09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

製作室スタッフこぼれ話2 

第2回目スタッフこぼれ話を担当させていただきます、昨年大学を卒業し
た製作室での紅一点。入って一年半目のKeiです。
仕事柄もちろんすっぴん。(化粧してモデラーができるか!)
同年代の女の子たちは化粧やファッションに夢中な子の方が多いですが、
私には下地クリームよりもサーフェイサーの方が身近で、
カネボウ・コーセー・資生堂といったメーカー名よりも
クレオス・タミヤ・グリーンマックスといったメーカー名の方が
ぐっと近い存在にあります。
また私には、模型のあの微細な造形に細かな塗装を施す方が、マニキュアや
ネイルを塗るよりもはるかに面白いんです。
(仕事柄、現実的に指には塗料がマニキュア代わりに常に付いているのが
現状で、これが私にとってのマニキュア?)


さて、私が初めてメイクアップシールの製作に携わったのはまだ富塚商会
制作室に正式にお世話になる前で、なんとなくお手伝いの立場の頃、
165系/457系からです。
2011-02-02-04_20110202192403.jpg
国鉄165/457系電車 8両セット ¥1,890

車内のデザインを忠実に再現するため、大量の実車の資料をひも解き、
どの位置にどのくらいの大きさで排気口や非常燈があるのかなど、
細部にまで注視し、隅々まで調べまくりました。
また、デザインするときは、設備やモケット柄、メカニカルなデッキ壁面の
ハッチを細部まで確認。モケットに陰影を入れたりグラデーションを入れたり、
ドアのガラス部分の大きさやドアノブの向き、手すりの太さなど、
全体のバランスを見ながら、不自然にならないように神経を使いました。
2012-09-19-04.jpg
デッキなどを細かく再現

このようなデザイン作業は実際に実車に乗車し、車内の雰囲気も含め、
確認できればいいのですが、すでに実車は引退しており、その様な理由から
趣、といった感覚性を再現するのにとても苦労したのを覚えています。


現在制作に携わっているメイクアップシールのコンセプトは、外装だけ
ではなく、内装を実車に忠実にすることで、よりリアルな雰囲気を
感じられる製品を作ることです。
今までは専ら外側のディテールを向上させることを考えていた私にとっては、
まさに目からウロコが落ちるような、新鮮な発想でした。

確かに外側のディテールを上げれば上げるほど、内側の無機質感が
気になってくるところです。
それに塗装では、細部のデザインなどについて限界があるのも確か。
しかしメイクアップシールの存在は、まさに実車の存在感をも
リアルに再現してくれます!(作った自分が言うのもおかしいけれど、
まさに驚愕!)

実は私のお気に入りのシールは「カシオペア」です。
銀のメタリックな外観と秀麗なデザインの車体が颯爽と走る姿は
カッコイイ!の一言ですが、そこに内装を施すと、より一層
カシオペア独特の豪華さが引き出されます。
2012-09-19-01.jpg
このカシオペアはオール個室であることから、採寸ひとつとっても大変で、
なおかつ豪華個室寝台ならではのインテリアの再現など、デザイン泣かせな
作業の連発でした。

たとえば、展望スイートの床と展望ガラス前ソファの計測。複雑な形状に
ピッタリ合うよう何度も計測をし直しました。
特に、展望ラウンジの丸椅子に合わせた床の採寸はその極みでした。
他にも、通路部分のデザインでは、部屋に通じる階段やその奥にある
室内ドアまで、陰影によるグラデーションデザインによって
表現しなくてはならず、苦心した記憶が残っています。
2012-07-14-15.jpg2012-09-19-02.jpg
左:展望スイート室内  右:ツイン通路壁面・デザインで再現された階段やドア

完成に至るまでには本当に苦労の連続で、挙げていくと本当にキリが
ありません。ただ、デザイナーにとっては大いに力量が発揮されるだけに、
やりがいがある仕事でした。

さて、実はこのカシオペアには私のアイデアが数々採用されているのですが、
一番大きなアイデアとしては展望スイートの室内再現です。
展望スイートはカシオペアにおける最大の顔。大きな窓から覗いた時、
ベッドや室内設備がどうしたら綺麗に映えるかを考え、スイートが持つ
ゴージャスな雰囲気を出す為、側面にある室内の丸窓にも透明シールで
クローゼットをデザイン。
更に室内をより明るく演出する方法として、その透明シールの上部に
シルバーシールを貼ることで実車同様の照明を再現し、より室内がよく見え、
どの角度からも室内の雰囲気を味わうことができるようにしました。
2011-01-15-17.jpg
e26cassi03.jpg
照明が反射して室内がより明るく!

また、豪華寝台列車であるカシオペアは、女性をも意識した内装なので、
それだけに女性の感性を入れてほしいと製作室の長老から言われました。
その結果、ベッド柄やソファ柄には、女性特有の繊細な感性を込めて
デザインしたつもりです。
2012-09-19-03.jpg
細部にまでこだわった繊細なデザインで柄や陰影を再現。


その感覚を生かして更に作りこんだのがTOMIX製カシオペア。
これもまた苦労の連続でしたが…、詳しくは以前のブログをご覧ください。
>>>TOMIXカシオペア詳報 Part.1
2012-06-26-01.jpg
スタッフ総出で作り上げたTOMIX製カシオペア。
KATOと並べてみても面白いかも。


このブログを呼んでいる方の中には、当店のメイクアップシールを
購入してくださった方も多くいるのではないでしょうか。
そういう方は、内装にもこるという楽しみ方の意義がわかってくれて
いると思います。
メイクアップシールで内装をリアルにすると、印象や雰囲気ががらりと
変わり、模型そのものがワンランクアップします。
まだお買い求めいただいてない方には、ぜひ一度チャレンジして
頂きたいです。

Nゲージの新たな楽しみをプレゼンスしたメイクアップシール。
このような企画に参加できることは、モデラーでもある私にとって、
とてもうれしい限りです。
ランクアップした模型と、リアルに再現された実車の雰囲気感を
ぜひお楽しみいただきたいと思います。

KATO製カシオペア対応
2012-07-12-06.jpg
E26系カシオペア 基本6両セット  \3,360
E26系カシオペア 増結6両セット  \2,940


TOMIX製カシオペア対応
2012-07-12-05.jpg
JR E26系 カシオペア 基本6両セット \4,410
JR E26系 カシオペア 増結6両セット \4,620



>>>ホームページ


   
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 富塚オリジナル

Posted on 2012/09/19 Wed.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/239-8f002ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)