10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

メイクアップシール~特急つばめ「青大将」~詳報 

 
今回の富塚通信は、前回のメイクアップシール「スハ44特急つばめ」
詳報第2弾の最後でお知らせしました「特急つばめ青大将」について
お届けします。

2017-08-10-01.jpg
ライトグリーンを纏い鮮やかに登場した青大将

1956(昭和31)年11月19日、東海道本線の全線電化が実現。
これにより東京~大阪間を電気機関車だけによる牽引が可能となり、
それまでの蒸気機関車による煙や煤によって汚れるといった問題が
見事解消されました。
ちなみに電化以前は、名古屋駅停車中に逢坂山トンネルでの汚れを
落とすためにモップで窓ガラスを中心に水洗いを行っていたくらいです。

そんな汚れとは無縁のクリーンな特急のイメージをアピールしようと、
それまでの茶色の客車からライトグリーン塗装による編成が運行される事に。
牽引機EF58を合わせ全車両が淡緑5号によってカラーリングを施され、
その色味と姿から「青大将」として注目を集めました。
青大将と初めに呼んだのは、不確かながら鉄道愛好家の三谷幸一氏だった
という関係者の証言がありますが、少なくともこのネーミングは多くの支持を
集めた事は間違いありません。

余談ながら「青大将」の塗装は国鉄関係者の間で、晴天の日は明るくて
良いのだが、曇天では暗い感じに見える事が不安視されていました。
しかし運行期日が切迫していた事もあってそのままGOサインが出たのでした。


そんな「特急つばめ青大将」ですが、今回シール化を行ったのは
「スハ44系特急つばめ」同様に5両となります。

ここからは各車両についてご紹介していきます。

◎マイテ39◎

2017-08-10-02.jpg
マイテ39

「スハ44系特急つばめ」と同様の展望車マイテ39ですが、
青大将では桃山式内装の不人気もあり、西洋式デザインの
シンプルな室内内装のみとなっています。

2017-08-10-03.jpg2017-08-10-04.jpg

2017-08-10-05.jpg2017-08-10-06.jpg

ソファを全面白いシーツで覆う仕様はスハ44系つばめを踏襲しています。
但し、模型の後位側成形がスハ44系マイテとは大きく異なっている為、
シール化が行えたのは展望室と一等室のみとなります。

展望室と一等室の境の壁面とプラバン加工による棚の再現は
スハ44系マイテ39同様に再現頂けます。



次に紹介します「スハニ35」と「スハ44」はスハ44特急つばめの
運行開始から「青大将」編成による運行時においても、特ハ車両として
最後まで活躍を続けた車両です。

従って「スハ44つばめ」の頃と基本的な車両構造や内装デザインに大きな
変更点はありませんでしたので、今回の「青大将」では写真だけのご紹介と
させて頂きます。

◎スハニ35◎

2017-08-10-07.jpg
スハニ35

2017-08-10-08.jpg2017-08-10-09.jpg

2017-08-10-10.jpg2017-08-10-11.jpg


◎スハ44◎

2017-08-10-12.jpg
スハ44

2017-08-10-13.jpg2017-08-10-14.jpg

青大将のスハニ35とスハ44は、スハ44系特急つばめの模型と室内灯側
車端の成形が異なっています。特にスハニ35では座席シールの形状にも
違いが生じていましたが、そこはもちろん青大将用にシール形状を模型に
適合するよう修正してあります。


◎ナロ10◎

1957(昭和32)年、リクライニングシートの特別2等車として
日立製作所で33両が作られました。

冷房取り付け対象となっていた為、後に低屋根化して分散形冷房装置が
取り付けられました。ちなみにスハ44系特急つばめのスロ60は、すべて
本車両に置き換えられました。

2017-08-10-15.jpg
ナロ10

2017-08-10-16.jpg2017-08-10-17.jpg

2017-08-10-18.jpg2017-08-10-19.jpg

定員は48名で座席は赤モケットのリクライニングシート。
基本的な車内構造はスハ44系特急つばめのスロ60と近い作りに
なっていますが、模型成型では乗務員室部分にしっかりと敷居の
壁面が設けられています。


◎オシ17◎

青大将運行と合わせ登場したのがオシ17です。それまでの旧式食堂車から、
上回りに軽量構体を採用した車両として延べ30両が製造されました。

車体幅を2950mmと増やして、初めて両側4人座席となりました。
定員40人食堂車のまさしく先駆けです。

2017-08-10-20.jpg
オシ17

2017-08-10-21.jpg2017-08-10-22.jpg
待合室側

2017-08-10-23.jpg2017-08-10-24.jpg
定員40名の食堂とカウンター

2017-08-10-25.jpg2017-08-10-26.jpg
調理場側

オシ17は近代的デザインを意識し、車内の照明には蛍光灯を採用。
側窓は二重窓構造となっており、冷房装置はディーゼル機関で駆動する
方式となっていました。

また厨房にも開戸を設けましたが、残念ながら運行開始時の電気レンジ
導入は見送られ、石炭レンジを使用する事となりました。

オシ17は車両幅が増えた事によって、より快適な空間で食事が楽しめると
好評を得た食堂車でした。


さて、今回は「特急つばめ青大将」メイクアップシールの詳報を
お伝えしましたが、前回詳報をお届けしました「スハ44系特急つばめ」
及び「特急つばめ青大将」各メイクアップシールは近日同時発売!

富塚通信では発売の準備が整い次第、各パッケージの構成と価格を
追ってご案内します。発売開始まで今しばらくお待ちください。
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 特急つばめ・青大将

Posted on 2017/08/10 Thu.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/556-2bb65108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)