07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メイクアップシール新製品~24系25形はやぶさ~詳報1 

 
本日の富塚通信は、次回発売のメイクアップシール新製品
「24系25形 寝台特急 はやぶさ」の詳報第1弾をお届けします。

今回はB寝台オハネフ25とオハネ25、食堂車オシ24、
そして電源車カニ24をご紹介していきます。


「オハネフ25」

2017-05-20-01.jpg
14号車オハネフ25

1989年~90年頃の「はやぶさ」の寝台ベッドはオハネフ25、
オハネ25共に茶モケットしようとなります。

2017-05-20-02.jpg2017-05-20-03.jpg
左:乗務員室部分 右:寝台ベッド側

2017-05-20-04.jpg2017-05-20-05.jpg
左:通路側 右:乗務員室反対側の車端

これまでTOMIX製の24系寝台シールでは模型の成形上、床部分と
下段ベッド部分を一体化したタイプのシールを採用していました。

今回オハネフ25のシール化に当たっては上記の床シールとベッド
シールを一体化したシールをKATO製模型にて初採用。これでより
簡単でスピーディな作業が可能となります。

尚、増結セットの6号車オハネフ25のみ0番台の車両となっており、
「はやぶさ」編成に組み込まれた際、室内のベッドが茶モケット
ではなく青モケットの次期がありました。

そこでメイクアップシールでは、増結セットの6号車オハネフ25のみ、
茶モケットと青モケットどちらかお好みでシールが選べるように、
茶色と青色両方のシールを付属しました。


「オハネ25」

2017-05-20-06.jpg
2号車オハネ25

B寝台オハネ25。基本的には先のオハネフ25と共通のデザイン
仕様となりますが、オハネ25の下段部分のベッドはオハネフ25と
比較してしっかりと段差分けが成されているので、床とベッドは
別シールによる再現となっています。

2017-05-20-07.jpg2017-05-20-08.jpg
左:デッキ部分 右:左デッキの寝台側

2017-05-20-09.jpg2017-05-20-10.jpg
左:寝台べッド側 右:反対のデッキ側

また、パッケージ付属のB寝台用仕切りカーテンを使用すると
寝台車内の内装がよりリアルに再現頂けます。

2017-05-20-27.jpg
オハネ25 ベッド仕切りカーテンを使用

2017-05-20-28.jpg2017-05-20-29.jpg

カーテンの色味は「はやぶさ」用の淡い水色となります。
カーテンのデザインは皺を意識して皺自体の大小を強調。

加工次第では完全に締め切った状態から、半開状態まで
任意の再現がお楽しみ頂けます。尚、オハネフ25もオハネ25と
同じ仕切りカーテンが付属しています。


「オシ24」

2017-05-20-11.jpg
8号車オシ24 厨房側

2017-05-20-12.jpg
8号車オシ24 通路側

長距離の寝台列車にとって食堂車は欠かす事の出来ない
車両ですが、昨今の豪華寝台列車に連結されている
食堂車と比べると、オシ24には昭和のテイストがまだまだ
色濃く残っています。

2017-05-20-13.jpg2017-05-20-14.jpg
車販準備・休憩室側

2017-05-20-15.jpg2017-05-20-16.jpg
左:厨房側入り口 右:厨房

2017-05-20-17.jpg
厨房全体

2017-05-20-18.jpg2017-05-20-19.jpg
デッキ車端に設けられた休憩室 

これまでオシ24は「富士」や「銀帯」のメイクアップシール
でもシール再現化を行っていますが、今回の「はやぶさ」
オシ24では、食堂両端の壁面の茶色部分の色味をより濃くし、
テーブルクロスのバーガンディのトーンも落としてあります。

また、「はやぶさ」に限らず厨房部分の細緻な再現は
必見です。尚、休憩室の座席のモケットもB寝台と
お揃いの茶モケット再現となっています。


「電源車カニ24」

2017-05-20-20.jpg
電源車カニ24

1974年に新規で製造された1~8番車両は、車掌室側の妻面に
マイクロスカートを持っているのが大きな特徴です。

今回KATOの模型ではカニ24-7が設定されており、メーカーの
サイトの方でもマイクロスカートの再現をアピールしています。

2017-05-20-21.jpg2017-05-20-22.jpg
左:乗務員室 右:荷物室

2017-05-20-23.jpg2017-05-20-24.jpg
発電機側面と上面

カニと言えばやはり発電機ですが、これまでの「富士」や
「銀帯」ではマットシールを多用して模型の発電機の全面に
シールを貼っていく方式となっていました。

しかし今回の「はやぶさ」では、プラバン加工によって
発電機サイズのボックスを製作頂き、模型発電機部分に
すっぽりと嵌めて頂く再現に変更しました。
この方式はHOゲージ模型をはじめ、昨今のメイクアップ
シールにて主流の再現方法となっています。
もちろんシールは、前位側発電機の模型の段差にも対応。

2017-05-20-25.jpg2017-05-20-26.jpg
発電機側面部分の拡大

上画像は発電機の側面の一部分を拡大した写真です。
メイクアップシールで「はやぶさ」カニ24の超絶緻密再現
発電機を簡単に再現頂けます。

尚、今回のカニ24は初期型という事で、「富士」や「銀帯」では
一部メタリック再現だった発電機の部分もグリーンで統一された
発電機のデザイン表現に修正してあります。


さて、今回の詳報はここまでとなります。次回の詳報は「はやぶさ」
編成残りのオハ24ロビーカー、オハネ25ソロ、オロネ25シングルDX
の詳報をお届けします。どうぞお楽しみに。

  
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 24系25形寝台特急はやぶさ

Posted on 2017/05/20 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/543-2812ffb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)