fc2ブログ
12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

音楽とアンビエンス 


今日も新作のメイクアップシールの制作に追われながらも、
前回のブログでお伝えしたアンビエンス効果の勉強会を
実施しています。

そもそも「アンビエンス」とは、音響や音楽関係で使われる
用語で『臨場感』を指すものですが、制作側に求められる
『臨場感』の再現は制作者の感性に委ねられるだけに、
まずは『臨場感』というものの存在感を学ぶ必要がある、
というのが制作室の長老のお考え!

そこで今回の勉強会では、「音楽自体が持つアンビエンスを
体感しよう」という内容で、1枚の音楽CDの中から選んだ1曲を、
4台の異なる再生機でリスニングし、再生機ごとに感じられる
『臨場感』の違いを体感しようというものです。

2023-01-20-01.jpg

今回選んだ音源はイギリスのフュージョンバンド「Shakatak
(シャカタク)」で曲名は『YOU NEVER KNOW』
かつてこの曲のイメージで映画の脚本を手掛けた事があるという
長老曰く、都会が持つ独特の孤独感が感じ取れるとのこと。

この都会が持つ独特の孤独が醸し出す『臨場感』から
こんな女優のセリフが浮かぶそうです。
「私が抱える寂しさは貴方には決してわからないわ…」

────────────────────────────────
~トピックス~

実はメイクアップシールにもアンビエンスを意識したデザインが
なされています。
例えば、個室寝台内のシャワー室や車両車端部の洗面ブース、
食堂車の調理ブースや電源車のディーゼルエンジンなどがそうで、
ボディを嵌めるとこれらは見えない部分に当たります。

2023-01-20-02.jpg2023-01-20-03.jpg

実はこの見えない部分のシール化は長老の発案なのですが、
製作当初、スタッフ内からこれらの部分のデザイン化に対して
疑問視する意見がありました。またお客様からも、見えない
部分のパーツ化を対して疑問視する意見が少なからず
寄せられていました。

しかし、発売からしばらく経つと、これらの見えない部分の
シールを貼った一部のお客様から、この部分まで貼り込んだ
車両は存在感が違って見えるというご意見が増え始め、
今では欠かせないデザインファクターになっています。

2023-01-20-04.jpg

今年になってから始めたアンビエンスの勉強会は、
さらに高いレベルでのシールデザインを目指すための
一環となっています。

 

category: 未分類

Posted on 2023/01/20 Fri.   edit  |  tb: 0   cm: 0