05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HOゲージ「トワイライト」メイクアップシール 詳報4 


今回の富塚通信は、「(HO)トワイライトエクスプレス」
メイクアップシール4号車オハ25の詳報をお届けします。


2014-03-15-01.jpg
4号車 オハ25 日本海側 メイクアップシールなし

2014-03-15-02.jpg
4号車 オハ25 日本海側 メイクアップシールあり

2014-03-15-03.jpg
4号車 オハ25 メイクアップシールなし

2014-03-15-04.jpg
4号車 オハ25 メイクアップシールあり

2段床構造で下り列車であれば、日本海に沈んでゆく夕日をゆったりとした
ソファに腰掛けながら眺望を満喫することができるサロンカー「オハ25」

5号車よりには自動販売機とシャワー室が2室設けられていますので、
利用時間を上手く調整できればシャワーで汗を流した後、冷たい飲み物を
片手に日本海に沈んでゆく雄大な夕焼けを堪能する事も可能です。


2014-03-15-05.jpg2014-03-15-06.jpg

2014-03-15-07.jpg2014-03-15-08.jpg

現在のサロンカーはアコモデーションにより、製造当初よりもシックで
落ち着いた内装となっています。また、さすがはHOだと思うのは、
ソファ後ろの真鍮で再現された金色の手すりです。

メイクアップシールでは、いったんこの手すりを取り外して絨毯シールを
貼って頂く事によって、より自然な床再現が可能となっています。
しかも、絨毯シールの真鍮穴に当たる箇所にはきちんと穴の位置を示す
ガイドも入れてありますので、真鍮の手すりを元に戻す作業をもし易く
なっています。

シールのデザイン面でも、Nゲージのトワイライトではスケールの
制約で再現できなかった表現も取り入れてあります。

2014-03-15-09.jpg2014-03-15-10.jpg
自動販売機及びシャワー室入口


また、ボディを被せた後でも意外と見えるのが自動販売機のコーナーです。
もともとメーカーの成型ではここの箇所は何の成型も成されていない空洞に
なっています。

ここに自販があるのとないのでは、サロンカーの沽券に関わる(?)
ということで、プラバン加工で自販機が再現できます。

2014-03-15-11.jpg2014-03-15-12.jpg
5号車側サロン入口とシャワー室


自動販売機同様、シャワー室もプラバン加工で再現することができます。
メイクアップシールでは、Nゲージのオハ25でもシャワー室の再現を
プラバン加工で出来るようにしてありますが、Nの方はスケールと模型の
成型的に多少の無理がありましたが、HOのオハ25では十分なスペースが
ありますので加工がしやすく、更に見た目的にもかなり効果があるのでは
ないでしょうか。

話は少し変わりますがシールを貼る立場ではなく、メイクアップシールの
製作サイドとして、あくまで「シールを作る立場」の場合、Nゲージと
HOゲージどちらのシールの方が製作しやすいのか。

たまに質問を頂戴する事がありますが、これはケースバイケースで、
車両によっても異なってきますので、一概にNの方が簡単、あるいは
HOの方が難しいなどと断言する事はできません。

ただ、このオハ25のシールサイズの計測に関しては、Nゲージのオハ25
よりも断然計測作業がしやすかったことは確かです。
とはいえ、作業がし易いからシールがそれだけ早く出来上がるわけでは
ないというのが少し残念なところですけども…

2014-03-15-13.jpg2014-03-15-14.jpg
3号車側のサロン入口

いかがでしたでしょうか。2段式の床から大きなソファ特徴的なサロン。
そして自販コーナーにシャワー室再現、サロンカーオハ25の魅了を
たっぷりシール化しました。
そんなサロンカーの詳報の最後に少しばかり余談にお付き合いください。

客室を除いて、「トワイライトエクスプレス」の編成をみた場合、前回
詳報3にてご紹介しました3号車スシ24と、今回詳報をお届けしてきました
4号車オハ25は、共にトワイライトをトワイライトたらしめている重要な
車両です。

このことは、食堂車スシ24には「ダイナープレヤデス」という呼称があり、
サロンカーオハ25には「サロン・デュ・ノール」という愛称が付けられて
いることからも窺い知れます。

しかしここで1つ腑に落ちないのは、列車名である「トワイライトエクスプレス」
そして食堂車「ダイナープレヤデス」が英語であるのに対して、何故サロンカー
のみ「サロン・デュ・ノール」というフランス語を採用したのかということです。

勝手に想察してみるに、サロンカーや列車運用に関してフランスの列車を参考に
した。あるいはただ単に語呂がカッコ良かった。それとも…

さて、真偽のほどは分かりませんが、日本の列車に英語名を付け、その中の
車両の愛称にフランス語まで使用してしまうセンス。
カッコ良いものはどんどん取り入れていこうという懐の広さ(?)
筆者個人としては、何か日本的な感じがして好きですけどね。

シールが完成した「サロン・デュ・ノール」を眺めながら、ふとそんな事を
考えてしまいました。

次回の詳報ではB寝台オハネ25の情報をお届けしていく予定です。
お楽しみに。



 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: (HO)JR24系トワイライト

Posted on 2014/03/15 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/364-ddbea524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)