」部分の貼り付け方についてのご紹介となります。
 
メイクアップシールに於いても座席車両用シールのライン
ナップは徐々に増えてきています。1人掛け、或いは2人掛け用
座席と実車に合わせて大きさや形状に多少の違いはありますが、
基本的なシールの貼り付け方に大きな違いはありません。
 
特に座席車両では模型の窓ガラスから最も視認出来る部分が
座席であるという事もあり、非常に重要なシールとなります。
 
座席の貼り方に明確な決まりがあるわけではありませんが、
お寄せ頂いた座席の貼り付け方は、座席シールを貼付する際の
ポイントを的確に押さえた極めて完成度の高い仕上がりが
得られる貼り付け方であることから、竹内様に富塚通信への
掲載をお願いし快諾を頂きました。
  
使用している車両は、「787系つばめ」のモハ786です。
1つ1つの作業行程のお写真も頂きましたので、
とても参考になると思います。
 
────────────────────────────────
 
プラの剥離剤が残っていて、貼ったシールをよく見たら
「浮き上がっていた」というような時に、これを防ぐための
有効な方法だと思いますので、私がやっている貼り付け方を
お伝えします。
 
脊ずりシールを貼り終えてからの工程です。
 
①椅子の中央の「ひじ掛け」に糊を薄く塗ります。
 
2019-03-02-01.jpg
 
私は木工用ボンドを使っています。ゴム系糊だと強く貼り
付いてしまい、位置決めの修正が出来ない事があります。
 
②切り抜いた座席シールの「裏のひじ掛け部分」に、
糊を薄く塗ります。
 
2019-03-02-02.jpg
 
③①のプラひじ掛け部分に、②のシールのひじ掛け部分を
合わせて乗せます。
 
2019-03-02-03.jpg
 
④糊が完全に乾かないうちに、中央のひじ掛け部分を
ピンセットで挟んで、
 
2019-03-02-04.jpg
 
中央のひじ掛けにピタリ合う形で整えます。
※ピタリ合わせるのは、糊が半渇きだと上手くいきます。
  
⑤ピンセットで挟んで、左右の端の部分も細いマイナス
ドライバー等を使って、形を整えます。
 
2019-03-02-05.jpg
 
⑥椅子の通路(窓)側の部分に糊を塗って、半渇き状態の
うちに貼り付けます。
 
2019-03-02-06.jpg
 
⑦⑥と同じように座面の膝裏に当たる部分にも半渇き状態の
糊を塗って、貼り付けます。
 
2019-03-02-07.jpg
 
⑧これで完成です。以上の作業を繰り返して座席を貼って
いきます。
 
2019-03-02-08.jpg
 
2019-03-02-09.jpg
 
竹内(川崎市)
 
────────────────────────────────
 
竹内様、座面シール貼り付け方の情報、有難うございました。
 
座席シールは模型の形状にフィットするよう、背ずり部分と
座面部分の2枚のシールに分けた構成となっていますが、
どちらのシールも模型の形状に合わせて折り曲げて頂く
必要があります。
 
しかし、模型自体に残っている剥離剤、接着面の少なさ、
或いは折り曲げた事による反発力の影響などでシールが
剥がれてきてしまう場合があります。
 
私共では透明のゴム系接着剤による補強(タッチアップ)を
推奨していますが、竹内様と同じく木工用ボンドの方が
作業が行いやすいというご意見は他のお客様からも頂いて
おります。
 
1枚1枚のシールに予め糊を塗りながら加工を行った場合、
作業に要する時間はかなり必要となってしまいますが、
その分だけ素晴らしい仕上がりとなります。
 
また、記事ではマイナスドライバーをご使用になられて
いましたが、模型の端の部分までしっかりとシールを押さえ
ながら貼って頂くと、シールが剥がれにくくなるだけではなく、
シャープな具合に仕上がりますので、ピンセット等を使って
カッチリとした作業を意識して頂くだけでも完成度に大きな
違いが出てきます。
 
2019-03-02-10.jpg
 
今回、竹内様にご利用頂いたメイクアップシール
「787系 つばめ 基本7両セット」は好評発売中です。
 
「787系つばめ」に限らず、タッチアップも含めワンランク上の
座席シールの貼り付け方で、ぜひ座席車両のメイクアップを
お楽しみください。
 
 

category: お客様より

Posted on 2019/03/02 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0