10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

20系 寝台客車シリーズ 発売情報 

お知らせ1

今年の3月にKATOより「20系寝台特急さくら 長崎編成・佐世保編成」が
2ラインアップで発売となりました。

当店ホームページの新着情報では既にお知らせしていますが、
この「20系 寝台特急 さくら 長崎・佐世保編成」に対応した
メイクアップシールの新商品を発売いたします。

今回の「20系 さくら」の特徴は何と言ってもこの3両
「マヤ20・カニ22(パンタ撤去)・ナハネフ21」

2013-06-20-01.jpg
いよいよ登場したマヤ20。シンプルでありながら、どことなく愛嬌のある
フェイスが人気の理由?


勿論メイクアップシールでもマヤ20・カニ22・ナハネフ21の3両は
完全新規製作となりました。

本来はもう少し早く、「20系 さくら 長崎・佐世保編成」の
メイクアップシールをお届けしたかったのですが、
何分列車そのものが古くマヤ20はその希少性も相まって、シール化の
為の車内データ収集に予想以上に時間がかかってしまいました。

特にマヤ20内装の最大の売りでもあるDMH17C-G・PAG7発電機の外観を
出来るだけ緻密に再現するべく情報収集に最も時間を割きましたが、
シールデザインはその時間に見合った出来栄えとなっていますので、
ご期待ください。


現在、「20系 さくら 長崎・佐世保編成」は、シールデザイン及び
試作シールの貼り込みも終了し、貼り付けマニュアルを作成中です。
商品発売まで今しばらくお待ちください。

ということで、本日の富塚通信では「さくら編成」を再現した写真や
カニ22・マヤ20・ナロネ22の試作シールにボディを被せて仕上がりを
確認した際に撮影した画像を少しだけご紹介しようと思います。


そもそも今回KATOから発売された「さくら」編成は、2011年春発売の
「20系 さくら」とは編成が異なり、1968年6月時の編成(前回のさくらは
1963年12月時の編成)となっています。

2013-06-20-02.jpg
C11+マヤ20+ナロネ21

マヤ20で再現する佐世保編成。そしてマヤ20を牽引するのはC11しかありえない!
ということで列車再現をしてみました。
C11は佐世保線早岐駅 - 佐世保駅間の約9kmを牽引していましたが、この時の活躍が
C11の最後の勇姿だったように思います。
ちなみにKATOのC11の商品には、ヘッドマークが付属されていません。しかも模型的
にもヘッドマークを付けられる構造にはなっていませんが、製作室では他モデルに
付属していた「さくら」のヘッドマークを気合で取り付けてみました。

2013-06-20-03.jpg
EF30+カニ22+ナロネ22

ステンレス無塗装のその姿は誰が見ても一目でEF30と分かってしまう抜群の存在感。
EF30に関しては、その知名度から敢えて何も書きませんが、列車の運行上の制約
からパンタグラフを撤去したカニ22を牽くこの編成スタイルは是非模型上で再現して
みることをお勧めします。

以下は、マヤ20・カニ22・ナロネ21にボディを被せた拡大画像です。

2013-06-20-04.jpg2013-06-20-05.jpg
左:マヤ20 発電機 右:マヤ20 乗務員室

2013-06-20-06.jpg2013-06-20-07.jpg
左:カニ22 発電機 右:ナロネ21 車端客室

先述の通り、今回の「20系 さくら」の大きな特徴は、パンタグラフを撤去した
カニ22と、肥前山口-長崎間運用の簡易電源車マヤ20の製品化です。
メイクアップシールでも、これら製品の実車のリアルさを最大限に活かした
デザイン製作を行っていますのでご期待ください。


お知らせ2

また、好評発売中となっておりましたメイクアップシール
「20系 特急形 寝台客車 7両セット」
「20系 特急形 寝台客車 増結11両セット」
「20系 さくら 7両セット」
の各パッケージも、今回発売します「20系 さくら」に合わせた
修正版を新発売します。

特に「20系 特急形 寝台客車 7両セット」
「20系 特急形 寝台客車 増結11両セット」の両パッケージでは
「あさかぜ」編成のフル再現をメインテーマとしてパッケージ構成を
見直しました。

2013-06-20-08.jpg
EF58+カニ21+ナロネ20

1965年10月時の「あさかぜ」の編成は、ナシ20食堂車を含むオール
寝台車の編成で、14両中A寝台6両(ナロネ20×1・ナロネ22×1両・
ナロネ21×4両)という超豪華編成だということから「殿様あさかぜ」
という愛称が付けられていました。
今回の修正版「20系 特急形 寝台客車 7両セット」
「20系 特急形 寝台客車 増結11両セット」両方をご購入頂くことで、
上記のような最上級「あさかぜ」を再現することも可能となります。

また、「あさけぜ」だけには留まらず、「富士」「はやぶさ」「みずほ」
といった幅広い20系寝台優等列車の再現にご利用いただけます。


実は、「20系寝台特急さくら 長崎編成・佐世保編成」の製作に時間が
かかったもう一つの理由が、上記3セットの20系メイクアップシールの
修正作業と同時並行で行っていたことが挙げられます。

次回発売する「20系寝台特急さくら 長崎編成・佐世保編成」と従来の
20系寝台メイクアップシールのデザイン内容において、共通化するべき
ところは共通化を図り、実車が異なる場合は的確に作り分けるという
コンセプトのもとシール製作を行ってきました。こうしたところも、
以降の富塚通信でご紹介していきたいと思いますのでお楽しみに。


ホームページ>>


 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 20系寝台客車

Posted on 2013/06/20 Thu.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/302-e50b3261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)