FC2ブログ
06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

照明付「近郊形ホームDX」を敷設! 

 
昨年、販売を開始したメイクアップシール「E353あずさ・かいじ」
「E257あずさ・かいじ」

2020-05-14-01.jpg
 
そして、先月リリースしたばかりの「E657ひたち・ときわ」と、
メイクアップシールでは現在、都市部を走る近代型車両に
比重を移して製品を展開中です。
 
また、メイクアップシール新製品として通勤・近郊形電車対応の
シール化も検討しており、そうした新型車両を使用したムービー製作も
予定していますが、やはり通勤や近郊形電車を撮影するのであれば、
駅ホームへの入線シーンもしっかり撮影したくなります。
しかし、ここで1つ問題が…
 
これまでメイクアップシール化してきた車両が寝台列車や気動車など
国鉄時代の列車がメインだったこともあり、制作室のジオラマに
設置した駅舎はローカル駅舎にローカルホーム。

2020-05-14-02.jpg
KATOのローカル駅舎にローカルホーム

残念ながら、ここにE353、E657や近郊形など新型車両が入線しても
絵になりません。
 
そこでジオラマのストレートゾーンに急遽KATOから発売されている
「近郊型ホームDX」敷設を実施することに。

2020-05-14-03.jpg

従来の近郊形ホームではなく近郊形ホームDXを選択した理由は、
別売のホーム用照明キットが屋根部分に自然と組み込めることが
決め手になりました。
 
朝の出勤シーンや日中のシーンであっても駅やホームにライトが
点いているだけで臨場感が異なってきます。
 
また、職場からの帰宅シーンなど夜景シーンの再現も可能に。
  
2020-05-14-04.jpg
ホームの照明点灯なし

2020-05-14-05.jpg
ホームの照明点灯あり
 
ちなみに室内の電気を消して撮影するこうなります。
 
2020-05-14-06.jpg
夜景シーン 

上手く光量を調節するなどすれば夕景シーンでも活用する
ことが出来そうです。
 
今回の駅舎はある程度の長編成にも対応できるように、
「近郊形ホームDX 島式A」×3
「近郊形ホームDX 島式B」×1
「近郊形ホームDX 島式エンドB」×1
上記、計5つのホームを使っています。
また、先述の通り駅ホームには「ホームDX照明キット」を採用。

出来ることならば、KATOの「近郊形ホーム グレードアップセット」も
購入して、構内の運転事務室、待合室、売店やエレベーター等も
再現したかったのですが、現在販売休止中で入手すること叶わず。
 
そこで、スケールサイズや形状など導入に不安はあったものの、
TOMIXから販売されている「ホーム(都市型)グレードアップパーツ
セット」の購入を決意。
 
結論を言えば、多少の加工を行うだけでそれほど導入に大きな
問題はありませんでした。

KATO製品の成形が分からない為、KATOとTOMIXどちらの製品が
良いかは判断出来ませんが、内容自体に関してはどちらの
メーカーもほぼ同じセット構成となっているようです。
 
少々取り付けにくいのが難ですが、TVモニタや出発時
機表示器ランナーなど、とても実感的で良い感じです。
 
2020-05-14-07.jpg2020-05-14-08.jpg
左:待合室 右:コンビニ

最近では駅のホームにこうしたガラス張りの待合室が
増えてきました。
 
また、以前は小さな売店しかなかったものですが、
今や比較的大きな駅のホームには少し小さなコンビニが
店を構えています。
 
2020-05-14-09.jpg2020-05-14-10.jpg
左:駅ベンチと看板 右:エレベーター
 
ベンチ上や路線部分の立て看板もオリジナルで製作しました。
当店の宣伝も抜かりありません。
 
製作に少し苦労したエレベーター。
高架駅ではないので、もちろん地下への移動に使う設定です。

2020-05-14-11.jpg2020-05-14-12.jpg
左:駅事務所 右:売店
 
駅員の皆様、夜遅くまでお疲れ様です!

製品的には売店とのことですが、立ち食いそば屋です。
勿論うどんも注文できます。
 
尚、駅事務所はTOMIXのグレードアップセットのパーツではなく、
KATOの駅事務所・信号所を加工したものです。
 
近郊形の233系3000番台 東海道線・上野東京ラインを
入線させてみました。

2020-05-14-13.jpg

カメラの位置によっては、ホームから停車中の電車を
撮影する事も可能です。

2020-05-14-14.jpg

2020-05-14-15.jpg


本来、LEDは電圧値の関係から直列で繋げるのは3個程度なの
ですが、パワーパックのボリュームではなく、独自に光量
調節だけ出来るようにしたかったので、別個にボリューム等の
電子パーツを購入。
 
ホームには屋根部分と下側と全部合わせて24個ものLEDを
繋いでいます。
それでも無理を承知で電気回路を組み込んでみたところ、
案の定、焦げ臭いにおいが!電気回路に無理は禁物です。
オリジナル光量ボリュームは断念することに。

2020-05-14-16.jpg
折角なのでE353も入線
 
今回は近郊形ホームDXの導入についてご紹介してきましたが、
これで9両編成の列車がゆとりを持って停車する事が可能です。

これも本当は10両が停車できるようにしたかったのですが、
ジオラマのスケールと線路の構成的にこれ以上のホーム拡張は
正直厳しいものがありました。
電気回路だけではなく、ジオラマ製作に於いても無理は良い結果を
生みません。ホームの長さもこれで良しとしています。
 
さて、本文中でも触れましたが、駅事務所とE323系入線写真の
右端に写っている信号所は、屋内の作り込みを行っています。

そこで次回は、駅事務所と信号所の内部加工について、
もう少しだけ詳しくご紹介したいと思います。どうぞ、おたのしみに。
 
 
最後までご覧頂きありがとうございました。
富塚商会公式サイトも是非ご覧ください。
オフィシャルホームページ>>

ブログランキングに参加中!
宜しければ、応援よろしくお願いします。

category: 鉄道レイアウト

Posted on 2020/05/14 Thu.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/689-705bb02f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)