07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メイクアップシール~特急つばめ&青大将」~発売情報 


本日の富塚通信は、これまで複数回に分けて詳報をお届けしてきました
メイクアップシール新製品「スハ44系特急つばめ」&「特急つばめ青大将」の
発売情報をお届けします!

2017-08-11-01.jpg
左:スハ44系マイテ39 右:青大将マイテ39

今回のメイクアップシールは「スハ44系特急つばめ」基本セットと増結セット、
「特急つばめ青大将」基本セットと単品客車セットの各2セットのパッケージ
構成となります。

以下は今回シール化を行った「スハ44系特急つばめ」と
「特急つばめ青大将」の車両です。

2017-08-11-02.jpg
「スハ44系特急つばめ」

2017-08-11-03.jpg
「特急つばめ青大将」


「スハ44系特急つばめ」「特急つばめ青大将」各シールの
対応模型は次の通りです。

~スハ44系特急つばめの対応模型~

「スハ44系 特急つばめ 基本7両セット」メイクアップシール
〇KATO品番10-534:スハ44系特急「つばめ」 7両基本セット

「スハ44系 特急つばめ 増結6両セット」メイクアップシール
〇KATO品番10-535:スハ44系特急「つばめ」 6両増結セット


~特急つばめ青大将の対応模型~

「特急つばめ 青大将 基本7両セット」メイクアップシール
〇KATO品番10-428:特急「つばめ」青大将 7両セット

「特急つばめ 青大将 単品客車8両セット」メイクアップシール
〇KATO品番5071-2:ナロ10青大将」×5両分
〇KATO品番5122-2:スハ44青大将」×3両分

「スハ44系特急つばめ」「特急つばめ青大将」共に、基本セットと
増結(単品客車)セットで、スハ44系特急つばめ13両、特急つばめ
青大将15両によるフル編成が再現頂けます。


◇各車両の詳報は下記の富塚通信をご覧ください ◇
「メイクアップシール~スハ44系特急つばめ~詳報1 」
「メイクアップシール~スハ44系特急つばめ~詳報2 」
「メイクアップシール~特急つばめ「青大将」~詳報 」


「スハ44特急つばめ」

2017-08-11-04.jpg
マイテ39

2017-08-11-05.jpg2017-08-11-06.jpg
マイテ39

戦前、日本の一等車の等級帯は白帯でした。しかしこの時は
白帯を進駐軍が独占使用していた為、止む無く薄いクリーム色の
等級帯となっています。

模型でもこの点はしっかりと再現されていますが、車体の等級帯の
カラーにも往時の時世が色濃く反映されています。

2017-08-11-07.jpg2017-08-11-08.jpg
左:スハ44 右:スハニ35

2017-08-11-09.jpg2017-08-11-10.jpg
左:スロ60 右:マシ35

「つばめ」の印象的なバックサインは黒岩保美氏によるものでした。

ちなみに洋風デザインに改造されたマイテ39-1は、1961(昭和36)年に
解体されてしまいました。

しかし、桃山式内装が不評だったマイテ39-11は、実際の運用で使用される
ことが少なかった事もあり、引退後は青梅鉄道公園で保存展示されていました。

のち大井工場で保管された後、2007(平成19)年に鉄道博物館で保存展示
されるに至り、多くの入館者から注目されている事は周知の事実です。
この様にマイテ39は色々と数奇な運命を辿った客車でした。


「特急つばめ青大将」

2017-08-11-11.jpg
マイテ39-21

2017-08-11-12.jpg2017-08-11-13.jpg
ナロ10

2017-08-11-14.jpg2017-08-11-15.jpg
オシ17

食堂車はスハ44系マシ35の厨房室の窓ガラスとは異なり、
調理室内を良く視認する事が出来ます。

「特急つばめ青大将」は、1956(昭和31)年に登場しましたが、
1960(昭和35)年には151系特急形電車と入れ替わる形で引退して
います。実際の運行は約4年ほどと決して長くはありませんでしたが、
その鮮烈な印象は現代でも多くのファンに支持されています。

2017-08-11-18.jpg2017-08-11-19.jpg
左:スハ44マイテ39 右:青大将マイテ39

「スハ44系特急つばめ」「特急つばめ青大将」どちらにも、各車両対応の
カーテン・ブラインドシールが付属しています。


さて、今回製作しました「特急つばめ・青大将」メイクアップシール

2017-08-11-16.jpg

「スハ44系 特急つばめ 基本7両セット」4,600円(税別)
「スハ44系 特急つばめ 増結6両セット」3,200円(税別)
(※販売価格は2017年8月時点のものです)


2017-08-11-17.jpg

「特急つばめ 青大将 基本7両セット」4,200円(税別)
「特急つばめ 青大将 単品客車 8両セット」3,400円(税別)
(※販売価格は2017年8月時点のものです)

本日、同時発売開始!

戦後、進駐軍による占領下にあった時分、復興の希望を託し誕生した
「スハ44系特急つばめ」
それに対し1956年に東海道本線全線電化開通にともなって誕生した
「特急つばめ青大将」

歴史を紐解けば、「青大将」は1952(昭和27)年に日米地位協定が
成立し日本の主権が回復した後に誕生した特急となります。
同じ「特急つばめ」ながら、客車製造に対しての圧力や制約、また
国鉄マンが列車に込めた思いには大きな違いが見て取れる列車と
なっています。

そんな「スハ44系特急つばめ」「特急つばめ青大将」
フル編成の室内内装をメイクアップシールでどうぞお楽しみ下さい!



最後までお読み頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中。
宜しければポチッと、応援よろしくお願いします!

category: 特急つばめ・青大将

Posted on 2017/08/11 Fri.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/557-c55affbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)