06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

メイクアップシール発売情報~233系2000番台 2次車 新快速~ 


本日の富塚通信は、新製品メイクアップシールのご紹介です。
今回シール化したのは、メイクアップシールでも既に製品化済みの
「221系」電車に続く、JR西日本の近郊型電車223系です。

2016-12-05-01.jpg
223系2000番台 2次車 新快速

アーバンネットワークの中でも一大勢力を築いた223系電車。
特にその中でもご要望の多かった2000番台をフューチャーして
シール化を行いました。

この2000番台は平成11年に1000番台の後継車として誕生しましたが、
その主な目的は、主に113系の置き換えと1000番台の問題点の改善、
そしてコスト削減の為に導入された車両です。

KATOからは、223系2000番台4両セットと8両セットがそれぞれリリース
されていますが、メイクアップシールでも4両セットと8両セットの
2パッケージを発売いたします。


今回の223系2000番台は車内において統一感の取れた座席と
床が再現のポイントとなっています。

下の画像は223系の座席の製作過程を簡易的に示したものです。
左からラインによる座席パーツ等の位置確認用デザイン、色味と
座席パーツの表現確認。そして最後が陰影やバランスを調整した
作り込みを行ったほぼ完成状態の座席シールです。

2016-12-05-03.jpg2016-12-05-04.jpg
左:試作中座席の製作過程 右:クハ223車両中央部分

上記の画像では分かりやすく各段階をご紹介する為に、各工程での
ほぼ仕上りデータを採用しています。今回の座席では、座席の
背ずりと座面部分に共通の繋がったデザインが施されているので、
実際にシールを貼った際に、背ずりと座面のデザインにズレが
生じないよう位置を合わせる事には取り分け腐心しました。

特に模型の成形が実車の223系とは異なり、座席の肘かけ部分が
背ずり部分とくっついて作られていたので、背ずりと座面の
デザインが一致して見えるよう、視覚的に不自然にならない様に
デザインの位置や大きさを微妙に調整しています。

また、床面は中心部分の通路とそれ以外の濃い目のブラウンとの
ツートーンカラー。更に車両のドアがある部分には一段と濃い
茶色再現を採用しています。

シールの構成もより一体感を演出するために、以下に紹介します
クハ223ではなんと10枚の床シールで再現。一体感と共に作業性も
向上しています。



さて、それでは早速223系2000番台の構成車両をご紹介していきます。

◎クハ223・クモハ223◎

2016-12-05-05.jpg
クハ223

2016-12-05-06.jpg2016-12-05-07.jpg

今回の223系の数少ない壁面シールである乗務員室仕切り壁面。
左下画像はそんな仕切り壁面の画像データの拡大画像です。
シール上は3枚の窓ガラスもデザイン表現を行っています。

2016-12-05-08.jpg2016-12-05-09.jpg
左:乗務員室仕切り壁面画像データ 右:窓ガラス部分はカット 

但し、フィルムシールという製品の特性上、模型に貼って頂く場合は、
上右画像の様に窓ガラス部分を切り抜いてご使用頂かないと、
クハ223を車両正面から見た場合、窓ガラス部分に真っ白なシールの
糊面が丸見えとなってしまいます。

そこで上記の乗務員室仕切り壁面には、窓ガラス部分を切り抜く
必要のない透明タイプのフィルムシールも付属していますので、
お好みでご使用頂く事が出来ます。

余談ながら運転手後ろの窓ガラスには、関西方面ではお馴染みだという
乗務員ネームプレートがあります。もちろんメイクアップシールでも再現
してありますが、関東圏では見慣れない事もあり新鮮に感じました
(但し、先述の通り窓ガラス部分をカット頂くと、必然的に折角のネーム
プレートもカットされてしまうのは残念です)。



2016-12-06-03.jpg2016-12-05-11.jpg
クハ223のトイレスペース

クハ223には大型の車椅子対応のトイレスペースがあります。
付属オプションのプラバン加工で再現する事が可能です。

尚、実車のトイレは車椅子がトイレ内で方向転換できるように
純粋な四角形ではなく、入り口側の壁面が斜めに広がって設置
されています。
この点に関しては、本加工がプラバンである事、また模型の
成形的にトイレを斜めに設置することが難しい為、実車の
トイレとは多少形状の違う再現となっています。

只、ボディを嵌めて頂けばトイレ正面の窓からは、室内灯を
使用するとトイレが見え難くなるものの、乗降ドアの窓からは
リアルな室内再現をお楽しみ頂けます。


◎モハ223・サハ223◎

2016-12-05-12.jpg
モハ223

モハ223とサハ223の車内は共通です。

2016-12-05-13.jpg2016-12-06-01.jpg

先のクハ223はもちろん補助座席シートも再現しています。
補助座席には利用時の注意が書かれたプレートもデザイン
してあります。


◎モハ223(モーター車)◎

2016-12-05-15.jpg
モハ223(モーター車)

2016-12-05-16.jpg2016-12-06-02.jpg

モーター車は通常のモハ223と成形が異なりますが、他の
モハ223と同様の雰囲気を壊さないようにシール化を行い
ました。


さて、今回の223系2000番台では初期型の茶色をベースとした
座席モケットでシール化を行いましたが、昨今の223系では
225系にて採用された新デザインのモケット座席に置き換えられた
車両がその数を増やしています。
実際、初期型の茶モケット車両と新モケット車両が1編成の中で
混成されていることも珍しことではないようです。

そこで今回発売しますメイクアップシール「223系」では、
初期仕様の茶モケット座席シールと合わせて、新仕様モケットの
座席シールもご用意しました。

2016-12-05-18.jpg
新仕様モケットのモハ223

新仕様モケットの座席を使用すると、茶モケットとは打って
変わって明るいトーンの車内になります。

2016-12-05-19.jpg2016-12-05-20.jpg
左:新仕様座席モケット 右:茶モケットとの比較

尚、新仕様の座席モケットシールは、パッケージ内の全車両分の
枚数は付属していません。

付属枚数はそれぞれ下記の通りです。

「223系2000番台 2次車 新快速 4両セット」
・クハ223/クモハ223×1両
・モハ223/サハ223×1両

「223系2000番台 2次車 新快速 4両セット」
・クハ223/クモハ223×1両
・モハ223(モーター車含まず)/サハ223×3両

新モケット座席は各パッケージ半分の車両に対応する形と
なっています。
現行運用の茶モケット座席との混成編成を是非お楽しみください。


本日ご紹介してきました新製品メイクアップシール
「223系2000番台 2次車 新快速」パッケージ

2016-12-10-10.jpg

「223系2000番台 2次車 新快速 4両セット」¥3,000(税別)
「223系2000番台 2次車 新快速 8両セット」¥3,600(税別)
(※販売価格は、2016年12月時点のものです)

4両セット・8両セット各パッケージの店頭での通常発売は、
近日発売開始を予定しています。

発売に合わせ今回のブログではご紹介できなかった、ブラインドや
ボディ用壁面シール等の詳報もお届けしたいと思います。
「223系2000番台」メイクアップシール発売開始まで、今しばらく
お待ちください。




 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 223系2000番台

Posted on 2016/12/05 Mon.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/517-e92345bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)