05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

20系寝台客車シリーズ詳細情報4 

いよいよ本日の詳細情報4が、20系寝台客車シリーズ詳細
情報のラストとなります。トリを飾るのは簡易電源車「マヤ20」
そして電源荷物車「カニ21」「カニ22」の3両です。

走るホテルと呼ばれ全車両冷房完備、完全電化された食堂車と
当時としてはまさに豪華列車であった20系寝台列車。
しかし、利便性の向上にともなって使用電力も大きくなった
事から、これらの電力を賄うことが可能な電源車が必要と
なりました。結果、荷物台としての活躍も期待して量産製造
されたのが「カニ21」です。

また、運行区間の関係などからディーゼル発電機も搭載していた
カニ22。この車両は当初1960年の「はやぶさ」運用に合わせて
設計製造されたものの、いざ試運転をしてみると様々な問題が
出てきて急遽「さくら」限定での使用となった電源車です。
逆に今となってみれば、日本各地で幅広く活躍したというよりも、
印象に残る車両となりました。
今回KATOから発売された「20系寝台特急「さくら」長崎編成」の
カニ22-52のパンタ撤去モデルは大きな魅力となっています。

そしてKATOの公式ページにもあるように、カニ22と並ぶもう
一つのアピールポイントが佐世保編成の「マヤ20」です。
この車両を手に入れる為に佐世保編成を買ってしまったという
話を聞くくらいに、ファンにとっては価値のある車両です。


メイクアップシールでは、これらの電源車内の発電機室は
もとより荷物室も実車ベースにリアルにシール化しました。
電源車は業務用車ですので、シールデザインの為の資料確認に
かなりの時間を要しましたが、特に発電機部分に関しては
従来以上の細密表現を行いました。

また、従来の20系メイクアップシールの発電機部分の再現方法とは
異なり、HOゲージ「北斗星」のカニ24をベースとした再現手法を
採用しました。


◎マヤ20◎

固定編成である20系客車を九州地方にて分割運転するために
改造された異色の簡易電源車が「マヤ20」です。

運行区間の必要電力がカニ22のおよそ半分で済むことから、
「オハシ30」の食堂と調理室を電源室と技術員室に作り替えられ
ました。ちなみに改造は国鉄の小倉工場だったようです。

メイクアップシールではもちろん「20系 寝台特急 さくら 
長崎・佐世保 12両」に含まれています。

2013-07-01-01.jpg

2013-07-01-02.jpg2013-07-01-03.jpg

2013-07-01-04.jpg2013-07-01-05.jpg


2013-07-01-06.jpg
マヤ20 フィルムシールデータ 拡大画像

模型に成型されたDMH17CG(1200rpm・160PS)と600Vの発電機PAG7
(1200rpm・125kVA)を新規製作しました。
カニよりも小型で軽量タイプの発電機を模型上もよく再現されています。

メイクアップシールでは種車であるオハシ30の名残である
車両半分も完全シール化。




◎カニ21◎

1958年に製造された「マニ20」の改良モデルで、新聞輸送に対応するため
全長を伸ばし最大を5tに増やした電源車のスタンダードモデルです。

メイクアップシールでは、「20系 特急形寝台客車 7両」
に含まれています。

2013-07-01-07.jpg

2013-07-01-08.jpg2013-07-01-09.jpg

2013-07-01-10.jpg2013-07-01-11.jpg

2013-07-01-12.jpg
カニ21 フィルムシールデータ 拡大画像

発電機室のディーゼル機関 DMF31S-G(340PS)と発電機 PAGIA
(250kVA)を中心に、車両室内の荷物室車掌室、荷物室、技術員室、
車掌室等もシール化しています。


◎カニ22◎

今回KATOから発売された「20系寝台特急「さくら」長崎編成」の
カニ22は、1965年の「さくら」運用に合わせて発電機とパンタグラフを
撤去した変わり種モデルです。
この時期の「さくら」を再現するためには欠かす事の出来ない電源車です。

メイクアップシールでは、「20系 さくら 7両」と
「20系 寝台特急 さくら 長崎・佐世保 12両」に
パッケージに同梱されています。

※尚、メイクアップシールでは「20系 さくら 7両」のカニ22と共通化を図って
おり、また「さくら」以外の編成に使用することも考慮し、「20系 寝台特急 さくら 
長崎・佐世保 12両」のカニ22の発電機も一方を撤去していないタイプの
シールデザインを採用しています。※


2013-07-01-13.jpg

2013-07-01-14.jpg2013-07-01-15.jpg

2013-07-01-16.jpg2013-07-01-17.jpg

2013-07-01-18.jpg
カニ22 フィルムシールデータ 拡大画像

カニ22といえば、MG(電動発電機)。今回の修正版では
実車のカニ22のMGを調べ直し、緻密な作り込みを行いました。

またカニ22ではプラバン加工を多用して荷物室部分に
設けられていた技術員室や乗務員室等を立体的に再現可能。
メイクアップシールの超絶ディティールをご堪能ください。



ということで、今回20系寝台客車シリーズ詳細情報のラストを
飾った電源車。
「電気を列車に供給する(+荷物も運ぶ)」という目的の為に
複雑なシステムを有する発電機を搭載し、直流区間に交流区間、
更には非電化区間といった当時の日本の路線状況を考慮して、
当時の国鉄マンが電源車をいかに効率よく製造、運用して
いけばいいのかという事にどれほど頭を悩ませていたのか。

特に「さくら」編成のカニ22の自重が重くなりすぎて、急遽パンタと
発電機の撤去で急場をしのいだエピソードなどは、今となっては
笑い話の様に思ってしまいますが、当時対応に当たった関係者に
とっては、まさに修羅場だったのではないでしょうか。
このように車両の特殊性から、客車とはまた一味違った寝台列車史に
触れることが出来るのも電源車の魅力なのかもわかりません。



さて、富塚オリジナルコレクションメイクアップシール
「20系寝台客車シリーズ」

2013-06-24-09.jpg

「20系 特急形寝台客車 7両」 
「20系 特急形寝台客車増結 13両」
「20系 さくら 7両」
「20系 寝台特急 さくら 長崎・佐世保 12両」

お気に入りの20系寝台列車の客車、食堂車から電源車に至るまで
全車両の当時のリアルな室内内装を是非お楽しみください!


~お知らせ~

さて、次回のメイクアップシールの新商品は、181系の
「とき・あずさ」を予定しています。
シールデザイン、商品ラインアップ等が固まりましたら、
随時富塚通信でご紹介していきます。


ホームページ>>

最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 20系寝台客車

Posted on 2013/07/01 Mon.   edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

お尋ねします

マニ20用のメイクアップシールの予定は無いのでしょうか?

あっしゅ #qcsrN/5E | URL
2017/03/11   * edit *

マニ20用メイクアップシールについて

>あっしゅ様

コメントありがとうございました。

さて、ご質問いただきましたマニ20対応のメイクアップシールに
ついてですが、現在のところシール化の予定はございません。

もしシール化を行うとすれば、マニ20のセットされた新しい模型
セットがメーカー様より発売された時になると思われます。

但し、マニ20がセットされていた場合であっても、シール化を
行わないケースもございますので、その点は予めご了承下さい。

それでは今後とも富塚商会をご愛顧くださいますよう、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

  

富塚商会 #1Fd9Ny5M | URL
2017/03/11   * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/307-afb63c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)