fc2ブログ
02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

381系とジオラマ製作 


来年の3月、ついに国鉄最後の特急形車両381系が
新型車両に置き換えられます。

この381系の最後の雄姿は、有名どころでは紀勢本線「くろしお」、
山陰・福知山線の「たんば・まいづる」に「はしだて」
そして、「やくも」などで見ることが出来ましたが、これらの路線は
古事記や日本書紀にも登場する、所謂パワースポットと呼ばれて
いる景勝地を走っていました。

「くろしお」は熊野三山、「たんば・まいづる」「はしだて」は天橋立。
「やくも」は神話のふるさと出雲と、381系というのは神々のふるさとを
走った列車であり、不思議と神秘的な(?)縁が感じられます。

そんな神秘的な381系最後の雄姿である「やくも」をジオラマ
動画として作品にしたいと思い、偶然381系電車がパワースポットを
中心に走っていたことを加味して、「神々の里」というのをテーマとして、
ジオラマ製作を開始しました。

2021-10-15-04.jpg
ジオラマベース。ベニヤ板を土台にスチレンボードを貼っている。

これまでのジオラマは、スタッフの長老がメインになって手掛けて
いましたが、今回は若手中心で製作しています。

ベニヤ板には厚さの異なるスチレンボードを貼っていますが、
これはベニヤ板を保護することと、農家や畑、そして線路の
高低差をつける意味合いもあります。

色々と悪戦苦闘を繰り返し、何とか形になってきたのが
下画像です。

2021-10-15-01.jpg

地方に見られる畑の中をゆく単線の農村風景です。
都会とは違い畑や畝、道路の道幅など均一に配置して
しまうと不自然な風景となってしまいます。

2021-10-15-02.jpg

また、区切られた畑も一面一面に微妙な違いがあり、
土の質感や植えられた植物にも変化をつけています。

2021-10-15-03.jpg

ちなみに現時点では、よくある農村風景に見えますが、
実は鉄道ファンにとってだけでなく、パワースポットに
関心のある人にとっても有名な実在するポイントを
モデルにしてジオラマを作っています。

あるものを設置すれば、直ぐにピンと来る方も多いと
思いますが、それについてはまた今後、ジオラマ製作の
進捗と共にご紹介していきますので、お楽しみに。
 
 
   

category: 工作

Posted on 2021/10/15 Fri.   edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobbyhouse.blog72.fc2.com/tb.php/769-ec2ff2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)