FC2ブログ
09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

お客様からの情報 ねこどん様~(HO)カシオペア前編~ 


本日の富塚通信は、千葉県にお住いの「ねこどん」様より
お送り頂きました(HO)「カシオペア」製作情報をご紹介します。

当店のメイクアップシール(HO)「カシオペア」をご使用いただき、
ついに完成された豪華寝台特急「カシオペア」
本文でも述べられていますが、製作期間は実に2年もの歳月を
掛けられたという渾身の作品となっています!

「ねこどん」様からは、約20枚のお写真と合わせ、製作に至った
経緯や作品へのこだわりを頂戴しております。
特にシール内装と合わせたストーリー性のある人形配置が、
臨場感あふれる「カシオペア」を魅力的に演出しています。
一切の妥協を排した「ねこどん」様の「カシオペア」を
是非お楽しみ下さい。

尚、お写真の枚数と文章の長さから今回の製作レポートは
前編と後編の2回に分けてのご紹介とさせて頂きました。

それでは早速(HO)「カシオペア」前編をどうぞ。

─────────────────────────────────────

平素、メイクアップシールで楽しませて頂いております。
この度、シールの貼り付け、乗客の配置作業が完了
致しましたので画像をお送りさせて頂きました。

2016-11-09-01.jpg
EF510の加工(色差・墨入れ)

実車のデビューからわずか16年余、本年3月、最後の定期
寝台列車として大勢のファンに見送られ、惜しまれながら
引退していった寝台特急カシオペア号。
その車齢の若さ故、クルーズトレインとして第2の人生を
歩み始めたのは記憶に新しいところです。

2016-11-09-02.jpg
ED79加工(色差・墨入れ)

この度、作業開始から実に2年近い歳月を要しながら
TOMIX(HO)「カシオペア」フル編成のメイクアップシール
貼り付け作業が遂に完了しました。
その効果と迫力をより多くの皆様に実感していただきたく、
この度投稿させていただいた次第です。

2016-11-09-03.jpg
スロネフ26概観

2016-11-09-04.jpg
スロネフ26夜行シーン

貴店メイクアップシールよる加工を施すことで単なる「模型」から
活きた「鉄道車両」へと変貌を遂げた寝台特急カシオペア号を
ご覧頂ければ幸いです。

ここで、私がメイクアップシールを導入に至った経緯を
申しあげましょう。
TOMIXのカシオペアは、発売と同時にフル編成で購入、
運転を楽しんでおりましたが購入から日が経つにつれ、
何かひとつ物足りないことに気付きました。
それは、室内灯を組み込むことにより、より顕著となって現れ、
「がらんどう」の室内が目立ちまるで回送列車のようで何か
ひとつリアリティーに欠けるのです。

これは何とかしなくては・・・と、前作の北斗星に引き続き、
カシオペアにもメイクアップシールの 導入を決めたのでした。

2016-11-09-05.jpg
カハフE26概観

2016-11-09-06.jpg
カハフE26夜行シーン

実際に加工を終えてじっくりと眺めてみると、その車両構造の
単純さゆえ、窓からチラッと見えるメイクアップシールによる
室内表現の効果は絶大で、単調でモノトーンだった車両が実に
活き活きとした表情を見せてくれたのです。

2016-11-09-07.jpg
スロネE26概観

特にカハフやスロネフ、マシなど大きな窓を持つ車両では
その効果は絶大で貴店のメイクアップシールには「模型」を
活きた「鉄道車両」へと変貌させる不思議な力があります。
その効果を実感するにつれ、私はメイクアップシールの持つ
魅力にすっかりとはまってしまったのでした。

2016-11-09-08.jpg
ブラインドの効果

作業にあたっては、下記に留意しながら進めていきました。

1.時間がかかっても必ず完成させる。
2.見栄えを重視した丁寧な作業を心がける。
3.作業時間は1日2時間まで。
4.内装とのバランスを考慮し車体各所に墨入れ加工を併用する。
5.漆黒の闇中を切り裂く寝台特急の持つ魅力を余すところなく
再現する。

2016-11-09-09.jpg
スロネE26各車ルーバー等の墨入れ

特にE26系客車は、バラエティーに富んだ北斗星の24系客車とは
異なり、同じ構造を持つ「スロネ」の単調な作業が延々と続きます。
そこで完成度を重視して1日の作業時間を人間の集中力が
持続する限界と言われている2時間までとして毎日コツコツと
作業を進めていきました。

2016-11-09-10.jpg
スロネ各車クーラーの墨入れ

また、シールをきれいに貼るコツですが、編成内に複数存在する
スロネから作業を始め、シールの構成や切り出し方法のなど、
その取り扱いに習熟してからスロネフやカハフ、マシへと作業を
進めてゆくときれいに貼ることが出来ると思います(スロネに
関してはひたすら根気との戦い・・・)。

2016-11-09-11.jpg
カハフ26屋根上墨入れ


後編へつづく

※後編は近日掲載予定です。


最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: お客様より

Posted on 2016/11/09 Wed.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/514-22b8e657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)