FC2ブログ
07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メイクアップシール~24系25形「瀬戸・あさかぜ」~速報第3弾!  

 
今回の富塚通信は、前回の「24系25形 寝台特急 瀬戸・あさかぜ」
速報第2弾でお伝えしました通り、A寝台個室オロネ25、そしてスハ25
ラウンジカーの詳報をお届けします。
 
2018-07-05-01.jpg
オロネ25(個室側)
 
2018-07-05-02.jpg
オロネ25(通路側)

「あさかぜ3・2号」「瀬戸」編成のグレードアップに伴い、1990年に
オハネ25形100番台を改造し、1人用A個室寝台シングルデラックス
として登場。改造元となった車両はそれぞれ、オハネ25-153・154・
155・157そして172の5両でした。

2018-07-05-03.jpg2018-07-05-04.jpg
個室内
 
2018-07-05-05.jpg2018-07-05-06.jpg
個室内
 
間口は1,150mmとなっており、810mmものギャッジ式ベッドが
枕木方向に配置される作りとなっています。
個室内は上記のギャッジ式ベッドから、個室の絨毯など全体的に
淡めの赤系統のトーンで色調がまとめられています。
 
調度品としては収納式洗面台、テーブル、AV装置が成形され、
壁面の柄のリアルにデザイン化。また、シールバーシールによる
室内の鏡を再現することが可能です。
 
2018-07-05-07.jpg2018-07-05-08.jpg
出入台側デッキ

2018-07-05-09.jpg2018-07-05-10.jpg
個室入口と通路
 
セキュリティ機構を有した個室入り口のドア。メイクアップシールでは
個室内の絨毯はもちろん、通路の床まで質感を重視し再現を行い
ました。薄っすらと通路側のドアの表面にも模様が入っています。
 
オロネ25のシールデザインを行って感じたのは、やはり昨今の
A寝台と比較すると、オロネ25も大夫レトロな印象を受けるという
ことです。しかし、逆に言えば既にブルトレの魅力はそうしたレトロ感に
あるのかもしれません。
 
 
2018-07-05-11.jpg
スハ25
 
2018-07-05-12.jpg

本車両も「あさかぜ」「瀬戸」運用の為にオハ12を種車にして
改造されたロビーカー兼電源車です。
 
電源車として全区間直流電化区間を走行する必要から、
パンタグラフ、SIVの電源設備が設けられています。
模型の編成をレール上に再現してみると、やはりパンタ
グラフがあるスハ25へと必然的に目が行ってしまいます。
 
2018-07-05-13.jpg
ロビーのソファとテーブル
 
2018-07-05-14.jpg
ロビー室全体
 
2018-07-05-15.jpg2018-07-05-16.jpg
ロビー室

窓際のテーブルを囲むようにして配された、グリーンを基調とした
ソファーに、少し小さめの1人掛け用の椅子が8脚、そしてサービス
カウンターと、ちょっとしたホテルを連想させるスハ25のロビー室。
 
2018-07-05-17.jpg2018-07-05-18.jpg
サービスカウンター
 
元々成型されているサービスカウンターのテーブルはもちろん、
プラバン加工でジュースクーラー、冷蔵ショーケース類、中央部には
電子レンジをデザインしたフィルムシールをご用意しました。
これでカウンター内もリアルに再現頂けます。
 
2018-07-05-19.jpg2018-07-05-20.jpg
左:SVI・電源関連機器室 右:シャワー室

こちらはプラバン加工によって再現したシャワー室です。
シャワー室は扉による区切りまで、しっかりと作り分けする事が
可能となっています。
 
尚、実車のシャワー室周りの空間には冷房装置、水タンク、
温水器などのシャワー室に関係した設備が並んでいます。
 
2018-07-05-21.jpg2018-07-05-22.jpg
左:シャワー室 右:シャワー室前の通路

左上の写真はシャワー室前の通路です。ちなみに赤矢印で
示した部分。本来であればシール化を行わない個所なのですが、
今回は特別にシール化しました。
 
その理由は右隣の写真を見ると一目瞭然。ボディを被せると、
ちょうど窓の中央辺りで該当箇所の成型の出っ張りが丸見えに
なってしまうのです。これまでシール化を行ってきた模型を
振り返ってみても、こうした成型は珍しいと思われます。
  
きっと模型の成形上、どうやってもこのような形状で成型する
しかなかったのでしょう。そこでボディを被せた状態で少しでも
自然な見た目になるようシール化を行いました。
 
スハ25の車両ボディの話が出ましたので少しだけご紹介させて
頂きます。1番最後のボディを嵌めた状態の写真ですが、ちょうど
反対側のボディには、シャワー室の換気口や冷房装置排気口などが
あります。これらの機構は模型上でもしっかりと成形されている事が
確認できます。
 
電源関連設備やシャワー室設備など車内の構造と、ボディ外観上の
成型の関連性を確かめながら眺めてみると、スハ25は車内だけでは
なく、車体全体が興味深い車両だと思います。

さて、今回はA寝台個室オロネ25とロビーカー兼電源車、スハ25の
詳報をお届けしました。
 
メイクアップシール「24系25形 寝台特急 瀬戸・あさかぜ」は
いよいよ近日発売予定。次回は、商品発売情報をご案内したいと
思いますので、どうぞ今しばらくお待ちください。
 
 
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: 24系25形寝台特急瀬戸・あさかぜ

Posted on 2018/07/05 Thu.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/602-7f15c12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)