fc2ブログ
02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

繋がっていく「こだま」 

開業前から話題を集め、実際に営業運転が始まってみると
爆発的な人気とともに、予想以上の乗車実績を上げる事に
成功した「こだま」

当然そんな「こだま」には熱い視線が注がれ、各地の地方や
鉄道局から「是非うちにも、こだまを走らせてもらいたい」という
要望や嘆願が国鉄に多く寄せられたという。
 
そうした声のあった事。また、東海道新幹線開業にともなって、
丁度151系に余剰が出る事などが重なって、「こだま」は上越線や
山陽本線へと転用される事となりました。

2021-08-07-02.jpg
「こだま」が北陸や中国地方へ

しかし、151系が急な勾配区間の続く上越線の山岳区間を
果たして走行できるのかという疑義が生じ、1961年6月、
新前橋-長岡間で走行試験を行うことに。
結果は、モーターの過熱による土合での運転打ち切りでした。

尚、この試運転には東京と日光間で運用されている157系でも
同様の走行が試されましたが、同じ主電動機ながら歯数比が
違うだけのこちらは問題なく走行する事が可能でした。

当然、試運転の結果から上越線には、151系ではなく157系を
導入と話は進んだものの、実際157系を上越線で走らせる為には、
冷房機器の増設に耐寒仕様への改良、更には食堂車の連結と
いった必要がありました。

また、新潟の鉄道局からは157系ではなく、あくまで「こだま型」の
投入希望という強い要請があり、「151系こだま」の車体に157系の
主制御器と、同じ歯数比の動力台車を取り付けた車両を製造
することに。こうして誕生したのが「161系とき」です。

ちなみに、161系の最高速度の向上を目的に主電動機出力を
増強の上、走行性能を統一した車両が181系となりました。
1965年(昭和40年)のことでした。

2021-08-07-01.jpg
こだまスタイルの「181系とき」と「165系佐渡」

当然、新幹線の営業開始に合わせた各地の特急列車網を
整備していくという国鉄の方針が背景にあった事は勿論ですが、
「わが県にも“こだま”を走らせて欲しい」という強い思いが、
151系のフォルムをそのまま取り入れることに繋がったという
この事実は、日本の鉄道史においても非常に興味深い事例に
思われてなりません。

国鉄側には、一応、新潟鉄道局がこだま型車両導入の嘆願書を
度々提出していたようですが、新潟の鉄道局がそもそも熱心に
動いたのは、地元の人々からの要望があったからのようで、
「こだま」が走るというのは、自分の住む地元が近代化したの
だという事を、目に見える形で表した象徴のような意味合いを
持っていたのかもしれません。
 
兎に角、電車のスタイルは“こだま”型で!
この願いは後に生まれる交直流電車481系・483系・485系でも
しっかりと受け継がれていくのでした。それはまた次のお話で。
 

今回、ブログで登場した「151系こだま」「181系とき」そして、153系を
ベースに出力増強を施し、勾配線区対応を行った「165系急行佐渡」
各メイクアップシールは好評発売中!

2021-08-07-03.jpg
「151系 こだま・つばめ 基本8両セット」 4,400円
品番:TM-KN148
「151系 こだま・つばめ 増結4両セット」 3,520円
品番:TM-KN149

2021-08-07-05.jpg
「181系100番台 とき・あずさ 基本6両セット」 ¥3,300
品番:TM-KN086
「181系100番台 とき・あずさ 増結6両セット」 ¥3,300
品番:TM-KN087

2021-08-07-04.jpg
「165系 急行 佐渡 基本7両セット」 ¥4,180
品番:TM-KN084
「165系 急行 佐渡 増結7両セット」 ¥3,960
品番:TM-KN085
(※上記販売価格は2021年8月時点のものです)


   

category: 151系こだま・つばめ

Posted on 2021/08/07 Sat.   edit  |  tb: 0   cm: 3  

コメント

意外なのは、

意外なのは出てもおかしくない161系がマイクロエースでの157系との連結のものを除いて出てないことです。
KATOが161系を出してくれればと思いますね。

あっしゅ #qcsrN/5E | URL
2021/08/20   * edit *

>あっしゅ様へ

コメントありがとうございます。
 
ブログ本文でも少し触れましたが、161系は実車の
両数だけでなく、運用路線が限定的であり、更には
運行期間そのものが短い事もあって、かなりニッチな
電車です。

メーカーに確認を取ったわけではありませんが、
やはりセールス的に製品化は難しいのかもしれません。
こだま型ファンにとっては、確かに151系・161系・
181系と並べたいところではありますが…

富塚商会 #1Fd9Ny5M | URL
2021/08/20   * edit *

>161系は実車の両数だけでなく、運用路線が限定的であり、更には運行期間そのものが短い事もあって
たった15両(先頭車に限って言えば予備を入れても3両!)、上越特急故に東北本線~高崎線~上越線~信越本線でしか走っていない、僅か3年で161系は終わった…それで製品化は難しいとは思うのですが、しかしそうかと思えばクロ151だって実質的にはたったの4年で東海道を去っていますし…。
何とかして161系を製品化して欲しいものです。

あっしゅ #qcsrN/5E | URL
2021/08/22   * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/760-7ca38ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)