05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

寝台電車 583系とサンライズ 


2012-03-29-02.jpg

さきの「日本海」の廃止と並んでもう1つ、50年もの歴史ある列車の
定期運用が終了しました。それが583系車両を使用し大阪─新潟間を
結んできた急行「きたぐに」です。
廃止の理由は「日本海」と同じく利用者の減少と車両の老朽化。
ちなみに「きたぐに」はもともとは「日本海」の名称が与えられて
おり、同日廃止されたブルートレイン「日本海」に名前を譲った
元祖「日本海」だった列車。それが期せずして、同じ日に定期運用
終了とは何かしらの縁が感じられなくもありません。

この「きたぐに」の廃止により、ついに583系の定期運用はすべて
終了。現在、臨時運行用に秋田車両センターに国鉄色の583系6両
編成が1本。京都総合車両センターに、リニューアル塗装の583系
10両編成が3本配置されているのみとなりました。

尚、急行「きたぐに」は、1985年から京都総合運転所の583系
電車が割り当てられてきましたが、今月のラストラン時はもとより
ここ数年の運用車両構成がとても面白い寝台列車でした。

今月のラストラン時の車両構成は下記の通り。

普通車自由席・グリーン車指定席・A寝台車(開放式2段)
・B寝台車(開放式3段)
構成による10両編成
(なお、国鉄当時はA寝台は存在せず、「きたぐに」になってからA寝台の
需要を見込んで、サハネ581を改造し充当しました。)

当店オリジナルメイクアップシールの「583系 寝台客車」は、「きたぐに」
仕様のシールにはなっていませんが、国鉄往時の日本各地を走駆していた
頃の標準的な室内内装がお楽しみ頂けます!

2012-03-29-05.jpg
2012-03-29-06.jpg2012-03-29-07.jpg
モハネ583

2012-03-29-08.jpg
2012-03-29-09.jpg2012-03-29-10.jpg
サロ583

2012-03-29-03.jpg
「きたぐに」仕様ではない元祖月光型583系

さて、「日本海」と「きたぐに」の定期運用廃止の決定打が、利用客の
減少であることは既に述べました。データによると、2010年「日本海」の
乗車数は80年代後半の1/4程度まで減少。
これは、「日本海」や「きたぐに」に限らず、あの「北斗星」などでも
顕著だといいます。
「カシオペア」と「トワイライト」に関しては、現状では人気列車と
呼べるようですが、昨今は寝台列車にとって不遇の時代であることは
間違いないようです。

こんな逆風の中、なんと利用者の減少に陥っていない、ある意味で人気
列車と呼べる(?)寝台列車が存在します!
それが「285系電車 サンライズ出雲」です。

2012-03-29-04.jpg
285系サンライズ出雲

日本の寝台電車の変遷を見てみると、581系・583系が最後に製造された
1972年から285系サンライズが製造される1998年まで、実に30年近くに
わたって寝台電車の空白期間がありました。
そもそも「きたぐに」編成からも分かるように、70年代当時のこの
583系寝台電車は、昼間は座席車、夜は寝台車として利用することを前提
として、設計・運用していました。
その為、昼間の座席車としての運用は向かい合わせのボックス座席に
なるので乗客からは極めて不評。よって、昼間の運行は485系に置き
換えられていったという経緯があります。

それに対し285系サンライズは、寝台専用としてこれまでの寝台列車として
のコンセプトを一新。リッチな個室メインの編成とし、住宅メーカーと
提携して居住性を重視した285系電車を世に送り出しました。
もともとJRとしてはビジネスユーザーを利用客の中心として想定して
いたようです。

ところが現在「285系 サンライズ出雲」の人気を支えるのは、JRの予想に
反してなんと一般の女性客だそうです。その理由は、まず出雲という行先。
出雲大社は日本でも有数な縁結びの神社です。そんな御神徳にあやかろうと
下り出雲で出かける女性客が「サンライズ出雲」人気の中心とのこと。
また、サンライズは基本的に個室中心の寝台列車になっているので、女性
だけでも安心して長時間乗車していられるというのも大きな魅力のようです。
このような現象は、これまであまり見られなかった現象のように思われます。
やはり女性特有の感覚、室内設備もホテルのような小奇麗さといった
感性面に訴える魅力がないと、これからの寝台列車は厳しいのかもしれません。

そんな「285系サンライズエクスプレス」用メイクアップシールでは、女性にも
大人気なサンライズ出雲・瀬戸のオシャレな全個室が再現いただけます。

2012-03-29-11.jpg
2012-03-29-12.jpg2012-03-29-13.jpg
サハネ285

2012-03-29-14.jpg
2012-03-29-15.jpg2012-03-29-16.jpg
サロハネ285

2012-03-29-17.jpg
実車の室内空間をリアルに再現した壁面シール

さて、今回は定期運行が終了した583系電車「きたぐに」と運行開始以来、
これまでにない形で乗車率を維持している「285系 サンライズ出雲」を
比較して、寝台電車の現状を少しばかり考察してみました。

特に、こうした内装のシールを製作していますと、その時代のニーズや
車両製造の技術向上をとみに意識します。
先述の通り、寝台列車をめぐる環境は増々厳しさを増しそうですが、
せめてNゲージで、往年のオールドスタイルの車内を再現するも良し、
サンライズ出雲のようなニュースタイルの個室寝台を楽しむも良し。
運行廃止のない模型レイアウト上で、思う存分お気に入りの車両走行を
お楽しみいただければと思います。

今回ご紹介した「メイクアップシールセット」
2012-03-29-01.jpg

「583系寝台客車 9両セット」\2,310
「285系サンライズエクスプレス 7両セット」\3,360


次回のメイクアップシールは、KATOから発売された「日本海」の製品化を
予定しています。こうご期待ください。


  >>>ホームページ



最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: メイクアップシール

Posted on 2012/04/01 Sun.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/196-cb4c984a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)